愛犬の夜泣き対策!オススメサプリ4選!!

愛犬の夜泣き対策!オススメサプリ4選!!

2403
update

年齢を重ねると身体機能の低下が様々な面でみられるようになります。サプリメントによってどのように夜鳴きの症状を緩和できるのか、どんなサプリメントがあるのかを知っておくならば愛犬の変化にすぐに対処することができるでしょう。それではまず、夜鳴きの原因をいくつか見ていくことにしましょう。

2403
update

関節に痛みを抱えるようになったり、耳が遠くなったり目が悪くなってきたりして、普段の行動でも気を配ってあげることが必要になったり介護が必要になることもあります。

シニア犬になると、耳が遠くなったり、目が悪くなってきたことから、不安を感じて夜鳴きをすることもあるそうです。サプリメントによって身体機能の低下を緩やかにしたり改善する効果が期待できるので、食事やおやつの時にサプリメントを使用することができるかもしれません。

1.犬の夜鳴きの原因

日本のペットの飼育環境は、隣近所が近いため鳴き声には神経質になってしまう飼い主さんもいることでしょう。特に夜鳴きはご近所の迷惑になりかねないので、愛犬の体のことを心配しつつも思わずイライラしてしまうこともあるかもしれません。夜鳴きの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

1.認知症

Photo of young carer helping the elderly woman

Ocskay Bence/shutterstock.com

長寿の犬が増えるにつれて犬の認知症についても話題になることが増えましたね。犬の認知症は正確には「認知障害症候群」と呼ばれています。人間のアルツハイマー型認知症と症状が似ていて、どの犬種にも見られますが柴犬などの日本犬や日本犬系の雑種が罹りやすい傾向にあると言われています。

犬は認知障害による精神不安や昼夜逆転などが原因となり夜鳴きをするようになります。脳の機能障害による現象とされており、DHAやEPAなどの栄養不足を補うサプリメントやフードによって症状が改善されることがあるので、栄養面での見直しをすることができるでしょう。

2.身体機能の低下

聴覚や視覚、嗅覚などの身体機能は加齢と共に低下していきますが、犬はそのことにより不安やストレスを感じて夜鳴きをすることもあります。普段見えていたものが見えない、聞こえていた音が聞こえないと不安になりますね。名前を呼ばれても反応しない、飼い主さんの指示に従わなくなるのも聞こえていないからかもしれません。

飼い主さんとのコミュニケーションやスキンシップが少なくなってしまうように犬は感じて不安や寂しさを夜鳴きによって伝えているのかもしれませんね。今までとの違いに愛犬もとまどっているのかもしれませんので、優しく声をかけてなでてあげたり飼い主さんの愛情が伝わるようにしてあげることも大切でしょう。

3.痛み

シニア犬になると関節炎により痛みが寝ている時にも発生することがあります。寝返りをすることができずに一箇所に体重がかかり続けることによって痛みが引き起こされることがあるでしょう。その痛みが夜にも発症しますので夜鳴きが起こると言われています。

また同じ場所をぐるぐる回り続けて頭をぶつけたり、よく見えなくて壁にあたって動けなくなってそのまま寝たものの睡眠環境が整わず、夜鳴きすることもあるようです。壁や物にぶつかってケガをすることにもなりかねませんので、円形の広いゲージの中に夜は入れて、歩きたいと思った時に歩けるような広さを確保しつつも安全に気を配ってあげるようにしましょう。

4.生活リズムの乱れ

Schedule with grid time table on black chalkboard background

Chinnapong/shutterstock.com

老化現象の一つに生活リズムのずれが起こります。生活リズムが昼夜逆転してしまうと、夜間に食事や散歩の催促をするようになり夜鳴きをするようになります。飼い主さんがそのことにストレスを感じてしまうと、犬は敏感に感じ取って不安や落ち着きのなさにつながってしまいます。

生活リズムを整えてあげるように工夫することができます。昼間によく寝てしまうと夜中に鳴き続けることもあるそうですので、昼間にこまめに声をかけたり、刺激を与えて一緒に活動できるようにしたり、夜疲れて眠れるように軽い運動させることもできるかもしれませんね。また日光を浴びることも体内時計をリセットすることができるでしょう。

2.夜鳴きにおすすめのサプリメント

two chihuahuas howling in front of white background

cynoclub/shutterstock.com

夜鳴きにはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)、カゼインやイチョウなどが有効とされています。DHAやFPAは不飽和脂肪酸の一種で抗酸化作用のある成分として知られています。DHAは犬の痴呆予防と改善や視力改善にも効果が期待できます。EPAは動脈硬化や脳卒中の予防、ガンの発生率や中性脂肪の低下にもつながります。

カゼインはミルクの分解成分で、赤ちゃんが母親のおっぱいを飲むことで泣き止むのはこの成分の効果とされています。イチョウは老化防止のハーブで短期記憶の向上の効果があり、アルツハイマー病の治療で活躍しています。このようなものが含まれているサプリメントで愛犬に合ったものを選んであげるようにしましょう。

1.めぐりサポート

  • めぐりサポート

めぐりサポートにはオキアミ抽出物・クリルオイルが含まれていて、夜鳴き改善に役立つDHA・EPAが豊富に含まれています。DHAやEPAが不足することによって、脳の機能障害が起き、夜鳴きをすることにつながりますがめぐりサポートでDHA・EPAを補うことができます。熟成酵素に含まれる低分子化された吸収性に優れた発酵成分の補給で愛犬の健康を維持し免疫力をサポートします。

ナットウキナーゼとクリルオイルが脳と全身のめぐりを促し、シニア犬の健やかな毎日に効果を期待できます。シニア犬で元気がない、寝てばかりいる夜鳴きが多いワンちゃんにおすすめされています。健康食品GMP取得工場にてペットフード安全法に基づいて生産された安心・安全の国内生産です。

給与量は体重5㎏未満の犬は1日付属のスプーンすり切り1杯(約2g)、体重5㎏~10㎏までの犬は1日付属のスプーンすり切り1~2杯(2~4g)、体重10㎏~20㎏までの犬は1日付属のスプーンすり切り2~3杯(4~6g)、体重20㎏以上の犬は1日付属のスプーンすり切り3杯以上(6g~)与えることができるでしょう。

食べやすい顆粒状に仕上げていますので、いつものごはんにふりかけてあげることができるでしょう。小さなワンちゃんにも簡単に食べられるので試してみるのはいかがでしょうか。

2.アークナチュラルズ ハッピートラベラー ソフトチュウズ

  • アークナチュラルズ ハッピートラベラー ソフトチュウズ

必要に応じて与えることのできるサプリメントで天然ハーブを使用し、精神的に落ち着かせる効果があると言われています。緊張をほぐすことや不安を和らげることによって夜鳴きを抑えることにもつながると言えるでしょう。日常の変化によるストレスの軽減にも効果があり、常に穏やかな毎日を過ごせるようにサポートしてくれるサプリメントと言えるでしょう。

成分はすべてヒューマングレードの天然素材を厳選して使用していますので、副作用や有害性の心配もなく、習慣性なりませんので、必要に応じて与えることができるでしょう。粒状ですので、そのままおやつとして与えることもできます。

3.DHC 愛犬用おだやか60粒

  • DHC 愛犬用おだやか

ワンちゃんの不安からくる行動に対処し、年齢と共に減少していくギャバを補うことによってリラックス効果を期待することができるサプリメントのおだやか。脳内に含まれるリラックス成分ギャバ、緑茶由来のやすらぎ成分テアニン、脳や神経組織のスムーズな働きをサポートするレシチン、GABAの働きをサポートするザイラリアを配合して気持ちを穏やかに保ってくれます。

ワンちゃんのストレスフリーな生活をサポートするとともに、脳内のめぐりにも働きかけてくれるので夜鳴きにも効果を期待することができるでしょう。食塩・砂糖は使用しておらず、徹底的な品質管理が行われていますので、安心して与えることができます。

給与量は体重5㎏未満の犬は1日1粒、体重5~10㎏未満の犬は1日2粒、体重10~20kg未満の犬は1日3粒、体重20㎏以上の犬は1日4粒を目安に与えることができるでしょう。手にのせるなどしてそのまま与えるか、いつものフードに混ぜて与えることもできます。粒が食べづらそうな場合は、砕いてフードに混ぜて与えて工夫してあげるといいでしょう。

4.メイベットDC

  • メイベットDC

夜鳴き改善が95%の犬で認められている顆粒状のサプリメントのメイベットDC。メイベットDCの主な成分は不飽和脂肪酸:オメガ3のEPAとDHAです。DHAは青魚に多く含まれている脂で、血液サラサラにしてくれる、頭が良くなることで知られています。頭が良くなると言われるように、DHAは脳に到達することができて神経細胞を活発化することができます。

脳にたくさんDHAがあるほど神経の伝達が良くなると考えられます。不安やストレス症状を和らげ精神を安定させる効果も期待することができるでしょう。普段から摂取し続けていると、脳の老化を抑える効果があるので、DHAはアルツハイマー型認知症の改善に役立つ栄養素として注目されています。

給与量は1日1包(2g)をフードにふりかけて与えることができるでしょう。体重5㎏以下の犬は1/2の量を与えるようにしましょう。顆粒状なので、与えやすく10歳になれば予防の意味で与えている飼い主さんもおられるようです。

3.夜鳴きの改善にできること

夜鳴きは老犬の認知障害の症状のひとつと考えることができます。脳に刺激を与えることによって夜鳴きの症状が改善されたり、認知障害の進行を遅らすことができると言えるでしょう。日常生活においてどのようなことに気を配れば良いでしょうか?

1.日光浴させる

Red russian toy dog enjoying the sun

otsphoto/shutterstock.com

日光を浴びることによって体内時計をリセットしましょう。その結果、脳に良い刺激のリズムを与えることができます。

2.昼寝させないようにする

Small hound Beagle dog sleeping at home on the bed covered with a blanket

Kuznetsov Alexey/shutterstock.com

昼夜逆転してしまった場合、なるべく昼間に起こして体を動かしておくことが大切です。こまめに声をかけたり、おもちゃなどで遊ぶなど刺激を与えるようにしましょう。動くのが難しくなってきたら体の体位を変えることによって動かしてあげることもできるかもしれません。

3.積極的に運動させる

Border Collie plays in the beach

Reva Vera/shutterstock.com

筋肉の衰えや寝たきりを防ぐことは大切です。お散歩に出て外の匂いを嗅いだり、土の上や草の中を歩いたり、お友達と交流することは体と脳にとても良い刺激を与えることになるでしょう。

4.部屋の環境を整える

床を滑りにくい素材にする、クッション材などを使って部屋の角や家具の隙間を保護してお部屋の中を安心して動き回れるように整えてあげることも大切です。また、老犬は自律神経の機能が低下しているので室温に気をつけることも大切です。夏は涼しくあげ、冬は26~27°くらいで人が少し暑いと感じるくらいの温度が快適と言えるでしょう。

5.声かけをするように心がける

夜鳴きは不安が関係しているので、飼い主さんに構ってもらうことはとても良い刺激になります。こまめにコミュニケーションを取り、スキンシップしてあげることによって安心感を与えることができ、愛犬の気持ちも明るくなるでしょう。マッサージをして刺激を脳に与えてあげることも効果があります。

4.まとめ

シニア犬の夜鳴きに対処するためにサプリメントや飼い主さんとして愛犬の不安をどのように和らげてあげることができるのかをみてくることができました。夜鳴きは老化による認知障害や身体機能の低下に伴う不安、痛み、生活リズムの乱れといった様々な変化にともなって生じることがあります。

サプリメントを活用することによって脳内環境を改善したり、抗酸化作用によって症状を改善したりすることができると言えるでしょう。サプリメントは効果はそれぞれ犬によって違いますので様子を見ながら、使ってみることが大切でしょう。

飼い主さんが愛犬の不安を取り除くために積極的にスキンシップやコミュニケーションを取ることや生活環境を整えてあげることも大切です。集合住宅に住んでいると愛犬の夜鳴きはご近所さんとのトラブルにもなりかねませんので、早めに対処するようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

へー夜鳴きに効くサプリがあるんだね。うちの愛犬も夜鳴きを結構するんだけど理由がわからなくてほんとに困っている。まだ若いから認知ってことはないだろうけど、生活習慣の乱れかな。リラックス効果があるサプリは試してみたいかも。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー