佐世保市でワンちゃんと異国情緒あふれる体験ができるかも!?おすすめの4選

佐世保市でワンちゃんと異国情緒あふれる体験ができるかも!?おすすめの4選

3311
update

歴史の流れの中において、オランダの文化やアメリカの文化が流入してきた佐世保市。そんな佐世保市には、ワンちゃんとともに佐世保に存在する異国の文化を肌で感じることができる場所があります。異国の文化を融合させた3ヶ所と、ワンちゃんのストレス解消にピッタリの1ヶ所を紹介します。

3311
update

いろんな文化が溶け合った魅力を体験できる4つのおすすめスポット

Night shot of Nagasaki bay

TOMO/shutterstock.com

県内で2番目、九州で9番目に多い人口を有している佐世保市。

かつては旧海軍の軍港が置かれ、現在でも自衛隊や在日米軍基地があり、国防の町といった感が強いです。

一方、九十九島やハウステンボスなどの多くの観光名所を擁する都市としても知られています。

市内にある四ヶ町(よんかちょう)商店街や三ヶ町(さんかちょう)商店街は、全国的にも珍しく現在でも市の中心地として賑わいを見せています。

全国各地から商店街組合が視察に訪れるくらいの勢いがあります。

また、佐世保駅周辺や三ヶ町の再開発が進められており、その勢いに終わりは見えません。

このように佐世保市は、国防の町という側面と観光都市という側面の2つがあります。

佐世保ならではの魅力を感じてもらえるような場所を4つ選びました。

他に例を見ないワンちゃんと一緒に楽しめるテーマパーク!『DOG BOX ハウステンボス店』

www.dogbox.me

オランダの街並みを再現した広いテーマパークの中を愛犬とともに一緒に散策することができます。

園内には、リードフックや水くみ場などがいろんなところに設けられているので心おきなく楽しめます。

「ハーバーゾーン(300円)」と「テーマパークゾーン(500円)」の2つに分けられており、それぞれ1頭につき入場料が必要です。

入場に際しては、ペット同伴規約書への署名を求められますので、注意事項にしっかり目を通し、入りましょう。

ゾーンによっては入れないところもあるんじゃないのと不安に思っている人もいるかもしれません。

確かに園内の一部(アトラクションなど)は入れませんが、ほぼ全域をワンちゃんと一緒に回ることができますよ!

最も目立つ場所、ウェルカムゲートにお店を構えているのが『DOG BOXハウステンボス店』です。

外観はハウステンボスに溶け込むようにレンガ造りのオシャレな雰囲気を醸し出しています。

店内は一転して、木の温もりが感じられ、とても落ち着いた印象です。

パッと目に入るのは、種類がたくさんあって目移りしてしまいそうなワンちゃん用のおやつやおもちゃの数々。

キュートなお洋服、ワンちゃんをあしらった雑貨などがズラリと顔をそろえています。

普段使いに買うのもいいですし、ワンちゃんのお友だちへのプレゼントを選ぶのも楽しいものですね。

お土産用に珍しいオリジナル商品、「わんこかすてら微糖」はいかがでしょう。

こちらは、ハウステンボス店のみの取り扱いとなっており、甘みを抑えていますがしっかりふわふわ感は保ったままです。

ちょっと歩き疲れたらカフェコーナーで英気を養いましょう。

併設されている無料のドッグランもありあすから、活動的なワンちゃんでも飽きることはありません。

ペットカートのレンタル(1,500円/1日)されており、ワンちゃんが歩き疲れてしまっても大丈夫です。

  • DOG BOX ハウステンボス店
    ハウステンボス内のわんこ用のショップ!
    お土産にも人気のグッズもありますよ!
詳細はこちらから

アメリカンサイズの大きなハンバーガーをガッツリ食べられる『Esu and Kei.(エスアンドケイ)』

www.google.co.jp

佐世保警察署のすぐそばに店を構え、淡い緑色に彩られた入り口がとても目立ちます。

お店専用の駐車場はありませんので、居酒屋「三平」の向かいのコインパーキングか、市役所周辺のコインパーキングを利用しましょう。

店内の床は木が元々持っている木目を生かし、内装もこだわった造りになっており、まるでアメリカのカフェを思い起させるかのようです。

ワンちゃんも入店できますが、残念ながらワンちゃん用のメニューはありません。

ただしワンちゃんには、お水のサービスがあります。

飼い主さんにとっては、ちょっと心苦しいかもしれませんが佐世保名物のハンバーガーを堪能してくださいね。

単なるハンバーガーと侮ってはいけません。

いろんな種類がありますが、どれも中の具材はバンズからはみ出るほどの大きさです。

そのため、食べる際はナイフとフォークを使って食べる必要があります。

おすすめは「クロックムッシュドバーガー(750円)」です。

フレンチ風ピザトーストに手製のハンバーグとベーコンが挟まれています。

表面のチーズの香ばしさと中の具材が一体になった時の美味しさを味わってみてください。

ぜひとも挑戦していだたきたいのは、「男バーガー(1,080円)」です。

なんと大きなロースステーキがバンズの中に挟まっているというよりも、皿を占拠するように盛られています。

見栄えだけではなく、食べ応えも充分にあり、これだけでお腹いっぱいになってしまうでしょう。

ドリンクは、コーヒー類、カフェラテ、オーガニック豆乳ラテ、紅茶類、柚子ティー、コーラなどメニューも豊富です。

しかも器はアメリカンサイズで、「ブレンドコーヒー」は両手で持ち抱えるのがやっとの大きさです。

デザートメニューは5種類どれも450円で、「ケーキセット」でドリンクと一緒に注文すれば800円で食べられます。

  • Esu and Kei.
    わんこ用のメニューはないので、注意!
    どのフードもおいしそうなものばかり!
詳細はこちらから

雄大な自然に囲まれた中でワンちゃんの笑顔が見られる『ドッグランえぼし』

www.sasebo-eboshi.net

市内で初めて設置されたドッグランで、佐世保市街地から車でおよそ15分のところにあります。

『ドッグランえぼし』があるのは烏帽子岳にある、「えぼしスポーツの里」の中に設けられたスペースです。

広々としたところで、開放的な気分に浸りながら、休日を有意義に過ごすことができますよ。

佐世保市外在住者であっても、きちんと会員登録をすれば利用可能です。

手続きは「ドッグランえぼし登録申請書」に必要事項を記入して、えぼし管理事務所に提出してください。

登録時には、「犬鑑札」・「狂犬病予防接種証明書」・「免許証」や「健康保険証」・「愛犬と撮った写真(縦32㎜×横28㎜)」、「登録料(510円)」が必要です。

登録手続きが終われば、1年間有効の登録証が発行されます。

次年度も利用する場合は、新たな登録の手続きが必要です。

実際に利用する際は、終日利用できて1頭あたり310円の料金がかかります。

頻繁に利用したいと考えている人は、年間パスポートの購入(3,090円)をおすすめします。

『ドッグランえぼし』はエリアを次の3つ、「小型犬エリア」、「フリーエリア」、「管理エリア」に分かれています。

利用できるのは、「小型犬エリア」と「フリーエリア」の2ヶ所です。

ちなみに、「管理エリア」は特別な場合に使用されます。

「小型犬エリア」は、体重約10㎏未満のワンちゃんが利用できます。

エリアの端が緩やかな斜面になっており、坂道を上ったり、下ったりして楽しんでみてはどうでしょう。

「フリーエリア」は、体のサイズを問わず好戦的でないワンちゃんであれば利用可能です。

トンネルや坂、平均台などが設置されているので、運動量も相当なものになります。

どちらのエリアにも、「水場」・「休憩所」・「トイレ」がそれぞれ1ヶ所ずつ設置されています。

また、ドッグラン内には芝生が敷き詰められているため、ワンちゃんが足を痛めることなく利用できるから安心です。

  • ドッグランえぼし
    広いドッグランは、わんこも走り回ることができますよ!
    芝生なので、けがの心配もありませんよ!
詳細はこちらから

ポップでキュートな店内からは想像もできない豪快な料理が提供される『cafe agree(カフェアグリー)』

www.facebook.com

佐世保玉屋付近にお店を構える『cafe agree(カフェアグリー)』。

街の中心部に店がありますので、専用の駐車場はありません。

玄関にはアメリカの国旗が掲げられ、出入り口あたりにワンちゃん用のスペースが設けられています。

落ち着いた外観とは一転して、店内はターコイズブルー、赤、サーモンピンクなどの色彩豊かです。

いろんな色にあふれていますが、くどさを感じることはなく、明るい気持ちに浸ることができます。

テーブル席、カウンター席があり、店内の一角にはキッズスペースが設けられているからお子様連れでも安心です。

絵本やぬいぐるみ、おもちゃなど子どもが飽きないようなものが準備してあります。

おすすめは、仕上げは自分で作る「ハンバーガー」です。

お得な「ドリンクセット(850円)」や「スイーツセット(1,000円)」があります。

器に並べられた、レタス、トマト、ピクルス、パテをお好みの順番でバンズの中へ挟み、マスタード、マヨネーズ、ケチャップを好きなだけかければ完成です。

もう1つ有名なのが「サンドウィッチ(500円)」で、「ドリンクセット(850円)」にすればお得です。

なんと言ってもオーナーさんが、「うちのは大きいです」と豪語されるほどのもの!

サンドウィッチの具材は、ハム・チキン・ツナの中から1つを選択することができます。

アメリカンサイズのトーストしたサンドウィッチには具材がたっぷりと詰まっており、これだけでお腹いっぱいになりそうです。

ちなみに、ハンバーガーやサンドウィッチは、テイクアウトもできますよ!

他にもパスタやピザ、ドライカレーなどのメニューもあります。

  • cafe agree
    アメリカンな雰囲気を感じるカフェは、午後のコーヒータイムにぴったり!
    フードの数も多く、迷ってしまいますよ!
詳細はこちらから

異文化を感じたり、味わったり、自然を満喫できたりできる佐世保のおすすめ4選

こちらで紹介したのは、オランダやアメリカの文化をしっかりと感じられるものが多かったです。

『DOG BOXハウステンボス店』では、オランダの街並みが再現されており、しかも施設内をほとんどをワンちゃんと一緒に回ることができます。

広い施設内を見て回るのに便利なペットカートの有料レンタルも行われていますから、ぜひ利用してみてください。

日帰りよりも泊りがけで訪れるのにおすすめの場所です!

アメリカを代表する食べ物、美味しいハンバーガーが味わうことができる場所もありました。

『Esu and Kei.(エスアンドケイ)』と『cafe agree(カフェアグリー)』の2つです。

どちらも街中にあり、駐車場はありませんので公共の交通機関を利用することをおすすめします。

ハンバーガーやサンドウィッチは、一般的な喫茶店で目にするようなサイズではなく、目が飛び出るほどびっくりすることでしょう。

運動不足のワンちゃんや外遊びが好きなワンちゃんにおすすめしたいのは、『ドッグランえぼし』です。

市外在住者であっても、しっかり登録を行えば利用することができます。

雄大な自然に抱かれてのびのびとワンちゃんたちが風を切って走る姿に飼い主さんの顔もほころぶことでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー