悩みも解決!香川県高松市にあるおすすめの動物病院

悩みも解決!香川県高松市にあるおすすめの動物病院

2744
update

香川県高松市には様々な動物病院があります。動物病院は、ペットが怪我をしたり病気をした時にだけ行く場所ではありません。そこで今回は香川県高松市にある動物病院を紹介します。

2744
update

動物病院は知っておくべき場所

Horizontal shot of a handsome cheerful young male veterinarian smiling to the camera holding an adorable puppy copyspace emotions profession occupation job employment worker pet care medicine.

Nestor Rizhniak/shutterstock.com

病院というと、人間でも頻繁に行きたいとは思わない場所ですよね。

ちょっとした怪我や病気なら家で治せるからと思ってしまいませんか?

動物病院も動物たちにとってはあまり気の進まない場所ではあるので、ペットのために定期的には行かないという人も少なくありません。

しかしいくらペットが、そして飼い主が好きではない場所であったとしても、動物病院は定期的に通うことをおすすめします。

特にペットが怪我をしていたり、風邪をひいたりしていなくても、連れていって下さい。

それは何故かというと、ペットは言葉を発して飼い主に伝えることが出来ないからです。

また、人間とは違う病気になることもあるので、飼い主が見ただけではわからない病気もたくさんあります。

定期的に通うことで、病気の早期発見に繋がり、ペットの健康を守ることが出来ます。

香川県高松市のどこに動物病院があるのかわからないという人は、これから把握するようにしましょう。

今回は、香川県高松市にある動物病院を紹介します。

かわにし動物病院

kawanishi-ah.com

香川県高松市にある動物病院1つ目は、「かわにし動物病院」です。

かわにし動物病院は、香川県高松市三谷町にあります。

明るく清潔感のある院内環境を心がけており、診療対象は犬・猫・ウサギ・ハムスター・モルモットなどです。

ワンちゃんや猫ちゃんだけではありませんので、ハムスターなどの小動物を飼っているという人でも気軽に足を運ぶことが出来ます。

身近な動物病院を目指しており、飼い方やご飯の相談、体重測定、爪切りなどお散歩の途中や近くを通りかかった際でも気軽に入れるように心がけています。

大切なペットと元気に生活していくためにはまずは病気にならないようにすることですが、そのためには日頃のケア、健康チェックが大事です。

定期的な健康診断やご自宅でも出来る日常の健康チェックも用意しています。

病気になってしまったらその時には早期の治療が大切です。

物を言わない動物たちの一番の理解者は飼い主です。

どこかいつもと様子が違うなと感じたら些細なことでも気兼ねなく相談すると、その子に合った最適な治療を見つけ出してくれます。

かわにし動物病院には、外待合があります。

病院の中が苦手な子や他の動物たちと触れ合うことが苦手な子など様々な理由で中の待合室では待てない場合もありますよね。

そんな子のために外待合を作っており、順番が来たらきちんと呼んでくれますので、外待合室にわんちゃんと一緒にいても安心です。

中にある待合室は、白をベースにした明るい雰囲気の待合室になっています。

診察室1では、一般的な診察はこちらで行い、診察室2は超音波検査、眼科検査用の部屋になっています。

広めの部屋と調光が出来るようになっています。

処置室では、血液検査をはじめ、各種検査ができるように検査機器を設置しています。

簡単な処置もこちらで行うことがあります。

レントゲン室では、体の外からでは分からない骨や内臓の検査を行います。

撮影後は、診察室のモニターで説明します。

手術室は、麻酔中の体の状態をモニターできるよう設備を整えております。

手術後や病気で入院の際は、入院室で対応します。

入院中もペットをしっかりと守ってくれるので、飼い主は安心して下さいね。

かわにし動物病院には、様々な診断治療機器も整っています。

FCRは、レントゲン撮影画像をデジタル化して保存することが出来ます。

撮影した画像を拡大、回転させることができ、撮影後は診察室のモニターに映して検査結果を説明します。

オートクレーブは、手術に使う道具などを滅菌して清潔にする機械です。

スリットランプは、眼の検査に使うもので、角膜の傷や炎症、水晶体の検査など前眼房という眼の表面に近い領域の検査が出来ます。

血球計算機は、貧血や感染症の可能性がないか調べる機械です。

生化学検査機は、血液中の成分を調べ、臓器の異常を把握する機械です。

超音波スケーラーは、歯石の除去に使用するもので、麻酔をかけて行うことで通常では出来ない歯の裏側や奥歯まで口の中全体の歯石を落とすことが出来ます。

超音波検査装置は、レントゲンでは見ることのできない臓器の構造や心臓、腸などの動きを検査することが出来ます。

麻酔モニターは、麻酔中の体の状態を把握する機械です。

心拍数などの心臓の状態や呼吸の状態、血圧、体温などをしっかりと管理しながら麻酔をかけることが出来ます。

診察室の設備だけではなく、手術室の設備もしっかりしているので、大きな病気になってしまったり怪我をしてしまったりした時も対応することが出来ます。

ペットたちにもただ痛みを与える治療をするのではなく、しっかりと病気を治すことを目的とした治療で、痛みをなるべく軽減させてあげられるようにしてくれます。

なので、ペットたちからみてもドクターを信頼することが出来ると思います。

  • かわにし動物病院
    病院嫌いにならないようにいろんな工夫がされていますよ!
    明るくきれいな病院なので、わんちゃんも安心!
詳細はこちらから

たまも動物病院

www.tamamo-ah.jp

香川県高松市にある動物病院2つ目は、「たまも動物病院」です。

たまも動物病院は、香川県高松市本町にある動物病院です。

ペットにとって動物病院はあまり良いイメージがないと思いますが、こちらは「その子の性格に合った診察」、「痛みを最小限にした処置・手術」、「入院時の細やかなケア」など一人ひとりが動物のことを一番に考え行動します。

その積み重ねで、ペットが通いたくなる病院を目指しています。

診療対象動物は、犬・猫・ウサギ・フェレット・ハムスターなどです。

診察ではまず、体重測定を行います。

体重管理はペットの健康管理にとても重要です。

急激な体重の増減は病気のサインとも言われていますので、体重を測りそのサインを見逃さないようにしています。

顔・眼のチェックでは、顔面の対称性・眼球・眼瞼などをチェックしていきます。

眼球に異常がある場合、詳しい眼科検査を行います。

口腔内のチェックでは、歯石・口内炎・腫瘍などの有無をチェックしていきます。

ペットの高齢化が進み、予防歯科の重要性が高まっているため、このチェックは欠かせません。

高齢のペットだけではなく、パピーのペットたちにも行っていますよ。

耳のチェックは、過剰な耳垢や、炎症がないかを見ていきます。

耳を掻く、頭を振るなどの症状は外耳炎の可能性があります。

必要に応じ、耳垢検査を行い耳道洗浄を行います。

爪切り・足裏の毛切りは、爪切りをしながら爪の状態・足裏をチェックしていきます。

感染による炎症・しこりがないか観察します。

伸びすぎた足裏の毛は、歩行時に滑る原因となります。

室内犬や老犬の爪や足裏の毛の伸びすぎには注意した方がいいですよ。

体温測定は、体温を測定し、動物のコンディションを把握します。

高熱・低体温は緊急性疾患の可能性があります。

肛門嚢しぼりは、肛門嚢から肛門腺液をしぼります。

通常は排便時に出ますが、肥満犬や老齢犬では出にくくなっていることがあります。

同時に、肛門周囲の皮膚やしこり、ヘルニアなどを見ていきます。

聴診では、心臓の雑音や不整脈、心拍数、肺音などを聴いています。

必要に応じ、超音波検査、レントゲン検査などを行います。

触診では、皮膚病がないか、腹腔内腫瘤、皮膚腫瘤、リンパ節の腫脹などを診ていきます。

また、関節の動きや、神経の異常がないか、痛みがないかを調べていきます。

診察は以上になりますが、細かく様々な部分もチェックしてくれていますよね。

たまも動物病院は検査機器も揃っています。

動物用生化学自動分析装置は、肝臓や腎臓の機能や、血糖値、電解質などを測定します。

病院で測定できるので、緊急時にも迅速に対応できます。

超音波検査装置は、超音波のはね返りを利用して、心臓や腹部臓器異常を調べます。

COAG2NVは、血液の凝固を調べる器械で 、主にDICという様々な原因により血が止まらなくなる病気を調べるときに使用します。

院内で迅速に調べることにより早急に措置出来るようになりました。

小動物専用X線診断装置・デジタル画像診断システムは、レントゲン検査により、外からでは分からない心臓・肺・腹部臓器・骨折などを見ることが出来ます。

動物用自動血球計数装置は、赤血球数や白血球数、血小板数などを測定します。

微量の血液で測定できるので動物に負担がかかりません。

手持眼圧計は、動物に負担をかけずに眼圧を測定します。

緑内障・ブドウ膜炎などの診断に使います。

アントセンスⅢは、血液1滴で血糖値の測定が可能です。

糖尿病のコントロール時に使用します。

アルファトラック2グルコースメーターは、犬や猫の簡易血糖値測定器です。

少量の血液(0.3μL)ですばやく測定することができ、動物の負担を最小限に抑えます。

診察台の天板には、人工大理石を使っています。

また、天板が床の近くまで下がるので、大型犬でも楽に乗り降りできます。

尿化学分析装置は、尿検査の時に使用し、尿タンパクや尿糖、pH、潜血などを調べます。

フルデジタル電子内視鏡システムは、人間でいう胃カメラです。

レントゲンではわからない胃や腸の粘膜面の観察や、異物や病変の採取を開腹せずに出来るようになりました。

クリヨペンXは、皮膚にできたイボを凍結させ脱落させる機器です。

このペンの先から液化亜酸化窒素ガスを発射させ、イボを-89℃で凍結させます。

痛みが少なく、全身麻酔の必要がありません。

イボの大きさにもよりますが、2~3回の照射でイボが小さくなります。

超音波式ネブライザは、超音波で霧を発生させ、薬剤を肺や気道内に到達させます。

感染性の鼻炎やケンネルコフ、喘息などに使用します。

動物用生体情報モニタは、心電図、血圧、体温、SpO2、ETCO2などのバイタルサインを確認し、術中・術後の管理を行います。

前十字靭帯断裂手術器具は、前十字靭帯断裂手術に特化した手術器具です。

ビバエースは、1台で、スケーリング、ポリッシング、歯内治療など一通りの歯科処置を行うことが出来ます。

様々な設備が揃っているからこそ、ここにくれば安心してペットを任せることが出来ますね。

  • たまも動物病院
    丁寧に診察をしてくれて、無理強いをすることもないです!
    ワンちゃんへ不安がないようにしてくれます!
詳細はこちらから

ペットと長く一緒にいるために

香川県高松市にある動物病院を紹介しました。

ペットと1日でも長く健康で一緒にいられる時間を作るためには、しっかりと動物病院を把握し定期的に連れていくことが大切です。

今は健康だというペットも、香川県高松市の動物病院に足を運んでみて下さい。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

様々な機器がある病院に行きたいです。いろいろな機器があることで、治療や検査の質が上昇し、より深く切り込んだ対応をしていただけると思います。できる検査に幅が出にくいということもあると考えると、そうした点も良いなと感じられます。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー