え?どういうこと?譲渡からわずか48時間後にシェルターに戻された驚きの理由とは?

え?どういうこと?譲渡からわずか48時間後にシェルターに戻された驚きの理由とは?

3831
update

米アリゾナ州にある保護団体Arizona Animal Welfare League(AAWL)では、譲渡された犬が数日や数週間で出戻るケースも少なくありせん。しかしハスキーMIXのビンクスが譲渡から48時間で出戻った時、スタッフ達はその理由に驚きを隠せなかったのです。

3831
update

二日前に譲渡した子が帰って来た!

その理由に一同あ然

www.facebook.com

「理由は"いい子過ぎるから"ってことだったんだ。あ然だったね」AAWLスタッフのマイケルさんはそう話します。
しかしなんの落ち度も無いビンクスが捨てられたのはこれが初めてでは無かったのです。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/dog-returned-to-shelter-for-being-too-good

いい子過ぎるとは一体どういうことなのでしょうか。 しつけのできていない犬を一からトレーニングするのは容易いことではありません。 正直、家族に迎え入れた時点で全てのコマンドをマスターしていてくれるなんて、こんなに有難いことはないはずですが...

二度同じような目に遭っていた

www.facebook.com

9月の初めのこと。ハイキングをしていたグループが、一人ぼっちで砂漠をさまようビンクスを発見しました。ビンクスが自らグループに駆け寄って来たため、彼らはビンクスを砂漠に置き去りにすることができませんでした。1カ月の間、グループはビンクスのお世話をし里親を探そうと試みましたが、忙しい彼らの旅のスケジュールが、ビンクスをAAWLに引き渡すという結果を生んでしまったのです。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/dog-returned-to-shelter-for-being-too-good

ハイキンググループの人達も、ビンクスに家族をと彼らなりに必死でお世話をしたり、里親探しに尽力したことでしょう。 その証拠に彼らがビンクスを引き渡したのは、殺処分率の高い保健所ではなく、AAWLという愛護団体でした。 そしてビンクスのようないい子なら、すぐに飼い主がみつかると思っていたことでしょう。 これらの状況から、ハイキンググループを責めることはできませんね。

譲渡会での出会い

www.facebook.com

AAWLに到着してすぐにビンクスはスタッフのお気に入りになりました。そして大規模譲渡会に参加した日に、新しい家族と出会いました。
「人で溢れるかえる会場で、彼は平常通り堂々としてたんだ。そんな彼にある家族が興味を示して、一緒に時間を過ごしながら話し合いをして譲渡が決まったんだ」とマイケルさん。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/dog-returned-to-shelter-for-being-too-good

イケメンの上に動じない彼の器の大きさを放っておく手はありません。 ビンクスを気に入って里親になってくれた家族は、きっと彼の穏やかさや性格の良さに惹かれたのでしょう。 それなのに、なぜ... そう思わずにはいられません。

メモが明かした本当の理由

www.facebook.com

譲渡から二日後、ビンクスの姿はシェルターにありました。
「その時のメモにはこうあったんだ。"彼はトイレも完璧で他の犬にも優しいし、コマンドもばっちりです。でも主人はもっと挑戦が必要な犬が欲しかったんです"」とマイケルさん。
スタッフ達はがっかりしましたが、彼が戻ってきたことには喜びました。そして誰もが彼の存在を有難く思ってくれる里親が必要だと改めて感じたのです。

出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/dog-returned-to-shelter-for-being-too-good

せっかくのご縁に喜んでいたのもつかの間、ビンクスは再びシェルターへ逆戻り。 スタッフ達にとって悲しくもあったでしょうが、人気者だったビンクスに再び会えて嬉しくもあったことでしょう。 そして今度こそは、ビンクスに相応しい里親さんをと心から願ったことでしょう。 きっとこの世のどこかには、彼を必要としてくれる人が必ずいるはずです。

きっと"その日"は遠くないはず

www.facebook.com

「遊んでいる時や人とまったりしている時が、ビンクスにとって一番ハッピーな時間なんだ。なんてったって彼は社交的だからね」とマイケルさん。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/dog-returned-to-shelter-for-being-too-good

その後、ビンクスがどうなったのか気になりますよね? そんなあなたのために、AAWLのサイトを訪問し調べてみました。 すると10月の下旬、ビンクスが新しい家族の元へ旅立っていたことがわかりました。 どうやら驚きの理由でシェルターに出戻ったビンクスのことはテレビで取り上げられ、それを見た一組のご夫婦がビンクスの家族になってくれたようです。 そしてこの写真に写っているご夫婦こそが、ビンクスの新しいパパとママなのです。

このご夫婦は一年前に14年連れ添った愛犬を亡くされたのだそう。 そしてご夫婦のご自宅の周りには大自然があり、ハイキングにも頻繁に連れて行ってもらえそうです。 まさに理想的な飼い主さんですね。

今度こそ幸せを掴んだビンクス。 君の未来はキラキラと輝いているよ。

アメリカABCニュースの報道はこちらの動画で!

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー