日常を離れてリゾート気分に浸れる呉市のおすすめスポット

日常を離れてリゾート気分に浸れる呉市のおすすめスポット

4192
update

海の都市として認識の強い呉市。実は、ここでしか体験することのできない貴重な場所があるって知ってましたか!?もちろん、ワンちゃんも一緒にですよ!いろんなことを忘れさせてくれる自然の雄大さを感じながらリフレッシュできるスポットをいくつかまとめました。

4192
update

海風を浴びながらワンちゃんとゆっくり過ごす休日!

Beautiful white clouds on blue sky over calm sea with sunlight reflection, Bali Indonesia. Tranquil sea harmony of calm water surface. Sunny sky and calm blue ocean. Vibrant sea with clouds on horizon

Dmitry Polonskiy/shutterstock.com

人口の規模は県内で第3位、約22万人を擁しています。

瀬戸内海に面しているため、古くから海上に関する事柄と深い関係がありました。

歴史を遡れば村上水軍の一派の拠点となったこともあり、海上の要として古くから注目を集めていた場所です。

明治時代においては、世界最大の戦艦として知られる「大和」などが造られていました。

そのため、太平洋戦争末期には米軍の空襲に遭い、多大な被害を受けました。

現在でも鉄鋼に関する技術は途絶えることなく、大手メーカの日新製鋼やJFEなどに脈々と受け継がれています。

かつては帝国海軍の拠点として重要な役割を果たしていましたが、今でも海上自衛隊呉基地が存在しています。

商業の中心地は、呉駅周辺にある「クレスト」・「レクレ」・「ゆめタウン呉」の3つの商業施設です。

このように呉市は、昔から「海」とのつながりがとても深く見られます。

そんな海に抱かれながらゆったりとした気持ちでワンちゃんと過ごせるおすすめの場所があります。

日常とは異なった場所で、気持ちをリフレッシュさせるには最適の癒しのスポットばかりです。

美味しいものを食べて、自然を満喫できて、ワンちゃん共々笑顔になれることでしょう。

ここでは、ドッグランを1つ、宿泊施設を2つ取り上げていきますよ。

私営の海水浴場の運営者が経営している『波輝(なみき)カフェ』

namikicafe.net

今年で「七浦海水浴場」内に店舗を構えて10年目を迎えます。

他の海に比べて透明度が高く、昼間は太陽に照らされ、夜間は月明かりで海面が輝くことにちなんで店名が付けられました。

カフェの壁に描かれた絵に誰もが注目してしまいますが、広島市立大学の学生さんと「Blue Lab」という美術団体の作品です。

実は、「七浦海水浴場」はこちらのオーナさんが運営している私営の海水浴場です。

7月と8月の2ヶ月間は海水浴客向けの海の家として営業を行っているため、多くの人々で賑わいます。

海の家では、バーベキューなどもできるので、機会があれば夏にも訪れてみてください。

オフシーズンは、広い敷地の一部を利用しドッグランとして開放されています。

利用料は時間の縛りはなく、1匹あたり300円の料金で気軽に利用できるからお得です。

ただし、カフェの利用目的以外の場合は駐車料金がかかりますので注意してください。

ドッグランは砂浜なので適度な負荷がかかり、アクティブなワンちゃんであっても楽しめることでしょう。

また、運動不足のワンちゃんにとってはツラいかもしれませんが、気持ちのいい汗を流すことができます。

波の音を耳を澄ましていると、日頃のストレスがウソのように洗い流されてしまいますよ。

ドッグランで遊んだ後は、カフェでゆっくりとティータイムといきましょう。

カフェメニューでおすすめの品は、「ぷち田舎体験ランチ(1,000円)」です。

単品メニューでは、自家製ベーコンを使った「手作りピザ(900円)」をおすすめします。

羽釜で炊いたアツアツのご飯のお供には、こだわりの卵が付いてきます。

産み落とされたばかりの新鮮な卵と、自分の手で鰹節を削って味わうランチとなっています。

デザートメニューも充実しており、自家養鶏場の「波輝たまご」を使ったものがおすすめです。

「濃厚ベイクドチーズケーキ(500円)」や「たまごたっぷり!とろとろクリームブリュレ(500円)」などは、ぜひ一度味わってみてください。

デザートと一緒におすすめしたいのは、数時間かけて抽出した水出しのコーヒーです。

地下水を汲み上げて使用しているため、他とは違った旨味のあるコーヒーを堪能することができます。

  • 波輝(なみき)カフェ
    海風を浴びながら、のんびり過ごすことができるカフェ!
    わんこものんびり過ごすことができます!
詳細はこちらから

海際にある貸別荘スタイルの素敵な隠れ家『浜辺の宿 えくぼ』

www.ekubo-01.com

外観のヴィヴィッドなオレンジ色が一際目を引きます。

貸別荘にしては珍しく、なんと1泊2食付きでリーズナブルな価格設定です。

海風や波の音が近くで聞こえてくる立地にあり、まるで別荘のオーナーになった気分に浸ることができます。

内装は19世紀の欧州の家具や装飾品が並べられており、他の宿とは違った気品ある雰囲気を醸し出しています。

日常の生活とは違った場に身を置き、気分転換してみませんか。

丸ごと1軒を2名から利用することができ、料金は1人あたり約13,000円とリーズナブルです。

予約を確定するためには、予約金(1,000円×利用者の人数分)が必要になるので注意しましょう。

ただし、カード決済を選択した場合は、予約金は発生しません。

ワンちゃんの利用に制限はなく、驚くことに小型犬から大型犬まで無料で利用できます。

あまりにも大きすぎる場合は、利用できないこともあるかもしれないので確認をとってくださいね。

利用に際しフローリングに傷がつかないように、爪を切るなどの最低限のケアはあらかじめ切っておきましょう。

もちろん、ワンちゃんのフンの始末は飼い主さんが責任を持って行ってください。

ワンちゃんが利用できる部屋は、リビングルームと食堂の2ヶ所です。

リビングルームでワンちゃんと一緒に寝ることができます。

気になる夕食ですが、到着時刻に合わせて作られたボリューム満点の料理がズラリと食堂に並びます。

自家精米のご飯をはじめ地物の刺身や地元の野菜を使ったこだわりの料理ばかりです。

江田島で養殖されている牡蠣のフライは、新鮮なものを使用しているため揚げても身が硬くなることはありません。

ぷりぷりとした食感とコクのある旨味に病みつきになってしまうことでしょう。

また、宿泊のコースの選択によっては、生のズワイガニやカニすきなどを味わうこともできます。

ちょっと早起きして外に出てみれば、眼前に広がる海から昇る朝日を眺めることができますよ。

ぜひとも朝食前に、ワンちゃんと散歩に出かけてみてください。

海沿いならではの朝の景色を満喫できると同時に、心の底からリフレッシュできることでしょう。

  • 浜辺の宿 えくぼ
    わんこと一緒に旅行へ!
    夕食や朝食も海の幸や美味しく新鮮なものばかり!
詳細はこちらから

高級魚を味わうことができる民宿『島宿 あこう』

www.tobishima-kaido.net

こちらのお宿は、ご夫婦で営まれている海際にひっそりと佇む民宿です。

民宿には珍しくペットと一緒に泊まることができます。

お部屋の窓を開けると緑豊かな自然を臨める、和室タイプの部屋です。

1泊2食付きで約25,000円(2名)で泊まれて、しかもワンちゃんの宿泊料は一切かかりません。

ワンちゃん用のケージは準備してあるので、大きな荷物が増えず助かりますね。

ただし、ワンちゃんをケージの中から出すことはできませんのでご了承ください。

お風呂は温泉ではありませんが、展望浴場のため瀬戸内の島々を眺めることができますよ。

ゆっくりとお風呂に浸かりながら、自然の美しさに目を向けてみましょう。

店名の由来ともなっている、「あこう」は「キジハタ」とも呼ばれている高級魚です。

赤っぽい体色と強面の見た目とは反して、身はプリっとしていて、口に入れると旨味が広がります。

市場価格は時季により異なりますが、3,000円前後/㎏もする高価な魚です。

そのため市場に出回ることはほとんどないそうで、高級料亭でしかお目にかかることはできません。

旬(5月~7月)であれば、宿泊料込みでこの魚を味わうことができますよ。

お手製のポン酢とともに、なかなか食べることのできない刺身として提供されています。

身をとったあらは、お味噌汁の出汁として利用されることが多いとのことです。

寝起きに高級魚の出汁が染みわたったお味噌汁を口に運ぶと、日本人に生まれて良かったとさえ感じてしまうことでしょう。

朝食のメニューも魚を中心とした心に染みる和食が並び、疲れた心をやんわりとほぐしてくれます。

高級魚を味わえるとあって、7月と8月は予約がすぐに埋まってしまうそうです。

名物の魚を目当てに訪れるのであれば、早めに予約を取ることをおすすめします。

それ以外の季節でも、地元ならではの旬の魚介類を余すことなく堪能することができるでしょう。

ワンちゃんとともに海辺でゆったりと休日を過ごすのもいいかもしれませんね。

  • 島宿 あこう
    海際にひっそりと佇む隠れ家的な民宿
    お風呂からの景色も最高!
詳細はこちらから

ワンちゃんと楽しめる呉市内のおすすめスポット

古来より地の利を生かして、独自の発展を遂げてきた呉市。

市内は瀬戸内海に面しており、工業や軍事だけではなく観光資源としても活用されています。

ここでは海沿いの都市ならではのワンちゃんと一緒に過ごせる場所を3つ紹介してきました。

運動が大好きなワンちゃん、あるいは運動不足なワンちゃんにおすすめなのは『波輝(なみき)カフェ』です。

通常はカフェとして営業していますが、夏の時期には海の家へと早変わりします。

オフシーズンは、敷地の一部をドッグランとして開放してあり、300円で時間を気にすることなく利用できます。

それができるのも、なんと私営の海水浴場を運営しているからなのです。

オーナーさんのこだわりは、カフェで提供されているメニューの食材にも見られます。

ワンちゃんと一緒に広々としたところに宿泊したい場合は、『浜辺の宿えくぼ』をおすすめします。

2名以上の利用で1人あたり13,000円で1棟丸ごと借りることができ、しかも美味しい料理まで付いているからお得です。

夕食はお客様の到着時刻に配慮して、出来立ての料理が準備されています。

料理の内容は、申し込みの際に選択したコースによって変わってきます。

少しだけ早起きして、海岸線から昇る朝日をワンちゃんと眺めてみるのもいいかもしれないですね。

ご夫婦で民宿を営まれている、『島宿あこう』もワンちゃんと宿泊することが可能です。

浴場からは瀬戸内の島々を一望でき、何とも言えない情緒豊かな光景を堪能することができます。

また、こちらは魚料理が名物であり、夏には高級魚の「あこう」を味わうことができますよ。

刺身で味わえるのも新鮮な「あこう」を取り扱っているところだけだそうです。

ただし、夏は早めに予約を入れないとすぐに埋まってしまいますので、注意しましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー