長崎県長崎市の動物病院とは?知っておくと便利です!

長崎県長崎市の動物病院とは?知っておくと便利です!

2867
update

ペットは室内飼いをしていれば安心なんてことはありません。室内飼いでも病気になったり怪我をしたりすることはあります。あなたは長崎県長崎市にある動物病院を把握していますか?今回は、長崎県長崎市にある動物病院を紹介します。

2867
update

病院はどこにある?

Cute dog is being examined by the beautiful female veterinarian, his handsome guardian is near

VGstockstudio/shutterstock.com

突然怪我をしてしまったり、突然病気になってしまったり、思わぬことが起きるのは人間だけではありません。

どんなにペットを気にかけて生活していたとしても、「まさか」の出来事は起こることがあります。

飼い主自身で手当てが出来る程度であればいいのですが、いつもその程度で終われるとは言い切れません。

時には飼い主にもわからないような病気になってしまうこともあります。

そんなときに頼りになるのが動物病院ですよね。

動物病院であれば、飼い主には出来ない治療もすることが出来ますし、見落としてしまう病気のサインも見つけてくれます。

動物は言葉を発することが出来ないからこそ、何か異変があった時だけではなく日頃から動物病院のお世話になっていると小さな病気も早めに発見することが出来たりします。

そのためには、どんな動物病院がどこにあるのか、というのを知っておかなければいけません。

今回は、長崎県長崎市にある動物病院を紹介します。

たけがわ犬猫病院

takegawa-ah.com

長崎県長崎市にある動物病院1つ目は、「たけがわ犬猫病院」です。

たけがわ犬猫病院は、長崎県長崎市東町にある動物病院です。

主に犬・猫の診療全般ですが、小動物などの診療も行っています。

適切な治療を行うことができる環境を整えており、飼い主のどんなに小さな心配事にも納得してもらえるまで説明・話し合いを行うことを心がけています。

散歩などのついでに気軽に立ち寄ってもらえるような、アットホームな動物病院を目指しています。

長崎・諫早という地域で飼い主と動物たちから信頼され、頼られる存在であるよう心掛けています。

病気やケガの治療はもちろんのこと、犬・猫のしつけや健康管理、病気の予防に関する相談・アドバイスなど動物に関する小さな心配事にも対応します。

清潔感があり、広々とした待合室で日差しが心地よく入って来る待合室は、飼い主と動物たちが落ち着いてゆっくりと診察を待ってもらえる造りとなっています。

待合室には、 抜け毛時期のワンちゃんやネコちゃんのために、抜け毛取りも置いてあります。

優しい気持ちと笑顔でお迎えする広々とした受付では、いつも優しい気持ちと笑顔で接しています。

また、パソコンを活用してスピーディーに対応しています。

清潔感がある診察室では、動物たちの体調の診察、診察結果の報告などを行います。

たけがわ動物病院では、猫8頭まで、犬10頭まで入院可能です。

入院室では獣医師・看護師たちがしっかりと体調を管理するので、安心して大切な動物たちを預けられますよ。

薬剤室・フード室では、ワンちゃんやネコちゃんの肥満や食物アレルギーなど、様々な症状に 配慮した食べ物を獣医師が厳選して取り扱っています。

処置検査室は、ICU完備で緊急時でも即座に対応します。

ここであらゆる病気などの処置を実施することが出来ます。

また、呼吸困難を起こした時には必要不可欠な酸素吸入も常時実施できる体制を取っています。

施術室では、確かな技術と冷静な判断で手術を実施します。

あらゆる設備を取り揃えており、不足の事態にも対処できるよう万全の体制を取っています。

目に見えない症状もバッチリ整理、整頓された画像診断室では、レントゲン、エコー、心電計を使って目に見えない症状も診断することが出来ます。

近年、医療の発展に伴い犬の寿命も伸び、今までかかることの無かったガン等の病気にもかかるようになっており、その様な病気に対処するため、たけがわ動物病院では新しい設備を積極的に導入しています。

血液一般検査器は、血液中の赤血球や白血球の数などを測定します。

血液生化学検査器は、肝臓や腎臓などの内蔵の機能的な検査をします。

血液凝固系検査器は、血液中の凝固機能の測定を行ないます。

CRP測定機器は、C反応性蛋白の定量を行います。

検眼鏡・耳鏡は、眼、外耳道の詳細をライトをあてることで検査します。

生物顕微鏡は、血液中の細胞の形や種類、尿やうんちの状態を直接眼で観て確認します。

スリットランプは、スリット光を用いて、角膜・前眼房・水晶体の状態を観察します。

内視鏡検査機器は、口から挿入し、食道、胃、十二指腸の状態と肛門から挿入し大腸の状態をカメラで撮影し、粘膜の組織検査も行います。

超音波画像診断装置は、一般にエコーと呼ばれ、腹部臓器や心臓の動きなどの断面像を用いて画像診断します。

デジタルX線画像診断システム+透視装置 は、X線撮影後、画像をデジタル化することにより、診たい画像を自動表示し、安定した高画質画像を見ることが出来ます。

ICU装置は、モード設定、温度設定によりコンピューター自動制御し、液晶画面によりケージ内環境を表示します。

マルチモニター機器は、麻酔中の心拍、呼吸、血圧、体温、麻酔ガス濃度、酸素飽和度、二酸化炭素濃度等をモニタリングします。

動物用輸液ポンプ機器は、時間当たりの点滴量やトータル量を設定して輸液管理をします。

マイクロハイスピードドリルシステムは、高速回転によって、切歯や骨を削ることが可能になります。

回転速度、トルク、正逆回転方向、変速ギア比などプログラムすることが可能です。

吸入麻酔器・人工呼吸装置は、手術時において、全身麻酔と自動的な呼吸管理を行うことが可能です。

超音波手術システムは、超音波の振動による摩擦熱により、組織の凝固・切開・乳化吸引を行ない、手術の迅速化をはかります。

整形外科用電動ドリル機器は、骨折の手術時に、折れた骨を金属を用いての固定や、骨を削ったりする時に使用します。

レーザー照射器は、皮膚より、患部の痛みや炎症を緩和するために使用します。

電気メス機器は、手術時に、電気の力で切開や止血を行います。

動物用歯科用ユニットは、歯石除去、低速回転による歯の研磨、洗浄、乾燥、高速ドリルによる切歯を行います。

ガス滅菌器は、炭酸ガスを用いて、器具の滅菌を行います。

これだけ設備が揃っていると、ペットの診察をきちんとしてくれる、どんなことでもお任せすることが出来るという安心感が得られますよね。

ドクターはもちろんのこと、スタッフも親しみやすい方ばかりなので、ペットの施術だけではなく料金面でも相談にのってくれます。

  • たけがわ犬猫病院
    ワンちゃんへ怖くないように工夫されています!
    ワンちゃんへの悩みがある場合は、気軽に相談して見てくださいね!
詳細はこちらから

長崎動物病院

www.nagasaki-ac.com

長崎県長崎市にある動物病院2つ目は、「長崎動物病院」です。

長崎動物病院は、長崎県長崎市大井手町にあります。

1970年3月に長崎市内に開院し、御家族の一員であるワンちゃん・猫ちゃんたちの健康な生活を送る一助となるべく努力しています。

1999年より、東彼杵郡川棚町に開院した「長崎どうぶつ病院」には、ドクターの長男の獣医師が、機械設備を充実させ高度な獣医療を提供しています。

そのため、必要に応じて川棚へ搬送して対応しています。

診察の対象は、犬・猫です。

また、ペットを連れていくことが出来ない、移動手段がないため来院することが難しいなどといった飼い主のために往診サービスを行っています。

ただし、手術の場合やお住まいの地域によっては受付出来なかったり、処置や保険などにおいて十分な診療が行えない、 予約制になっているなどの条件はあります。

しかし中々病院に足を運ぶことが出来ないと言う人は、病院に行くことを諦めないで、このサービスを活用して下さいね。

また長崎動物病院ではトリミングも対応しており、対応犬種は小型犬から大型犬まで幅広いです。

ただし大型犬種は、対応犬種であってもバスタブに入りきる大きさまでの対応になりますので、対応出来ないワンちゃんもおり注意が必要です。

シャンプーコースには、爪きり・耳そうじ・ひげカット・足裏バリカン・肛門腺しぼりが含まれます。

トリミングコースには、シャンプーコースに全身カットが含まれます。

オプションには、ハーブパックがあります。

ハーブパックは、ワンちゃん独特の臭いを消すことが出来たり、毛をふわふわにすることが出来たりと、多くのトリミングサロンで扱っているものです。

美容としてはもちろんのことですが、健康にもいいとされているパックなので、トリミングの際にはハーブパックにも注目してみて下さいね。

長崎動物病院には、様々な医療器具が揃っています。

動物用血液凝固分析装置は、動物用の血液凝固分析装置です。

手術前の止血能力のチェックやDIC等の診断に有用です。

超音波診断装置は、超音波ビームにより体内のリアルタイム断層像を見ることができます。

肝臓や胃腸などの内蔵の様々な異常を発見します。

また、カラードップラー検査により心臓の詳細な検査も可能です。

血液生化学分析装置は、血液中の微量酵素や電解質等を測定し、肝臓や腎臓をはじめとした主に内臓系における病気の有無を検査することが出来ます。

全自動血球計数装置は、血液中の赤血球、白血球、血小板などを測定します。

白血球は3分画の分類も可能です。

内視鏡診断装置は、消化管の内部の観察や、組織の採材を行うことにより、下痢や嘔吐などの消化器疾患の診断を行います。

動物に多い異物の発見や摘出にも有用です。

2.8mmの極細径スコープにより、今までは不可能であった、尿道・膀胱等の泌尿器科、鼻腔・気管支等の呼吸器科の検査も可能となりました。

全身麻酔装置は、猫・小型犬から大型犬まで様々な体重の動物に対応した人工呼吸機能付き麻酔器です。

安定した呼吸管理を行います。

動物用生体情報モニターは、麻酔中の様々な情報をモニターでき、安全な麻酔を行うことが出来ます。

手術用レントゲン透視装置は、手術中にあらゆる角度からレントゲン透視撮影を行うことが出来ます。

特に、血管系や整形外科の手術に力を発揮します。

超音波凝固切開装置は、人間の腹腔鏡手術でも使用れされている最新の超音波メスです。

これにより、従来のメスを使用した手術法に比べ、手術時間と麻酔時間の大幅な短縮、出血の減少と低侵襲性があります。

電動式骨手術装置は、主に整形外科手術に使用するストライカー社の最新電動マイクロドリルです。

動物用血液透析装置「NCU-A」は、農林水産省承認の動物専用血液透析装置です。

従来の血液透析装置では難しい除水コントロールが可能になったことに加え、ヒト個人用透析装置 同様に本体内で透析液濃度を調整し、透析を行うことが出来ます。

還流後はそのまま排水を行うシングルパス方式を採用し、より効率的な血液透析が行えます。

手術用顕微鏡は、ドイツのカール・ツァイス社製外科用顕微鏡です。

血管や尿管縫合など肉眼では視認不可能なマイクロサージャリーに用いられます。

  • 長崎動物病院
    詳しい検査等も行うことができますよ!
    何か困ったことは、聞いてみてくださいね!
詳細はこちらから

定期的に通おう

長崎県長崎市にある動物病院を紹介しました。

設備が整っている動物病院は、何かあった時だけではなく日頃の健診にも利用することが出来ますよね。

大切なペットの健康をいつも守れるように、動物病院には定期的に通うようにしましょう。

1 名無しさん
通報

相性の合う病院を見つけておかないとなぁと思ってます。相性の合わない病院に連れて行くと、わんちゃんに負担をかけちゃいそうなので、そうならないように合う病院を見つけてあげたいんです。そして、見つかったらそこに定期的に通いたいです。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー