愛犬のボケ・物忘れ対策!「アラキドン酸」配合オススメサプリ4選

愛犬のボケ・物忘れ対策!「アラキドン酸」配合オススメサプリ4選

3416
update

愛犬の痴呆対策として注目されている「アラキドン酸」!これは、オメガ6脂肪酸に含まれている脳内の神経を活発化させる効果です。EPA、DHAと聞くと青魚と結びつける人が多くなりましたがアラキドン酸と聞いて何かを思いつく人はまだまだ少ないかと思います。今回はこの「アラキドン酸」についてまとめてみました。

3416
update

アラキドン酸とは

Food sources of omega 3 and healthy fats, top view

colnihko/shutterstock.com

「脂質」は炭水化物、脂質、タンパク質といった三大栄養素の一つで効率の良いエネルギー源です。

そして「脂質」は大きく分けて『飽和脂肪酸』と『不飽和脂肪酸』に分けられ、それぞれの性質は全くといっていいほど違います。

飽和脂肪酸

常温でも固形になるものが多くバター、ラード、牛脂などの動物性の脂質です。摂りすぎると中性脂肪やコレステロールが増加し、高脂血症や動脈硬化の危険があると言われています。

不飽和脂肪酸

常温で液体になるものが多く、まぐろ、いわし、さんま、さば、サーモンなどの魚類やオリーブ油、ゴマ油、シソ油、グレープシード油などの植物油に多く含まれている脂質で、血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する働きがあるといわれています。

・不飽和脂肪酸 ざっくりと分けると『一価不飽和脂肪酸』と『多価不飽和脂肪酸』の二つに分けられます。

一価不飽和脂肪酸

Olive oil and olive branch on the wooden table

DUSAN ZIDAR/shutterstock.com

代表的なものはオリーブ油に含まれているオレイン酸などがあります。

多価不飽和脂肪酸

「オメガ3脂肪酸(n-3系)」と「オメガ6脂肪酸(n-6系)」の2種類があります。

ここまでの「オメガ3脂肪酸(n-3系)」にたどり着くまでの説明が長かったですがその後「オメガ3脂肪酸(n-3系)」は3つに分けられます・・・

オメガ3脂肪酸(n-3系)

Animal and vegetable sources of omega-3 acids as salmon, avocado, linseed, eggs, butter, walnuts, almonds, pumpkin seeds, parsley leaves and rapeseed oil

Evan Lorne/shutterstock.com

それは「EPA(エイコサペンタエン酸)」、「DHA(ドコサヘキサエン酸)」、「ALA(α-リノレン酸)」から構成されている必須脂肪酸です。

「EPA」、「DHA」は魚に多く含まれていることが知られていますし、「ALA(α-リノレン酸)」はアマニ油やエゴマ油などに含まれていることも多くの方はご存知だと思います。

オメガ6脂肪酸(n-6系)

リノール酸、γリノレン酸、アラキドン酸の3つに分けられます。

やっとここで今回のテーマの『アラキドン酸』にたどり着きました。では実際『アラキドン酸』にはどのような効果や効能が期待できるのでしょうか。

アラキドン酸の効果

omega 6

脳の活性化

アラキドン酸は脳の神経細胞の膜を柔らかくして、伝達物質がスムーズに往来し脳の発達に良いと言われます。こうした働きによって脳の働きが活性化することが期待できるようです。

アラキドン酸のそのような働きは子どもの脳の発達にも大きくかかわっていて

・記憶力 ・問題解決 ・言語能力

等の発達に大きくかかわってくる事が分かっています。実際ミルクにアラキドン酸が含まれているものもあるようです。

DHAとアラキドン酸を含有するミルクと、含有しないミルクでは、脳の記憶力や、問題を解決する能力、言語能力などに違いが生じることも研究によりわかっているようです。

また高齢者がアラキドン酸を指示通りに1か月摂取したら脳機能が改善したという研究成果もあるようです。

アルツハイマーの予防

Memory loss due to dementia or brain damage. Side profile of a woman losing parts of head as symbol of decreased mind function.

pathdoc/shutterstock.com

脳の機能向上、記憶力を高めるなどに加えてアルツハイマーの予防になる成分として注目も浴びています。

研究では痴呆症状が認められたシニア犬に対してアラキドン酸、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)含有のカプセルを6週間与え獣医師に判定してもらった結果、痴呆行動や異常行動が減少し、それが継続したといわれています。

アラキドン酸の効果がアップする相性の良い成分は?

Business economic and technology working concept. Woman hand using mouse pc double exposure graph money stock trading up trend green arrow bokeh background. Vintage tone filter effect color style.

Tonktiti/shutterstock.com

アラキドン酸の効果には記憶力の向上、学習能力のアップ、またアルツハイマーの予防など脳の活性化と関係があることがわかりました。しかし脂肪酸ということもあり過剰摂取するとやはり肥満傾向に向かってしまいます。

そこで効率よくアラキドン酸を摂取し摂りすぎなくても良いようにするためには一緒に摂ると良い成分があります。それがビタミンEやリノール酸、DHAです。

ビタミンEは抗酸化作用の強いビタミンですので、酸化しやすいアラキドン酸にとっては酸化を防ぐ強い味方になってくれます。

またリノール酸はわんちゃんの体内でアラキドン酸の合成を促進するサポートをしてくれます。DHA はアラキドン酸と一緒に物忘れを防止したり認知症の予防をしてくれるため効果は倍増します。

ぜひ、アラキドン酸配合のサプリメントを摂って愛犬と健やかな生活を送ってほしいと思います。

アラキドン酸配合の犬用サプリメント

Close up vitamins and supplements on white background with a brown bottle. Including Vitamin c, vitamin E, vitamin D3, salmon oil, fish oil and co enzyme Q10 capsules.

Saowanee K/shutterstock.com

酸化しやすい「アラキドン酸」を効率的に摂取するには、サプリメントで補うことがオススメです。

長い間家族(犬)と過ごすためにも、継続的に摂取させることで理解能力の低下を防ぐことができます。

Pet Health(ペットヘルス) ARA+DHA [動物用栄養補助食品]

  • ペットヘルス ARA+DHA

Pet Health(ペットヘルス) ARA+DHA [動物用栄養補助食品]は10歳を超えたシニア犬の脳の健康を応援するために作られた犬用サプリメントです。

アラキドン酸とDHA は人も犬も生きていく上では欠かせない重要な健康成分のためサントリーはいち早く着目し30年の研究で明らかにした成分です。

青魚の「頭が良くなる」成分で有名なDHAも愛犬の食習慣として積極的に摂ってほしい成分なためアラキドン酸とともに配合されています。また「アスタキサンチン」が配合されていますが「ビタミンE」を凌ぐ酸化防止パワーがあると言われている成分なのです。 DHA とアラキドン酸という酸化しやすい二つの成分のガード役として「アスタキサンチン」が配合されています。

若い時の愛犬は元気でいたずら好きだったけど最近ではすっかり落ち着いてきたなどと感じるかもしれません。しかしだからといって加齢のサインは見逃さないでください。「名前を呼んでもすぐに反応してくれない」、「夜中に意味なく吠えたりする」。「心なしか表情が乏しくなった」愛犬にそんな兆しが見え、愛犬の脳の健康を維持したいと感じたなら、『Pet Health(ペットヘルス) ARA+DHA』を試してみるのも良いかもしれません。

原材料&成分

・原材料

ARA含有食用油脂、DHA含有精製魚油、ゼラチン、グリセリン、ヘマトコッカス藻色素

・成分

ARA/53mg DHA/53mg アスタキサンチン/0.22mg ※アスタキサンチンは、ヘマトコッカス藻から抽出した天然カロテノイド色素です。

熱量/2.96kcal たんぱく質/0.15g 脂質/0.25g 炭水化物/0.03g ナトリウム/0~2mg 食塩相当量/0~0.01g カリウム/1mg以下 リン/1mg以下
出典:https://www.suntory-kenko.com/supplement/pet/91005/?fromid=pc_result_all_item

内容量

1回のみお届けは 60粒入り/約20~30日分 3,400円(税抜) 定期お届けコースになると割引特権があり、お得になります。

与え方

1日の目安は体重10kg未満2粒、10kg以上3粒程度。そのまま、または食事と混ぜて与えてください。

【タイプ】ソフトカプセル

アラキドン酸と DHA のダブルパワーに加えてアスタキサンチンのパワーを実感できるサプリメントだと思います。

脳内革命

  • 脳内革命

愛犬の夜泣き、徘徊、昼夜逆転、食べているのに痩せてくるなどといった加齢による問題行動に悩む飼い主さんにおすすめです。

オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、アルファピネンが主成分です。オメガ3脂肪酸にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタサン酸)が含まれていて脳神経細胞を保護してくれます。オメガ6脂肪酸に含まれているアラキドン酸によって、記憶や認知能力を高めてくれることが期待できます。

アルファピネンはミョウガに含まれている精油成分です。大脳皮質を軽く刺激しアルファ波の発生を増加する作用があり、リラックス効果が期待できます。また、発汗、呼吸、血液循環などの機能を促す作用もあります。

原材料&成分

・原材料

エクストラバージンオリーブオイル、月見草油、ティートゥリー、アカマツ・ヨーロッパ、被包材(ゼラチン、グリセリン)

・成分

4粒(1000mg)あたり
ω3脂肪酸:8mg、ω6脂肪酸:262mg、粗たんぱく質:23.5%、粗脂肪:67.3%、粗灰分:0.1%、粗繊維:0.1%、水分:6.1%
出典:https://item.rakuten.co.jp/daihukudou/sp-1-2011040403/

ソフトカプセルタイプ

インパクトのあるネーミングですが老齢犬のQOLサプリメントとして人気です!

ワイルドアラスカンサーモンオイル

  • ワイルドアラスカンサーモンオイル

ブランド名:Animal Essentials

こちらのオイルはオメガ3脂肪酸がセールスポイントとなっているもののオメガ6脂肪酸のアラキドン酸もしっかり入っています。

商品説明の前にまずは素材や成分値をご紹介したいと思います。

原材料&成分

・原材料

アラスカ産サーモンオイル、ビタミンE(d-α-トコフェロール)

・成分

小さじ1杯(5ml)中の含有量(38kcal/5ml)

粗脂肪 99%以上、水分 0.6%以下、オメガ3脂肪酸 30%以上/1395mg、DHA 14%以上/651mg、DPA 3%以上/140mg、EPA 12%以上/558mg、オメガ6脂肪酸 3%以上/140mg、AA(アラキドン酸) 0.6%以上/30mg

原産国: アメリカ
出典:https://www.green-dog.com/shop/products/detail.php?product_cd=ANESWASS-00

給与量 犬

体重11kg未満:小さじ1/2杯 体重11kg~22kg:小さじ1杯 体重22kg~34kg:小さじ1杯半 ※ペットの種類や大きさによって必要な量が異なりますので、それぞれに合わせて調節してください。

オイルタイプ

DPA、EPAに加えてアラキドン酸が成分値として記載されていることがわかります。

『ワイルドアラスカンサーモンオイル』に使われているサーモンは「良質のアラスカ産のサーモンのみを使用」しています」。アラスカでは、魚の養殖は法律で禁止されているため、魚介類はすべて天然物なのです。

また、アラスカのサーモン漁は、海洋管理協議会により、漁業が生態系を傷つけることなく長期間の操業が可能であり、種を絶やさないように乱獲を避け、魚たちの生息環境破壊や環境汚染への配慮をしている「サステイナビリティ」であることが認証されています。

セールスポイントであるオメガ3脂肪酸はもちろんたっぷり入っていますし、サーモンを使っているので「アスタキサンチン」もたっぷりです。

「アスタキサンチン」とはサーモンやイクラなどに含まれる天然の赤い色素で、ビタミンEの約1000倍ものパワーをもつといわれています。サーモンは、産卵の時期になると力強く川を上っていきますが、 そのエネルギーの源は身に蓄えられている「アスタキサンチン」といわれているくらいパワーのある成分です。

品質への徹底したこだわりを実現するため、オイルの加工時と充填時に、窒素を用いてオイルの酸化を防いでいます。また、紫外線も透過させないボトルを使用しているので絞りたてのフレッシュなサーモンオイルを保つことができるように心がけていることがわかります。

ドライフードや手作り食など、いつものごはんにかけるだけのオイルタイプです。カプセルタイプではないので口から出すこともなく自然な形で取り入れることができるタイプです。

ワンラック ゴールデンドッグミルク【国産品】

アラキドン酸の効果のところで「アラキドン酸が粉ミルクに含まれているものがある」と書きましたが、わんちゃん用のミルクにもアラキドン酸が含まれているものがあります。まだサプリメントを飲むことができないような子犬にはアラキドン酸配合のミルクを選んであげるのも良いかもしれません。

原材料&成分

・原材料

乳たんぱく質、動物性脂肪、脱脂粉乳、植物性油脂、卵黃粉末、ミルクオリゴ糖、乾燥酵母、ph調整剤、乳化剤、L-アルギニン、L-シスチン、DHA、ビタミン類(A,D,E,B1,B2,パントテン酸,ナイアシン,B6,葉酸,カロテン,B12,C,コリン)、ミネラル類(Ca,P,K,Na,Cl,Mg,Fe,Cu,Mn,Zn,I,Se)、ヌクレオチド、香料(ミルククリーム)

・成分

たんぱく質・・・35.0%以上、脂質・・・34.0%以上、粗繊維・・・0.3%以下、灰分・・・7.5%以下、水分・・・5.0%以下、代謝エネルギー(ME)・・・552kcal/100g
出典:http://www.morinyu-pet.com/product/dog-milk/

商品特長

食品原料のみを使用した、幼犬(哺乳器・養育期の子犬)用の特殊調製粉乳(総合栄養食)ですが、成犬にも利用することは可能です。

体の発育や健康のためにドコサヘキサエン酸(DHA)を強化し、アラキドン酸(ARA)を含有しています。

乳糖を調整してあり、おなかに優しいミルクです、またビフィズス菌を増やすミルクオリゴ糖が配合されています。加えて、種々の生理機能のあるヌクレオチド(核酸)を配合し強化した設計になっています。

ミルクで育てなければならないわんちゃんが家に来た時には健やかに育つことを願いつつアラキドン酸が配合されているミルクで育ててあげてください。

まとめ

今回は「アラキドン酸」を調べてみました。私たち人間の体に必要な栄養素である「オメガ6脂肪酸のアラキドン酸」は愛犬にとっても必要な栄養素です。「アラキドン酸」を是非愛犬の健康管理の一つとして試してみるのも良いかもしれませんね。

『ソフトカプセル』、『オイルタイプ』など サプリメントといっても色々なタイプがあり愛犬が摂取しやすい形状のものを選んでも良いかもしれませんね。

最近では「犬にも予防医学を」という考え方をする飼い主さんが増えてきています。大きな病気につながる前にサプリメントは必須アイテムかもしれません。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

アラキドン酸は知らなかった!!ぼけにもいいんですね。赤ちゃんの時からあげたりするものなんだ。人間にもいいなら、ワンちゃんにもいいのかな。最近はいろんなもんがあるんですね!

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー