家族が増えるというめでたい出来事の陰にその家族から手放された犬の残酷な運命

家族が増えるというめでたい出来事の陰にその家族から手放された犬の残酷な運命

3707
update

ストーミー(Stormy)の家には4人の子供がいました。そしてストーミーの他にも2匹の犬と猫を飼っていました。彼は,非常に優しく,愛情深く,楽しい犬でした。しかし,この家族に5人目の赤ちゃんが加わることが分かると,この素晴らしい飼い犬を手放すという残酷な決断をしたのです。

3707
update

家族が増えるために安楽死させられそうになった飼い犬

新しい家族に会うこともなく

家族が増えるために捨てられた飼い犬

「ストーミーは人生のほとんどを4人の子供と2匹の他の仲間,そして猫と一緒に過ごしてきました。その飼い主が5人目の子供を妊娠した時,ストーミーを重荷に感じたそうです。シェルターにいる時の彼の目を見ると,怯えている様子が分かると思います。そして,いかに彼が傷ついたかも・・・この顔を見ると,胸が張り裂けそうになります。」と”Eleventh Hour Rescue”で活動しているボランティア兼里親スタッフであるアラナ・グェリーニ(Alana Guerrini)さんは語ってくれました。
出典:https://theanimalspage.com/dumped-pit-bull/

子供4人に3匹の犬,そして1匹の猫という大家族の飼い主一家。

とても賑やかな家の中が想像できます。

そして,その家族に嬉しいお知らせが・・・なんと5人目の赤ちゃんが産まれてくるそうです。

誰もが家族が増えることに喜んでいたことでしょう。

しかし,この犬だけはその喜びを大好きな家族と一緒に分かち合うことができませんでした。

幸運なことにストーミーは,手遅れになる前にグェリーニさんに引き取られました。ストーミーは,その日の17時に安楽死させられるところでした。グェリーニさん達が「私たちがこの犬を引き取ります。」と伝えたのがその1~2分前だったそうです。公式に彼女達の犬となったストーミーは,安楽死を免れたのです。
出典:https://theanimalspage.com/dumped-pit-bull/

家族が増えることで,ペットの世話に余裕が持てなくなったこの家族は,ストーミーを手放してしまったようです。

家族が増えるから,今まで家族だった自分がもう家族じゃなくなる・・・

ストーミーは自分の身に起きた大きな変化をどうとらえていたのでしょう・・・

もう少しで自分の人生が終わる・・・そんな時,間一発で現れたのがグェリーニさんだったようです。

命の恩人に感謝する犬

家族が増えるために捨てられた飼い犬

グェリーニさんは16歳の息子さんと一緒にストーミーを引き取りに行き,ニュージャージー州にある自宅まで連れて帰りました。そこで彼を引き取りたいという人が現れるまで世話をするつもりだったのです。「ストーミーは何の問題もなく車に飛び乗りました。助手席に座った息子の膝の上に座り,少し尻尾を振ったり,顔にキスをしたりしていました。まるで,自分が命拾いしたことを知り,お礼を言っているようでした。」とグェリーニさん。
出典:https://theanimalspage.com/dumped-pit-bull/

賢いストーミーは,自分の置かれていた状況がわかっていたようです。

そして,グェリーニさん達が自分の命を救ってくれた”命の恩人”であることも・・・

「この人たちと一緒にまた家族になれる!」と分かったのでしょう。

再び愛し愛される喜びを感じることができる未来に期待が持てたみたいです。

再び誰かと家族になれる日を夢見て・・・

家族が増えるために捨てられた飼い犬

自宅へ向かう車の中,息子さんの膝の上にずっと座っていたストーミーは,何度か膝の上から降りては,グェリーニさんにもキスをしたそうです。グェリーニさんはストーミーの穏やかな性格に驚きました。「ストーミーは,息子とじゃれ合っていて,彼の口の中に息子が手を入れても,口を開けたままで,ゆっくりと頭を後ろに移動させました。彼は,息子を少しも傷つけることさえなかったのです。私がこの犬に対して深い愛情を抱いたのは,この時でした。」とグェリーニさん。ストーミーは,息子さんの気分がすぐれない時には心配そうにもしていたそうです。
出典:https://theanimalspage.com/dumped-pit-bull/

愛する家族に捨てられ,シェルターでただ死を待つ毎日。

誰も自分のことを愛してくれず,心を病む日々が続いたことでしょう。

グェリーニさんがシェルターで出会った時のストーミーの表情からは想像できないくらい,彼は歓びに満ち溢れた表情をしています。

人は違うけど再び誰かと家族になれたことが嬉しいのでしょうね。

グェリーニさんが語るストーミーのエピソードからも彼が素晴らしい犬として育てられていたことが分かります。

グェリーニさんは,ストーミーの前の飼い主が彼を手放したことに驚いています。そして彼女が願うことは,ストーミーをたくさんの愛と幸せで満たしてくれる家族が現れること・・・彼にはその資格があるのです。「2歳のストーミーは楽しいピット・ブルです。言うまでもありませんが,私は犬にはうるさいのです。でも彼はそんな私のお気に入り。だからこそ,誰か素敵な家族に引き取ってもらいたいのです。」とグェリーニさんは言います。
出典:https://theanimalspage.com/dumped-pit-bull/

愛情をいっぱいに受けてきた理想的な飼い犬。

しかし,人間の都合で下された残酷な判断が彼の人生を大きく変えることになりました。

恐らく,5人目の赤ちゃんがやってきてもストーミーは,愛情深く新しい家族のことを見守ったことでしょう。

家族の数には制限はないと思います。

愛情や思いやり,そんな温かな気持ちがあればどんなに大きな家族になったとしても何とかやっていけるはず。

飼い主から手放され,新たな人生を歩み出したストーミーは,次に家族になる人たちもその優しさで幸せにしてくれるはずです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー