ドッグフード「ナチュロル」を口コミや評判から徹底調査しました!

ドッグフード「ナチュロル」を口コミや評判から徹底調査しました!

4496
update

ドッグフードナチュロルは、栄養管理士監修のもと作られたな愛犬家が欲しがるキャッチフレーズの「これだけで愛犬と笑顔で20歳を目指せる 最高級プレミアムドッグフード」です。妥協なき開発期間を経て出来上がったプレミアムドッグフード「ナチュロル」の原材料とその成分などを調べてみたいと思います。

4496
update

「ナチュロル」のこだわり

ナチュロル

高濃度の安定・持続型ビタミンCで身体の内側から活性化。

世界で初めてドッグフードに「高濃度の安定・持続型ビタミンC」を配合することに成功したのが「ナチュロル」です。

年を重ねるごとに免疫力は下がっていくのに対し、疾患のリスクは上がっていく・・・。せめて免疫力は下がって欲しくないのに・・・と誰もが感じてしまいます。そこで免疫力を維持するのに効果的と言われているのがビタミンCです。ところがそのビタミンCは性質上、3時間程度しか体内にとどまることができず尿として排出されてしまうのです。そこで「ナチュロル」では安定・持続型ビタミンCを1,000mg/kg配合しました。安定・持続型といわれているように体内に長くとどまることができるビタミンCを「ナチュロル」はドッグフードに世界で一番に配合したのです。

その効果はわんちゃんの健康を内側からサポートして健康的な皮膚、つやつやとして被毛はもちろん、免疫力を維持することにも役立ちます。さらにビタミンCのサイクルを有効にする天然バイオフラボノイドも同時配合されていますので相乗効果を発揮することでしょう。

安定・持続型ビタミンCはストレスの多い現代人の健康をサポートすると世界中で評価されていますがドッグフードへの配合は「ナチュロル」が世界で初めてということで『日本産の最高級健康寿命ケア』と言われています。

これは世界でも自慢できる国産のドッグフードと言えるのかもしれませんね。

食いつき抜群!厳選した良質な原材料でワンちゃんの健康を守る。

どんなにすごい安定・持続型ビタミンCがドッグフードに入っていても愛犬が食べてくれなければなんの価値もありません。

「ナチュロル」は新鮮で良質な生肉と生魚など選び抜いた原料だけを配合し、人も食べられるドッグフードに出来上がっています。

生の牛、鶏、馬、魚肉を55%以上使っているので動物性たんぱく質がたっぷりです。

また研究を重ねた結果、食いつきを意識した配合率になっているようですので期待ができそうな感じがしますね。

安心の日本製で高い品質を長期間キープ!

子犬と親犬

ValSN/shutterstock.com

ここでいう安心というのは海外からの船便での輸送工程がないため品質の劣化がないという意味での安心です。

しかし、全ての海外からのペットフードが劣化して日本に入ってくるわけではないと思います。海外のプレミアムペットフードと言われるものの中には輸送工程を開示しているところもあり、日本まで専用のクールコンテナによって輸送し、暑さによるダメージを避けているものもあります。また日本に到着してからも倉庫内が一定温度に保たれるように配慮しているペットフードもありますので、船便でくるペットフードが全て劣化しているとは言い切れないと思います。

日本製は海外より劣るものが多く出回っており、安価で粗悪なものが多いのが特徴といえます。海外製の方が添加物などについても安全な自然由来のものが使われていることが多いのでオススメです。

グルテン・グレインフリーと100%無添加を実現 トップクラスのこだわりを凝縮。

グルテン・グレインフリー(穀物不使用)というのは嬉しいことだと思います。

ではなぜグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードは良いのでしょうか。それは犬の体の作りと関係しています。

犬は基本的に肉や魚などの動物性たんぱく質によって体が作られていますので、さまざまな食べ物を食べるようにはできていないようです。

毎日の食べるもので犬の健康は作られています。腸が短いので小麦やとうもろこしなど消化しづらい炭水化物は、消化器官に負担を与え犬にとって楽しいお食事の時間が、やりきれない思いになってしまうのです。そんなことを考慮に入れて作られたのがグレインフリー(穀物不使用)です。

また穀物アレルギーのわんちゃんも比較的多いため、穀物アレルギーのわんちゃんにとってはグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードは嬉しいことです。

「ナチュロル」はデリケートに作られているわんちゃんの健康を第一に考えたこだわりになっています。

また33項目を完全排除することによって100%無添加ということになっています。

『グルテン、グレイン(穀物類)、豆類、合成保存料、合成防腐剤、発泡剤、防カビ剤、抗菌剤、合成香料、着色料、レンダリング肉(不可食部再生)、病気・障害動物肉、死骸動物肉、中国産原料、BHT・BHA、エトキシキン、ホルマリン、ソルビン酸カリウム、高温・加圧加工、○○類、○副産物、○ミール、小麦、食物繊維、化学調味料、コーン、セルロース、食塩、ピーナツ殻、コーンシロップ、没食子酸プロピル、プロピレングリコール、肉骨粉』

プレミアムドッグフードであるならば入っていなくて当然というものばかりではありますが、このようなものが使われていないということが明確に明らかになっているので安心できるドッグフードと言えるでしょう。

高消化&腸内サポートでお腹の弱いワンちゃんでも大丈夫。

グレインフリー(穀物不使用)に加え、新鮮な生の牛、鶏、馬、魚肉をたっぷりの配合ですから消化の良さが実現されています。オリゴ糖、乳酸菌も入っていますのでプレバイオティクスとプロバイオティクスが同時に配合されていますので腸内環境も整うことでしょう。

製造工程も低温フレッシュ製法ということですから、熱で破壊されかねない乳酸菌なども生きたまま腸に届くような工程ですので愛犬の健康を内側からしっかりサポートしてくれています。

理想の高栄養・高タンパク食で子犬からシニアのわんちゃんの健康な身体づくりに貢献。

動物性たんぱく質が55%も配合されているドッグフードですからカサ増し食材もなく、高栄養、高タンパクが摂取できるようです。

その中には魚類も含まれていますのでオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)も含まれていることが期待できます。近ごろのプレミアムドッグフードの成分値の中にはオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸などの数値も記載されているのですが「ナチュロル」の成分の中には記載がありませんでしたので成分的にはどのくらい入っているかは不明です。

「ナチュロル」の原材料をピックアップ

ナチュロル

プレミアムフードの中でも「最高級」と呼び声の高いドッグフードですね。

容量/価格 850g / ¥3,000(税抜)
原産国 日本
メイン食材 牛生肉
対応年齢 全犬種、全年齢対応
・原材料

新鮮牛生肉(北海道・兵庫県産)・新鮮鶏生肉(兵庫県産)・新鮮馬生肉(カナダ産)・新鮮魚生肉(兵庫県産)、タピオカ(ベトナム産)、魚粉(北海道・長崎県産)、紫さつまいも(ベトナム産)、チーズ(国産)、ココナッツ(フィリピン産)、りんご繊維、鶏粉末、胡麻、ひまわり油、乳清、安定・持続型ビタミンC、天然バイオフラボノイド、海藻、脱脂粉乳、オリゴ糖、乳酸菌

『※さらなる品質改良のため、予告なく原料を変更する場合がございます。』 との注意書きがありました。

・成分

粗たんぱく質23~27.00%、粗脂肪7~9.00%以上、粗繊維2~4.00%、水分9.00%以下、安定・持続型ビタミンC1,000㎎/㎏、天然バイオフラボノイド200㎎/㎏、代謝エネルギー約400kcal/100g
出典:https://bit.ly/2JkVpF6

新鮮(牛・鳥・馬)生肉

牛肉

牛肉は良質なタンパク質が多く含まれていますが他の肉と比べてカロリーが高いのが特徴となっています。牛肉の栄養は亜鉛と鉄分、ビタミンB群も多く含まれています。亜鉛は味覚を正常に保つサポートをしてくれます。 鉄分は赤血球をつくるのに必要な栄養素で、不足すると疲れやすくなっていしまいます

鶏肉

鶏肉は低カロリーで高タンパクで、消化吸収に優れています。また、「コラーゲン」が豊富ですが、コラーゲンはバランスの良いアミノ酸と一緒に摂取すると効果的に力を発揮してくれるます。鶏肉にはバランスの良い「アミノ酸」とコラーゲンが共に入っているので効率よく摂取でき艶やかな被毛と健康的な皮膚の状態を保つのに役立ちます。

加えてエネルギーの生産や疲労回復、皮膚や粘膜の保護に欠かせない「ビタミンB群」の仲間である「ナイアシン」が多く入っています。

また「ミネラル」の一種で抗酸化作用のある「セレン」は免疫力を高め、がん予防、老化やさまざまな病気の予防に効果を発揮してくれます。

馬肉

馬肉は低カロリーで高タンパクです。加えてビタミンやミネラルもたっぷりと入っています。馬肉の脂肪は魚と似ていてオメガ3(αリノレイン酸)が多いのも特徴です。αリノレイン酸は、がん発生を抑制したりするのが特徴です。

新鮮魚生肉

新鮮な生魚由来のオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)が、健康的な皮膚とツヤツヤの被毛を保ちます。

タピオカ

タピオカは98%が消化可能で、アレルギーのわんちゃんに優しい食材と言われています。

魚粉

お魚の種類は何を使っているのでしょうか。北海道・長崎県産と書かれているものの種類が知りたいです。原材料はヒューマングレードなので危険性はないものの不透明さを感じてしまいます。

紫さつまいも

目に優しいアントシアニンがたっぷりです。

ワンちゃんに悪影響を及ぼす可能性がある、シュウ酸が微量だが含まれている点の他に、糖分が豊富なので、与える量を計算しておかないと肥満の原因となります。

りんご繊維

ポリフェノールたっぷりで善玉菌の餌になります。

鶏粉末

鶏粉末と書かれていると、もしかしたら粗悪なものをイメージしてしまう愛犬家の方もいらっしゃるかもしれませんが、鶏粉末に関しては「ナチュロル」のよくある質問に回答がありました。

鶏粉末は、その名の通り、鶏(にわとり)の粉末です。天然の素材で、栄養バランスを高め、かつワンちゃんの嗜好性を高めるために、魚粉と鶏粉末を入れております。
出典:https://reason-why.jp/sp_faq/page/2/

とありましたので安心できる素材です。

ひまわり油

ひまわりから抽出された油で、健康な被毛や消化吸収の維持に必要なオメガ6脂肪酸やオメガ9脂肪酸が多く含まれています。

天然バイオフラボノイド

ビタミンCのサイクルを有効にするために一緒に配合されている天然バイオフラボノイドは「ビタミンP」ともとも呼ばれる成分です。一緒に働くことでビタミンCの効果を持続させ、ビタミンCと共にわんちゃんの免疫力低下を防いでくれます。

海藻

海藻には「ミネラル」がたっぷり入っていますし、低カロリーで健康に良いと言われています。「食物繊維」が豊富なため海藻が配合されているドッグフードを食べさせることによって、腸内環境を整える効果がなどが期待できます。

また海藻の中には「ヨウ素」が含まれています。ヨウ素は甲状腺ホルモンを作るのに必要なミネラルで、新陳代謝を促し、成長を促進する働きがあるため足りなくなるとこのような機能が低下してしまいます。

海藻にヌルヌルとした成分である「フコダイン」は消化を助け胃の炎症や潰瘍の予防、がんの発生や進行を遅らせたりする働きをしてくれます。

「ナチュロル」の気になった点

Investor analyzing financial reports and key performance indicators (KPI) of stock market on the computer screen with business intelligence (BI) analytics and graphs at the office

NicoElNino/shutterstock.com

粗たんぱく質23.0~27.00%

粗たんぱく質23~27.00%とかなり幅があります。23%〜25%と考えてしまうならかなり少ないかもしれません。たんぱく質が少ないと体力や筋肉、免疫力アップが減少したり、活発でなくなったりしてしまいます。肉類が55%も使われているのに残念な数値です。

粗脂肪7.00~9.00%以上

たっぷりなお肉やお魚に加えてひまわり油が使われているにもかかわらず粗脂肪7~9.00%と低いのではないかと思います。上記でも少しふれましたがオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が成分表に記載がないため量もバランスもわかりません。期待できる原材料が入っているにもかかわらず量が少ないのは残念です。

酸化防止剤不使用

100%無添加とのことですから酸化防止剤も原材料の中には書かれていませんでした。

保存期間に関しても、未開封常温保存で1年間、開封後は2ヶ月間となっています。酸化防止剤が入っていないにもかかわらず未開封で1年間保存できるのはすごいことですね。しかし開封後は速やかに愛犬に食べさせた方が良いと思います。それでも密封度の高いアルミ袋で安全なヒト用の脱酸素シートを使用していますので酸化を徹底的に防止してくれています。

開封後の期限はしっかり守って使い切ってください。酸化してしまったドッグフードを愛犬に食べさせてしまうとせっかく良い原材料で作ったドッグフードであってもそれは毒となり愛犬の体の負担になってしまいます。

100%無添加?

「ナチュロル」は100%無添加をセールスポイントの一つにしていますが「ビタミンC」を添加しています。これは天然の成分ではないのではないかと推測されます。確かに体に悪い添加物が配合されていないことはわかりますがドッグフードにはビタミン類、ミネラル類、アミノ酸など栄養を補うための「栄養添加物」というものも「添加物」というカテゴリーに入ります。

「ナチュロル」は体に悪い添加物は入っていないということは十分わかりますが体に良い「ビタミンC」が入っているわけですから「100%無添加」とは言い切れないと思います。

「ナチュロル」購入者の口コミレビュー

Woman talking with alphabet letters coming out of her mouth. Communication, information, intelligence concept

pathdoc/shutterstock.com

予想以上に食いつきが良かった。成分も安心できそうです。

小粒でカツオだしのような香りで食いつきよかったです。

涙やけが落ち着いた。

などの良い口コミがありました。

まとめ

わんちゃんに悪い添加物は入っていないドッグフードですし、低温加工しているので栄養素も壊れにくく消化吸収にも優れていると思います。気になる方は定期コースの『らくトク犬康コース』の申し込みが条件ですが100円の食いつきテストを申し込んで見るのも良いかもしれません。もし食べないようでしたら100円のお試し商品発送後5日以内であればキャンセルは可能のようです。

原材料で生肉を多く使用しているが、肉類にアレルギーを持つワンちゃんにはオススメできないドッグフードといえます。さらに、魚肉や魚粉は何の魚を使っているのか不明な上、さつまいもが使われている点が感心できません。さつまいもが原材料に含まれているので、あげすぎると肥満やシュウ酸を取り過ぎたことで起こる尿結石も注意が必要となります。

乳清はホエイと呼ばれるヨーグルトの上澄みなので問題ありませんが、大量摂取で副作用が発生してしまいます。脱脂粉乳は多く摂取してしまうと下痢の原因になりワンちゃんの胃腸に負荷をかける結果となります。

どのドッグフードを選ぶときにも同じことが言えますが、購入前にはメーカーの公式サイトを訪問して原材料を確認し、メーカーのドッグフードへの思いに共感し納得できるかどうかもドッグフード選びのポイントとなります。ぜひ愛犬にあったドッグフードを選んであげてください。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

カナガンをずっと与えていますが、国産で安くて身体にいいものをあげたいので、ナチュロルが気になっています。

国産ですが、原材料は海外からのものもあるのですね。そこもキチンと表示してくれている所は安心かな。

試してみたいのですが、いつもと違うご飯を食べてくれるのか心配です。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー