ワンちゃんとともにアクティブに過ごす休日!山口市内のおすすめ3選

ワンちゃんとともにアクティブに過ごす休日!山口市内のおすすめ3選

3675
update

県内でもちょっと埋もれてしまっている感が否めませんが、歴史的な歩みを感じさせる山口市。ここ山口市には、ワンちゃんとともに楽しめる場所がたくさん存在します。その中から今回は、休日にワンちゃんも飼い主さんも遊べる体験型のスポットを3つ選びました。

3675
update

山口市にはわくわくドキドキできるところがたくさん!ワンちゃんと息抜きを

Omijima Island, Yamaguchi, Japan rocky coast on the Sea of Japan.

Sean Pavone/shutterstock.com

関門都市圏と広島都市圏に挟まれ経済的な存在感を示すことはあまりありませんが、歴史の足跡をしっかりと刻む山口市。

南北朝時代に大内氏の本拠地を現在の山口市の中心へと移したのが、山口市の始まりと言われています。

応仁の乱の後、逃れてきた文化人たちを迎え入れ、戦国時代には市街を整備し栄えていました。

現在の山口市を見渡すと、市の範囲は南北に長く南端は瀬戸内海に面し、北端は島根県と接しています。

山口盆地の中央を南北に椹野(ふしの)川が通り、その両岸に市街地が存在します。

山口駅周辺には商店街が広がり、その一角に山口井筒屋が存在し、ある程度の集客力を誇っています。

しかし、近年は郊外に大型ショッピングセンターが林立したこともあり、最盛期ほどの勢いは見られません。

道路がしっかりと整備されているため、県内のほとんどの地域から車で1.5時間くらいで山口市に到着。

お出かけするにはちょうどいい秋の季節に、たまにはワンちゃんを連れてドライブっていうのはいかがでしょう。

なるべく体験型のスポットばかりを3つ厳選しました。

多角的な経営を行っている『ドッグサロン花陰』、こだわりのりんご栽培を行っている『しもせりんご村』、そしてもぎたての梨を味わえる『長門峡梨組合』です。

『ドッグサロン花陰(HNAKAGE)』

hana-kage.com

休日をワンちゃんのためにだけ使いたいという人におすすめのスポットです。

『花陰』は、『フラワーショップ花陰』と『ドッグサロン花陰』から成りますが、ここでは『ドッグサロン花陰』について紹介します。

『ドッグサロン花陰』では、ドッグホテル、ドッグサロン、ドッグカフェ、ドッグランの4つを軸に展開しています。

急用の際にワンちゃんを預かってくれる「ドッグホテル」から見ていきましょう。

ワンちゃんの様子が気になる場合は、Webカメラの有料貸し出し(500円)が行われているので安心です。

預ける際には、5種以上の混合ワクチンおよび狂犬病のワクチン証明書が必要になります。

また、ご飯、オモチャ、ベッドなど自宅で使っているものを持ち込んでください。

利用目的に応じて、「宿泊」・「一時預かり」の中から選ぶことができ、料金は、体重別(10㎏以下・20㎏以下・20㎏超え)で3つに分けられています。

ドッグサロンを利用する際は、予約をしていた方があまり待ち時間が長くありません。

犬種やオプションの選択によって料金は異なりますから、ホームページで確認してみてください。

キレイにさっぱりしたところで、カフェに足を運んだり、ドッグランで汗を流すのもいいでしょう。

ドッグカフェでは、飼い主さんもワンちゃんも一緒に楽しめるメニューが目を引きます。

このカフェで根強い人気を誇るのは、ヤギミルクです。

一緒に豆乳のカップケーキや豆乳のモンブランはいかがでしょう。

雨の日にカフェを利用すると、ミニドリンクの嬉しいサービスが付いてきます。

ドッグランを使用する際は、5種以上の混合ワクチンおよび狂犬病のワクチン証明書が必要になります。

時間制限なしで、1ドリンクのサービスまで付いて、利用料金は500円とコスパ抜群です。

また、貸し切りサービスもあり、平日は1時間につき3,000円、土日祝は1時間につき5,000円で利用できます。

毎月のように催し物が開かれており、犬種別のオフ会やドッグラン無料開放日などのイベントが盛りだくさんです。

  • ドッグサロン花陰
    まさにわんこの為の施設!
    ドッグカフェでは、のんびりした時間を過ごすことができます!
詳細はこちらから

山口県初のりんごのエコファーマー認定を受けている『しもせりんご村』

shimose-ringomura.blogspot.com

家族で経営を行っている、ワンちゃんと一緒に心ゆくまで遊べる観光農園です。

りんご狩りが楽しめるのは8月から12月までで、品種によって収穫できる時期は異なります。

料金は小学生~大人は540円、3歳~6歳まで330円とリーズナブルです。

27種類ものりんごをこだわりの3つの栽培方法によって育てられています。

有機肥料と低農薬で育て、除草剤は使わずに草刈を行い、鶏を使った害虫駆除を行っているのです。

通常とは異なり、着果してから袋をかけずに太陽光を浴びて育てているから糖度がグッとアップします。

りんご1個に対して生育に必要な葉は45枚と言われていますが、実色をよくするために周囲の葉をとってしまうことがあります。

しかし、それでは養分を実に行きわたらせることが難しくなってしまうため、必要最小限の選定だけにとどめているのです。

りんご園だけではなく、ログハウス、ピザハウス、ジャム工房、燻製工房、ドッグラン、農家民宿を併設しています。

ログハウスは2階建てで、木の温もりを感じながら、開放的な気分で食事を楽しむことが可能です。

1階は130席を有するバーベキュー場、2階は喫茶コーナーとなっています。

ピザハウス「PIZZERIA IL SORE(ピッツェリア・イル・ソーレ)」は、本格的な石窯ピザを堪能できます。

驚くべきことに、建物はもちろん、店内にあるテーブルやイス、石窯に至るまでオーナーさんの手造り。

特に人気の「ピッツァアップル(1,780円)」は、8月から2月までの限定メニューです。

りんごのスモークチップで燻した自家製のベーコンや、スモークチキンを使った料理も楽しめます。

なお、事前の予約が必要ですが、ピザ作り(参加費2,160円)が体験可能です。

ジャム工房や燻製工房でも、事前予約は必要ですが、それぞれ参加費1,080円で体験ができます。

ジャム工房の体験期間は、8月下旬から12月下旬まで、燻製工房のそれは、12月から7月までです。

ドッグランは面積の2種類、150㎡の狭いドッグランと5,000㎡の広いドッグランがあり、お得な料金で利用できます。

1頭目は1,000円、それ以降は500円で時間の制限はありません。

これだけ充分な広さがあれば、運動不足なワンちゃんだって心から満足することができます。

農家民宿「林檎の宿」は、クヌギの木立の中にひっそりとたたずむ平屋建てのターコイズブルーの洋風のお宿です。

1組限定の宿泊施設で、1泊2食付きで大人1名8,000円、小学生以下1名5,000円、ペット1頭あたり1,000円がかかります。

  • しもせりんご村
    わんこと一緒にのんびりできる農園!
    広大な広さのドッグランも!
詳細はこちらから

20世紀梨の栽培が地域の支えとなっていた『長門峡(ちょうもんきょう)梨組合』

www.ato-town.com

ここ長門峡は20世紀の産地として現在でも栽培が続けられており、8月下旬から10月半ばまで梨狩りを楽しむことができます。

20世紀は青い梨の代表的な1つとして数えられ、甘みと爽やかな酸味を含んでいて、果肉は柔らかいといった特徴があります。

果実の重さは300gと、スーパーで目にする梨に比べるとけっして大きくはありません。

これは、マックのメガマックの重さとほぼ一緒です。

収穫する際は、ずっしりとした重みを感じるものを選べば美味しい20世紀を食べることができますよ。

栽培開始から100年を超える歴史を持つこの地域の梨は、昼と夜の温度差によって生み出された甘みが特徴的です。

9月になると、甘みが強い豊水(ほうすい)や新高(にいたか)などの品種も収穫することもできます。

組合には12農園が加盟していますが、梨狩りが楽しめるのは4ヶ所のみ。

口に入れるとシャリっとした歯触りがなんとも心地よく、じゅわっと甘い果汁が口の中を満たしてくれます。

料金は中学生以上は600円、小学生以下は400円と利用しやすいです。

入園の受付は同組合の事務所で行うことができ、時間は午前9時から午後4時までとなっているので注意してください。

お弁当を持ち込めるので、自然に抱かれた中でワンちゃんと一緒にランチを楽しめますよ。

思い切って早起きして、ピクニック気分でお弁当を作ってみてはいかがでしょう。

ワンちゃんが梨を食べられないから、梨狩りに行くのは可愛そうだと思っていませんか?

実は、梨の皮をむき、喉を通るくらいにカットした梨であれば、ワンちゃんが食べても大丈夫!

クエン酸などによる疲労回復の効果や、便通改善の効果が期待できると言われています。

ただし、与える量にはくれぐれも注意しましょう。

また、冷蔵庫でキンキンに冷やしたものを与えると下痢をするおそれがあるので、与える場合は常温のものだけにしてください。

1㎏600円で販売されているので、お土産として持ち帰ることもできます。

ここから地方へ発送することもできるので、この機会に利用してみてください。

  • 長門峡
    わんこも新鮮で美味しいナシを食べられますよ
    お土産にも喜ばれますよ!
詳細はこちらから

開放的な気分に浸りながらゆっくり愛犬と休日を過ごせる3つのスポット

ここで紹介したのは、どれも何かしらを体験することのできるところばかりです。

これから過ごしやすい季節に向かっていきますから、ワンちゃんと一緒にお出かけするには最適と言えます。

たまには季節の移ろいに目をやりながら、アクティブな休日を過ごしてみましょう。

きっと思い出に残る楽しい休日を楽しめますよ。

ワンちゃんとのお出かけにおすすめのスポットとして次の3つを紹介しました。

『ドッグサロン花陰』は、ワンちゃんのための施設と言っても過言ではないほどいろんな設備が充実しています。

ワンちゃんのトリミングもかねてちょっと遠出してランチなんてのはいかがでしょう。

ドッグランで遊んでから、ワンちゃんのイメチェンに挑んでもいいかもしれませんね。

りんご園という枠に収まりきれないほどの複合施設を運営している『しもせりんご村』もおすすめです。

飼い主さんもワンちゃんも1日中いても飽きることなく楽しめるほど多くの施設がたくさんあります。

広大な敷地に設けられたドッグランを前にすれば、いつもは大人しいワンちゃんも野生の本能を刺激されてしまうかもしれません。

お弁当を持ってワンちゃんと梨狩りを楽しむなら『長門峡梨組合』がピッタリです。

20世紀を軸として、豊水や新高などの甘みの強い品種も栽培されていますから、いろんな収穫を楽しめます。

実はワンちゃんに梨を与えても大丈夫ですが、食べやすいように小さく切ってから与えるようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー