老犬の口臭原因を分析!口臭予防に必要な4つのこと

老犬の口臭原因を分析!口臭予防に必要な4つのこと

3494
update

いつも顔を近づけて顔や手をなめて飼い主さんに愛情表現してくると可愛いですが、急に「口が臭い!」と感じるようになったら口臭の裏には病気が潜むことがあるので早めに対処しよう。いつもスキンシップを図っているなら体調の変化に気づきやすいでしょう。老犬になるとどうして口臭がひどくなりやすいのでしょうか?

3494
update

シニア犬になってくると体力の衰えによる運動量の低下だけでなく、外見の変化も気になりますね。変化は病気のサインになるので、素早く対処して愛犬が健康で快適な生活を送れるようにしてあげることが大切です。

いつも顔を近づけて顔や手をなめて飼い主さんに愛情表現してくると可愛いですが、急に「口が臭い!」と感じるようになったら口臭の裏には病気が潜むことがあるので早めに対処してあげるようにしましょう。いつもスキンシップを図っているなら体調の変化に気づきやすいでしょう。

それにしても老犬になるとどうして口臭がひどくなりやすいのでしょうか?今回は、口臭の原因と普段からできる口臭対策についてご紹介していきたいと思います。

老犬の口臭の原因

Senior man and big dog, closeup

Africa Studio/shutterstock.com

人間もお口の中が不衛生だったり、虫歯があったり歯周病になっているといった口内の問題や胃腸が悪いといって内臓の問題によって口臭がひどくなるということが言われています。同じように犬も原因はそれぞれあるので、自分の愛犬の状況を確かめてあげましょう。

特に老犬は若い時比べて免疫力が低下しているために口内の細菌が繁殖しやすい環境になると言われています。歳を取ると口臭が気になるのはこのことも関係していると言えるかもしれません。それでは口臭の原因を見ていきましょう。

1.口の中が不潔なこと

Close-up of severe tartar on a decayed cheek-tooth in the mouth of a dog

Henk Vrieselaar/shutterstock.com

歯磨きを習慣化していない犬は食後の汚れが固まり歯垢や歯石が付着し、次第に歯茎が炎症を起こしてしまいます。歯周病や歯肉炎は口臭だけではなく、くしゃみが増えたり、歯が抜けたり、鼻血が出たり、口内の痛みによって食欲が低下したりすることによっても分かることがあります。

また加齢に伴い、歯肉がやせてきてしまい歯肉と歯の間にある歯周ポケットが広がってしまいます。歯周ポケットに歯周病菌をはじめとする雑菌が溜まりやすくなり口臭につながることもあるでしょう。歯が抜けたりすると食べかすも詰まりやすくなり、詰まった食べ物が腐食するとにいやな臭いになることもあるでしょう。

歯が変色していたり歯肉が赤くなっていたり腫れていたりするのが見られる場合は、歯周病や歯肉炎になっている可能性が考えられますので、獣医さんに見てもらうと良いでしょう。歯周病はお口だけではなく、口から入ったものは身体の健康にも影響することを考えて気を配ってあげましょう。

口内の異常によって食事はできなくなったり、食欲が低下して食事の喜びが奪われてしまったりすると、体力や体重が落ちてしまうことにつながり健康的な身体になるまで時間がかかることも考えると早めに変化に気づけるようにしてあげましょう。

2.腸内環境の乱れ

Bacteria, virus, cell

sumroeng chinnapan/shutterstock.com

胃腸の調子が悪いことが口臭の原因になることも考えられます。加齢に伴って消化機能が衰えたり食生活が乱れてしまうと、腸内に住む細菌の環境が悪化してしまうことがあるので注意してあげましょう。

動物の胃腸の中には健康な状態でも何億もの細菌が住み着いて、腸内フローラという生態系を作り出しています。その中には大きく分けて善玉菌と悪玉菌、どちらか優勢な方も見方をする日和見菌の3種類が共生しています。

この中の悪玉菌の力が強まりその数が増えてしまうと、消化や免疫などに悪影響を及ぼしてしま場合があるようです。また健康な時はおとなしくしている日和見菌も体が弱ったりすると腸内で悪い働きをすることもあるようです。

いやな臭いは、このような胃腸の乱れを知らせるサインになることもあるので普段とは違う臭いを感じたら獣医さんに相談しましょう。口臭は胃腸だけではなく、腎臓や肝臓の異常、糖尿病が関係していることもあるので、いつもと違うと感じたらまずは見てもらうなら安心ですね。

この記事が気に入ったらシェア♪
9 名無しさん
通報

歯石と歯垢を一緒くたんにして捉えてしまってたことがわかった!この二つは同じじゃなかったのね。歯垢はブラッシングで取れるけど、歯石は取り除けないっていう違いがあるんだ。ならば歯石は病院で取ってもらわないとだね。

8 名無しさん
通報

口の中に問題が起きると、口の中だけでは済まされない事態へと発展していくことが分かりました。腸内環境が乱れることで、全身に関わることにつながっていくのを知りましたから、口腔ケアにもっと力を入れていきます。

7 名無しさん
通報

若いうちは歯磨きガムをちゃんと噛んでくれて予防できますが、老犬になるとかむ力もなくなってしまうので、やはり歯磨きが必要ですよね、でも老犬になってから歯磨きをしようとしても嫌がって口すら開けてくれないので幼少期から歯磨きをする習慣が必要なのかなと思います。

6 名無しさん
通報

口臭予防には歯磨きが必要不可欠だと思うな。自分で歯磨きをすることができないので、飼い主が定期的にケアをしてあげることはもちろん、ガムを与えるなどして、歯垢を取るように促すといいんじゃないかな。予防方法は色々とありますよね。

5 名無しさん
通報

たったの三日程度で歯石になっちゃうなんて怖!あっという間になるんだ!毎日きちんと丁寧に歯磨きをしてあげなくちゃって改めて思った。口の中のことって全身に影響してくるらしいから、侮らないで真剣に向き合わなくちゃね。

4 名無しさん
通報

ヨーグルトがカロリー高いとは思ってもいませんでした。体に良くて、カロリーも少なめな印象があっただけに、自分の無知さに気付かされます。カロリーが高いのを知らないままだったら、多く食べさせてしまい、あっという間に太らせてしまうところでした。

3 名無しさん
通報

ゴシゴシ強く歯磨きしてしまうと、歯磨き=痛いと認識されてしまって、なかなか歯磨きさせてくれなくなるので、優しく磨いてあげる必要があります。適切な力加減で磨かないといけないです。そして、歯石がたまらないように、毎日丁寧な歯磨きが大事です。歯石はすぐにできてしまうので。

2 名無しさん
通報

人間と違ってワンちゃんの口臭って本当に強烈すぎるし、なかなか解決出来ないです。歯磨きをちゃとしてても腸内環境が良くなかったりしたら口臭の原因にもなるそうですし。サプリとかも試しましたが好まないようでなかなか難しいですね。何かあったときは先生に診てもらっています。

1 らぶどっぐ
通報

わんちゃんの口臭は地道なケアが必要ですよね。我が家は大型犬なのですが、口が大きいので、歯磨きなどの手入れはしやすいです。サプリは試したことがなかったです。口臭予防のメカニズムがわかると対策も考えられるので、いいですよね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー