愛犬が特定の人に吠える理由を解説します!

愛犬が特定の人に吠える理由を解説します!

2597
update

なぜか愛犬に吠えられてしまうという経験をしてしまったことはありませんか?家族の中でも特定の人だけにだけ吠えるということがおきるのはどうしてなのでしょうか。愛犬にとって違和感を感じる原因となることがあるのでしょうか。犬の心理について知ることによってその状況を改善できる方法が見つかるかもしれません。

2597
update

犬が家族の特定の人に吠える理由

Cute barking dog not aggressive on leash

alexei_tm/shutterstock.com

愛犬にとって苦手だと思う特徴があると、たとえ家族であっても怯えたり苦手な人と思われてしまうことがあるようです。それでは犬が家族の特定の人に吠えるのはどうしてなのかその心理を幾つか見ていくことにしましょう。

1.その人のことを家族と思っていない

一見同じように見えても実は愛犬にとってはその人は「家族以外」と見なされていて吠えることがあります。例えば、仕事が忙しくて家にいる時間が極端に少なかったりすると、犬はその人が同じ家に住んでいるとは認識していないということがあります。

あまり顔を合わせることがないので、他の家族とは違うと思い込んでしまい、外から来る人間として認識してしまうことがあります。また、家族であれば一緒に散歩に出かけたり、遊んだりすることもあるでしょう。しかし、そういう機会が少ない場合は、やはり家族として認識しなかったりします。

犬はお客さんが来ると吠えるように「外から人が来た」と思っているので、愛犬は警戒してその人ばかりに吠えるということがおこるのです。愛犬にとっては家族ではないので、吠えてしまうことはある意味当たり前のことかもしれません。

2.以前に嫌なことをされた

以前に嫌なことをされたことを覚えていると、警戒心を解くことができないためその人にばかり吠えてしまうことがあります。

例えば、汚れてしまったからシャワーを浴びせようとしたりすると、その時に嫌な思いをしたことを覚えていることがあります。そしてその人を見ると思い出して、吠えてしまうことがあるのです。

他にも予防接種に連れて行こうとしたり、旅行に行くからペットホテルに預けようとして連れて行ったりしていたら、きっとその人の思い出がいつも嫌なことと結びついてつながってしまったりするでしょう。

せっかく愛犬のためにしたことが、マイナスなイメージを残してしまっているのです。また、しつけとして悪いことをした時に叩いたりすると嫌な記憶になります。

「この人が近づいてきたら、嫌な思いをする」そんな風に犬の頭の中にインプットされてしまっているのかもしれません。だからつい、家族だとしても自分を守ろうとして警戒心から犬はその人ばかりに吠えてしまうということになるのかもしれません。

3.「この人は生理的に嫌だ」と思っている

犬に対する扱いが雑で荒っぽかったり、大きな声を出したりする人は、犬だけに限らずすべての動物に嫌われてしまう傾向にあります。

犬は人間が思っているよりも繊細なところがある生き物です。犬のそばで大きな声でゲラゲラ笑ったりすれば、犬は平静さを装っていても実は内心はイライラしていることがあります。

また、せっかくスキンシップを図ろうと思って構ってみても、あまりにも雑な扱いは犬にとって決して居心地の良い時間にはなりません。それで、犬は「この人のことは嫌い」と感じていることを吠えることで伝えていると言えるでしょう。

よくある例としては、犬は子どものことを嫌うことが挙げられます。

甲高い金切り声を出したり、急にぎゅっと触ってきたりするので、犬にとっては居心地が良くないのです。犬だけでなく動物を扱う際にはくれぐれも注意を払うようにしましょう。

急な動きや大きな声、甲高い声などは犬を刺激してしまう可能性があります。犬と仲良くなるためにも、犬が嫌がるような行動を避けるように気を配るようにしましょう。そうすれば、むやみやたらに犬が吠えることはなくなるでしょう。

4.その家族のことを格下に見ている

A gold retriever, chinese crested dog and a bulldog on a winners podium isolated on white background

Ljupco Smokovski/shutterstock.com

犬は家族に対して序列をつけることがあります。そして自分よりも下だと思ってしまうと、その人に対して吠えてしまうことがあります。

例えば、家の中でお母さんやお父さんには吠えないのに、子どもにだけはワンワン吠えるというような場合、子どものことを自分よりも下のポジションだと思っています。

ご飯をくれるお母さんや家族の中心にいるお父さんのことは、ちゃんと自分より上だということが分かっているのです。それで、自分よりも上のお母さんやお父さんに対しては従順に従いますが、子どもたちに対しては自分と一緒としたり、それよりも下に位置すると思っていたりします。

自分より上の人か下の人かによって、犬は態度を変えるのです。

家族の中でなぜかその人にばかり吠える場合、もしかしたら犬は自分のほうが立場が上であるとその人に示すために吠えていることが考えられるかもしれません。

自分が犬の思っているポジションの中でどの位置か認識できると犬の気持ちを理解することができるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

家族の中でもワンちゃんなりに感じることやポジションなどを取っているんですよね。

ワンちゃんはよく人間のことをみて分かっていますから、吠えないように時間をかければ分かってくれると思います。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー