愛犬の健康をサポート!カルシウムの必要性とサプリ4選!!

愛犬の健康をサポート!カルシウムの必要性とサプリ4選!!

2484
update

愛犬の成長を見守る中で骨や筋肉の成長・健康が気になりますね。今回は犬のカルシウムサプリメントについての効果やおすすめのサプリメントをご紹介したいと思います。愛犬が元気に動き回ることができるように飼い主さんとしてどのようなことができるのか考えてみる機会になればと思います。

2484
update

1.カルシウムの効果

毎日元気に動き回るためには丈夫な骨が作られてケガをすることなく過ごして欲しいものです。骨や筋肉の成長ににかかわる栄養素と言えばカルシウムですね。

人間であってもカルシウムが不足すると骨がもろくなることは知っておられると思います。犬にとってもカルシウムはとても大切です。カルシウムがなぜ必要なのか、カルシウム不足にならないためにサプリメントで補う必要があるのでしょうか?

Products rich in calcium. Healthy food. Flat lay

bitt24/shutterstock.com

カルシウムの99%がリンと結合することによって骨を形成します。残りの1%の役割も大変重要で、神経細胞膜のナトリウム透過性をコントロールする役目、また筋肉の収縮に必要な役目をはたしています。

心臓の筋肉の収縮にもカルシウムが関連しているので、「生きていくためにはカルシウムの摂取が必要不可欠である」と過剰な言い方かもしれませんが、そう言われても納得してしまう生命維持に欠かせない働きにつながっているということが分かります。

2.カルシウムを含むサプリメントがなぜ犬に必要なのか

Close up vitamins and supplements on white background with a brown bottle. Including Vitamin c, vitamin E, vitamin D3, salmon oil, fish oil and co enzyme Q10 capsules.

Saowanee K/shutterstock.com

特に小型犬は、足の骨が小さいので身軽に見えて少し多い高いところから降りただけでも骨折してしまう可能性があります。大型犬も体がしっかり大きく見えますが、足は細めですのでもちろん骨折の危険が潜んでいると言えるでしょう。

子犬の時には母乳からカルシウムを含む成長に必要不可欠な栄養素を摂取することができますが、何らかの理由で十分にカルシウムが摂取できなかった場合は成長してから骨の弱い犬に育ってしまうかもしれません。

カルシウムは骨に貯蔵されていますが、血液中にカルシウムが不足すると喉の部分にある上皮小体という分泌腺からホルモンが分泌されて骨のカルシウムを血液中に放出して、これが継続的に続くと骨がもろくなって簡単に骨折してしまうということにつながります。

犬に必要なカルシウムは人の14倍と言われています。カルシウムを多く含む食事を摂取することによって安定したカルシウムの量を摂取することも大切ですが、普段からカルシウム不足にならないようにサプリメントで補う方法も行なっていくなら安心と言えるでしょう。

カルシウムの取り過ぎも逆効果

犬がカルシウムを摂りすぎると他のミネラルである、亜鉛・銅・鉄・リンなどの吸収を阻害してせっかく摂取したカルシウムの濃度を下げてしまうので、適切な量を摂取させる必要性があります。

これによって「低カルシウム血症」の症状が現れてしまうことがあるので注意が必要です。

3.体内のカルシウム量が減ることによって考えられる影響

Calcium Deficiency. Torn pieces of paper with the words Calcium Deficiency. Concept Image. Black and White. Closeup.

StepanPopov/shutterstock.com

血液の中のカルシウムが不足すると喉の部分にある分泌腺からホルモンが分泌されて骨に貯蔵されているカルシウムが血液に流れていってしまいます。継続的に行われると慢性的にカルシウム不足になってしまう恐れがあります。

低カルシウム血症

血中のカルシウム濃度が低下した状態です。濃度が低下すると、骨がもろくなり骨折しやすくなるだけではなく、神経細胞膜のナトリウム透過の増加によって異常な興奮状態になってしまいます。

この興奮が筋肉に伝わることによって痙攣を引き起こす「テタニー」と呼ばれる状態になることがあります。

その他にも

・意識を失う ・筋肉の硬直 ・呼吸が荒くなる ・部分痙攣 ・白内障 ・食欲不振

といった症状につながることも考えられるでしょう。

栄養素はバランスよく摂取する必要がある

カルシウム不足だけではなく、犬は肉食動物で食事の際に摂取する肉類にはリンが多く含まれているので、カルシウムとの摂取バランスが悪いとカルシウム欠乏症や骨密度の低下・骨粗しょう症などになる場合も考えられるでしょう。

カルシウム1.2~1.4:リン1の割合で摂取することが勧められているそうです。

4.おすすめのカルシウムのサプリメント

食材によってもカルシウムを補うことは可能ですが、毎日の食事の量を考えつつ行なうのは大変なことですね。毎日続けるためにサプリメントを用いることには効果があると言えるでしょう。カルシウムを補うことのできるサプリメントにはどのようなものがあるのでしょうか。

1.カルシウム・プラス

  • カルシウム・プラス

カルシウムの摂取に注力した製品で、犬のためのカルシウムサプリメントです。タブレット状ですので、おやつとして与えることもできますし、ドックフードに混ぜて与えることもできるでしょう。成長期や妊娠時などカルシウムが必要なステージに特におすすめされています。基本的にはタブレット状でも問題なく食べてくれる犬であれば安心ですが、なかなか食べてくれない場合にはタブレットを砕いたり、粉末状にしてあげることができるでしょう。

食べにくそうだったり、食事の時にそれだけ脇によけたりするような工夫が必要かもしれませんね。カルシウム、リン、ビタミンD3のバランスもしっかり取れているので、普段の食事でカルシウムが不足している場合などに、おやつ代わりとしてカルシウムを与えることできるサプリメントです。

給与量は幼犬・超小型犬1~2.5㎏までの犬は1日1粒、体重2.5~5.0㎏までの犬は1日1~3粒、小型犬体重5.0~10㎏までの犬は1日2~4粒、中型犬体重10~20㎏までの犬は1日4~6粒、大型犬体重20~40㎏までの犬は1日6~8粒与えることができるでしょう。数が多い場合は、数回に分けて与えると良いでしょう。

2.ドックマロー・レオ

  • ドッグマロー・レオ 300g (犬用・粉末) 高たんぱく カルシウム補給 【現代製薬】GENDAI

豚の骨髄(マロー)のエキスやビール酵母、チーズ等が配合されたバランスよくカルシウムを摂取することができるサプリメントのドックマロー・ネオ。成分にはカルシウムの吸収に必要とされるビタミンD3も配合されていて、効率よくカルシウムを補うことができるようになっているそうです。チーズたっぷりの粉末は離乳期ワンちゃんにもぴったりですので、骨格形成の大切な時期をサポートしてくれます。

製品自体は粉末状なので、ドックフードにふりかけて与えることができるので、錠剤だと上手に食べることができない場合に与えやすいと言うことができるでしょう。チーズも配合されているので、高タンパク・高カルシウムの食事にすることができることも利点と言えるでしょう。普段の食事で上手に栄養を取ることできていない場合にもおすすめです。

給与量は、超小型犬体重5.0㎏までの犬は1日スプーン1杯、小型犬体重5.0~10㎏までの犬は1日スプーン1~3杯、中型犬体重10~20㎏までの犬は1日スプーン2~5杯、大型犬体重20~40㎏までの犬は1日スプーン5~8杯を目安にドライフードにかけたり、ウェットフードに混ぜたりして数回に分けて与えることができるでしょう。

3.BPDs(ビーピーディーエス)

  • BPDS 犬用

BPDsはBone Pack for Dogsの略称で、歯や骨の健康維持に大切な動物性コラーゲンを豊富に含んだ動物性カルシウムサプリメントです。牛骨豚骨にこだわり、動物性カルシウムのほかに骨の気質になる動物性コラーゲンが豊富に含まれているので、骨の形成にとって大切な成分が消化しやすい形で配合されています。

脂肪でも、動物性の脂肪はペットの嗜好を高める成分ですが、酸化しやすく酸化した脂肪は下痢や皮膚疾患につながることもありますので、天然素材のみにこだわり酸化防止剤を使わず、酸化の遅い脂肪を選択して少量配合しています。カルシウムのはその性質上、長期間継続して与えることが重要になってきますので、毎日食べても飽きのこない味を目指して作られています。

牛骨豚骨の持つ本来の嗜好性を大切に余計な味付けをしていない理由はここにあります。おやつや間食が多い場合や手作りごはんのミネラルバランス調整もサポートしてくれるサプリメントです。

給与量は小型犬体重2.0~10㎏までの犬は1日2~3g、中型犬体重10~20㎏までの犬は1日5~7g、大型犬体重20~30㎏までの犬は1日7~9g、超大型犬体重30㎏以上の犬は1日は10~20gを目安に与えることができるでしょう。発育期の子犬は量を増やして与えることもできますので、目安表を確認してみることをおすすめします。

4.ナチュラルカルシウム

  • ナチュラルカルシウム

100%天然素材で作られているカルシウムサプリメントのナチュラルカルシウム。重金属、殺虫剤、その他有害な化学物質含まれていない安心できる、アイルランド南西海岸の海藻100%天然素材のカルシウムです。生肉を与えているペットの食餌にぜひ加えていただきたい消化・吸収の高いカルシウムサプリメントです。

カルシウム、リン、マグネシウムの比率もバランスが取れているので、3つのバランスが保たれて持ち味を最大限に発揮することができるように配合されています。粉末状なので、普段のごはんにふりかけたり、混ぜたりして簡単にカルシウムを補うことができるので使いやすいと言うことができるでしょう。

アニマルエッセンシャルズは動物専門のハーバリストが作り上げたハーブサプリメントで、オレゴンティルスオーガニック認証(オレゴン州の有機農法民間基準)の認定を受けた高い品質のハーブを用いています。アメリカのペットのプロからも多く選ばれて使用されているサプリメントです。

5.犬のカルシウム補給に卵殻パウダー

卵殻パウダー

ThamKC/shutterstock.com

カルシウムに多く含まれている食材を増やしてあげることによってサプリメントを使わなくても大丈夫なのではないかと考える飼い主さんも多いことでしょう。カルシウムが多く含まれている食材には海藻類や煮干し、チーズなどの乳製品や牛乳が思い浮かぶかもしれません。カルシウムを量を増やすために食事の量を増やすというわけにはいかないことを考えると食事だけで必要なカルシウム量を満たすのは実は難しいことになります。

もちろん少しでも食材を工夫して美味しく栄養価を高めるように飼い主さんが工夫することによって愛犬にとって食事の時間は楽しいものとなり、健康的な身体を維持する助けになることでしょう。卵の殻を砕いて作る卵殻パウダーを使っておられる飼い主さんもおられますので、ご紹介したいと思います。作るのは手間がかかりますが、カルシウムが豊富で、何よりも材料がはっきりしていて与えていて安心とのことでした。

卵殻パウダーの作り方

卵の殻を水洗いして、内側のぬるぬるしている部分を洗い流して、薄皮を剥がします。薄皮は濡れている状態の時が剥がしやすいので、割ってすぐか、水に浸しておくなら作業しやすいでしょう。きれいにして薄皮をはがした卵の殻は水分を拭き取り冷蔵庫に一定量になるまでを溜めて保存しておきます。目安としては卵1個分の卵殻で小さじ1杯の卵殻パウダーが出来上がるそうです。一定量集まったら茹でて煮沸消毒しましょう。

鍋にお湯を沸騰させて、卵殻を入れて5〜10分ほど茹でて煮沸殺菌します。愛犬の口に入るものですので、しっかりと煮沸消毒しましょう。キッチンペーパーに取りあげて、よく乾燥させましょう。自然乾燥でも良いですし、時間がなければ電子レンジで短時間加熱させて乾燥させることもできますが、電子レンジ(4分前後)を使用する場合には焦げてしまうことがないように注意しましょう。

ミルサーでふりかけをつくる要領で使う1分ほど挽くことで粉末にすることができます。容器を叩くことでよった卵殻のまだ破片の大きな卵殻が混じっているのが分かるので、大きいものは取り除いてまた砕いて、濾してを繰り返してあげることによってなめらかな卵殻パウダーが完成します。卵殻パウダーは作ってから冷蔵庫で1カ月は保存できます。砕く前に卵殻をしっかり乾燥させることで、カビ防止になります。

※卵殻についている薄皮はヒアルロン酸などを含むタンパク質なので、剥がさなくても問題ないですが、一定量を溜める前に痛む原因になってしまうので注意が必要となります。

卵殻パウダーの摂取量

体重5kgのワンちゃんの必要な1日のカルシウム量は、600〜700mgです。

よって約4〜7g(小さじ1強)

※年齢や体重によって必要なカルシウム量が違うので注意が必要です。

卵殻パウダーが多いと便に不具合が見られる

卵殻パウダーをたくさん与えると便に白いものがぶつぶつと混じったり、全体的に白っぽくなることもあるそうなので与え方には注意が必要です。吸収させないカルシウムは粒状になって便に混じることがあるなら、量を減らして与えるかカルシウムが吸収されるように必要な栄養素を補うことも考えてみると良いでしょう。

6.まとめ

カルシウムはビタミンなどの栄養素と同じように、体の中でパズルのようにそれぞれがつながっているため、1つだけ特別に摂取していても効果を発揮することができないことが多いことが分かります。効率よくカルシウムを摂取するためにはリンやビタミンD3といった栄養素が必要になります。サプリメントは幾つかの栄養素をバランスよく配合してくれているという点ではカルシウムを補いやすいものと言えるでしょう。

骨の形成時期である子犬の時期はカルシウムの量に気を配って健康な体を作ることができるようにしてあげたいものですね。また、病中や病後、妊娠などを経験するとカルシウム量が低下してしまうこともあります。飼い主さんが意識的にカルシウムを摂取できるように気を配る必要がありますが、カルシウムの吸収率も考えて他の栄養素もバランスよく与えるようにしましょう。

カルシウムは骨だけになく筋肉の収縮にも影響しますので、毎日の元気に長く愛犬が動き回ることができるように気にかけてあげたい栄養素のひとつであることが分かると思います。愛犬にあった方法でバランスの取れた食事を準備してあげましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー