愛犬の代謝改善にオススメ!「葉酸」配合サプリを調べました

愛犬の代謝改善にオススメ!「葉酸」配合サプリを調べました

2727
update

愛犬の健康を保つために食事や生活環境に気を配り、一緒に楽しい時間を過ごしたいものですね。食生活のバランスが重要となります。今回は葉酸が犬の健康に欠かせない理由と葉酸の含まれているサプリメントをいくつかご紹介したいと思います。葉酸を食事にプラスすることによって愛犬の健康を保つことにつながるでしょう。

2727
update

愛犬の健康を保つためには葉酸が欠かせないないことをご存知でしょうか。人間と同じように、愛犬の長生きと健康維持にも葉酸が欠かせません。葉酸は犬にはどのような働きがあるのでしょうか。

1.葉酸とは

Food rich in folic acid

photka/shutterstock.com

葉酸は水溶性ビタミンのひとつです。ビタミンには葉酸などの水溶性ビタミンと脂に溶ける脂溶性ビタミンの二種類があります。水溶性ビタミンには葉酸・ビタミンB1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビタミンCがあります。

脂溶性ビタミンにはビタミンA・ビタミンD・ビタミンEがあります。脂溶性ビタミンとは脂に溶ける性質を持っていて、尿に溶けて排出されるのではなく体内に蓄積されやすいのが特徴です。必要以上の量を摂取すると、ビタミンの過剰摂取になり、身体に悪影響を及ぼすことがあるので摂取量に注意が必要です。

葉酸は水溶性なので多く摂り過ぎても問題なし

水溶性ビタミンは水に溶けて尿と一緒に排出されやすいことが特徴です。葉酸やなじみの深いビタミンCも水溶性ビタミンなので、多量に摂取しても尿と一緒に排出されていくのでビタミン過剰にはなりません。もちろん適量を摂取することにこしたことはありませんが、摂取量に気を遣い過ぎる心配はありません。

体内に蓄積されないので、毎日バランスよく補給する必要があると言えるでしょう。葉酸は細胞の生成、DNAや赤血球生成をサポートする栄養素です。その他のビタミンも、ホルモンの合成やアミノ酸の生成、抗酸化作用、糖質をエネルギーに変えるなど、愛犬の健康に欠かせない栄養素と言えるでしょう。

2.犬にとっての葉酸の働きとは

Labrador retriever dog poops in the green park

SasaStock/shutterstock.com

犬にとっての葉酸の働きは、基本的には私たち人間と変わりません。赤血球の生成、心臓発作の予防、タンパク質を分解するための酵素の働きを助ける、妊娠時に赤ちゃんのDNAやRNAの合成をするということがあります。代謝に関する働きは、ビタミンCやビタミンB12がないと葉酸は活用することができません。

代謝改善可能

犬は体内でビタミンCを作ることができますので、葉酸だけしっかり摂ればしっかりと体内で代謝に関する働きをしてくれるということになります。葉酸などのビタミンが不足すると、舌や口腔内に炎症が起こることにつながることがあります。

また、ビタミン不足により赤血球の生成が阻害され、体重が減少したり、貧血が起きやすくなりますので注意が必要と言えるでしょう。ビタミンをバランスよく摂取することによって、他の栄養素の働きを助け全身の健康につながると言えるでしょう。

神経伝達系の正常化

葉酸と炭水化物を合わせて摂取すれば、脳や神経機能を正常化させる良い働きが期待できるそうです。脂質は、脳や筋肉の中でエネルギー源として働く栄養素ですが、脂質が原因の酸化を抑えるには、抗酸化作用の効果のある葉酸やビタミン類を積極的に摂ることができるでしょう。

母犬は、育児のストレスなどで神経が高ぶることがあります。健康状態も影響をうけて、毛艶も衰えることが見られるかもしれません。葉酸には神経を落ち着かせ、ストレスを緩和する作用があるそうです。また、細胞の生成作用から産後の回復もサポートしてくれますので、育児中の母犬に補ってあげたい栄養素と言えるでしょう。

3.葉酸の含まれているサプリメント

ペットショップや専門店では犬用のサプリメントが販売されており、葉酸やビタミン、ミネラル、天然酵母、カルシウムなど不足しがちな栄養が補えるように工夫されています。サプリメントを毎日の食事にプラスすることによって葉酸を補い、健康的な体を維持できるようにサポートしてあげることができるでしょう。ここからは葉酸の含まれているサプリメントをいくつかご紹介していきます。

1.ニュートリプラスゲル

  • ニュートリプラスゲル

犬の消化器系に過度の負担をかけることなく、必要なカロリー、ビタミン、ミネラルを補給することができるゲル状サプリメントのニュートリプラスゲル。はちみつやシロップ入りで嗜好性が高く、食欲不振、成長期、妊娠期、授乳期などに必要な栄養を総合的に補ってくれます。

給与量は1日体重5㎏あたり、10~20㎝のペーストを与えることができるでしょう。何も食べない犬は体重5㎏あたり20~40㎝与えることができます。食欲が回復する効果がみられた愛犬もいたそうですので、食欲不振の愛犬に試してみるのはいかがでしょうか。

2.ホカミックス30

  • ホカミックス30

100%自然素材で、犬に必要なビタミンと微量元素をバランスよく配合したサプリメントのホカミックス30。ペットとして飼育される以前、自然界の狼、野生の犬たちは肉食動物でしたが、体に必要なビタミン、微量元素及び酵素等を自然の植物から補給していました。

ホカミックスはすべて自然の植物ハーブを原材料として使用しています。ビタミン、微量元素が不足しているとアレルギー症、アトピー、皮膚のかゆみ、皮膚の老化、脂性肌症、皮膚炎、脱毛症、湿疹、乾燥肌、被毛の発育不足につながります。愛犬の皮膚や被毛のトラブルがみられるなら試してみるのはいかがでしょうか。

給与量は1日体重1㎏に対して1gを食事に混ぜて与えることができるでしょう。食事から栄養分をきちんと吸収して、最適に体の中で利用されるようにサポートしてくれるサプリメントと言えるでしょう。

3.ビタミン・ハーブブレンド

  • ビタミン・ハーブブレンド

熱に弱く、不足しがちなビタミンをしっかりと補給してくれるサプリメントのビタミン・ハーブブレンド。最高品質のビタミンとハーブをブレンドして毎日の食事に加えるだけで簡単に栄養価をアップしてくれます。ハーブをベースにビタミンや必須脂肪酸、アミノ酸、キレートミネラルなどを配合しています。

ビタミンの働きによってタンパク質、、脂質、糖質の栄養素が充分に力が発揮できるようになっています。さらに栄養分の消化・吸収がきちんとできるようにフラクトオリゴ糖を加えて効果を高めています。動物専門のハーバリストが作り上げたハーブサプリメントです。オレゴンティルスオーガニック認証の認定を受けた高い品質のハーブを使用しています。

給与量は1日体重14gにつき小さじ1杯(約2.3g)を目安に与えることができるでしょう。毎日の食事に混ぜて与えることができるパウダータイプのサプリメントです。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

私は美容に興味があるから葉酸の肌への影響は知っていたけど、体に与える影響は知らなかった。犬にも葉酸みたいなビタミンが必要なんだね。毛並みとかもツヤツヤになったりするのかな?ちょっと検討してみようかな。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー