困った時にはここで。兵庫県宝塚市にある動物病院のご紹介!

困った時にはここで。兵庫県宝塚市にある動物病院のご紹介!

2364
update

ペットに対して悩みや不安がある時にかけつけられる場所、それは動物病院です。兵庫県宝塚市には様々な動物病院があります。その中でも特におすすめしたい兵庫県宝塚市の動物病院を紹介します。

2364
update

動物病院は飼い主の味方

Veterinarian cuddling husky dog in clinics

Pressmaster/shutterstock.com

ペットは自分の体の異変を飼い主に伝えることが出来ませんので、飼い主自身が異変に気付いてあげなければいけません。

しかし、どれだけ長くペットと一緒にいてもペットの異変にすぐに気付いてあげることが出来る人は少ないと思います。

「どうしたのだろう?」と思うことはあっても、あまり重症だとは思わない人も多いんですよね。

ですが、そんな時でも動物病院に連れていくことをおすすめします。

早期発見・早期治療は動物たちにとってとても大切なことです。

また、飼い主がペットに対して悩みがあるという場合も動物病院に行きましょう。

病院では、飼い主の悩みや不安を解消することが出来ます。

動物病院は、飼い主が思っている以上にペットを飼っている人にとってとても大切な場所なんです。

困っている飼い主に対して手を差し伸べてくれる場所です。

そこで今回は、兵庫県宝塚市にある動物病院を紹介します。

ココロよしざき動物病院

ah-cocoro.com

兵庫県宝塚市にある動物病院1つ目は、「ココロよしざき動物病院」です。

ココロよしざき動物病院は、兵庫県宝塚市高司にあります。

心、気持ちを持って、インフォームドコンセントに基づき、一次診療から高度医療までよりよい治療が提供できるよう、各分野の専門医と連携を取り合いながら診療を行っています。

獣医療は人医とおなじく日進月歩で進化しており、 さらに上を目指した最新の医療を提供できるよう各学会や研究会にも積極的に参加して、日々の診療に反映させています。

特に外科、整形外科、口腔外科、循環器内科には力をいれており、他院からの紹介にて来院する方もいます。

初診時には、出来るだけペットのことを一番よく理解している方の来院をお願いしています。

代理の方の場合だと、治療内容・費用などの決定をしてもらえない場合があります。

ペットに関しての情報、生年月日・ワクチンの証明書・フィラリアやノミなどの予防薬投与履歴・今までにかかった病気や怪我とその通院記録・かかりつけの病院名などは多ければ多いほど治療がしやすくなりますので、些細な情報でも持っていくことをおすすめしています。

基本的には予約の必要はありませんが、避妊去勢手術、歯科処置など麻酔が必要な処置、CT、院長診察などの場合は予約をお願いしています。

また、ココロよしざき動物病院では、縫合糸肉芽腫の発生を予防するためにシーリングシステムを使用しての不妊手術を推奨しています。

シーリングシステムは、縫合糸を使うことなく血管を処理する機械で、約7mmまでの血管を処理できます。

これらのシステムを使用する事で極限まで「縫合糸肉芽腫」の発生を抑える事ができ、雄犬・猫の去勢手術ではほぼ100%近く予防が可能になりました。

検査には様々な種類があります。

レントゲン検査では、胸部、腹部臓器の形状的異常変化、骨関節の変形、骨折の有無に有用です。

血液検査は、肝臓・腎臓・膵臓等内臓および栄養状態の異常、また貧血・白血球異・血小板の異常を判断できます。

超音波検査は、レントゲンでは分からない臓器内部の変性・異常を確認できます。

病理検査は、体表・内臓の腫瘤(できもの)の腫瘍性の有無、予後について判断材料になります。

近年、ペットフードの発展や獣医学の向上により動物の寿命が飛躍的に伸び、腫瘍疾患や心臓疾患が急増しています。

心臓は生命を維持するために必要な血液を全身に送り出す非常に重要な役割を担っています。

その大切な心臓の機能に影響を及ぼす心臓病は様々であり、治療法も病気や原因により異なるので、どのような心臓病かを確定診断することは非常に重要になるんです。

心臓病はあまり症状が無く、末期になるまで元気に見えることがあります。

毎日の生活の中でちょっとした変化に気づき、病気を早期発見することや定期的な健康診断を行う事が重要です。

病気にも様々な種類があり、対応が異なります。

僧房弁閉鎖不全症は、犬に最も多い心臓病で小型犬においてよく認められます。

僧房弁が粘液腫様変性もしくはそれを支える腱索が断裂することで閉鎖不全を起こし、血液が逆流します。

初期は無症状ですが、進行すると肺に負担がかかり、肺水腫などの心不全兆候が現れます。

聴診やレントゲン検査で発見する場合がほとんどです。

確定診断は心臓超音波検査によって行われます。

治療は基本的にはACE阻害剤、強心剤や利尿薬などによる内科療法ですが、手術により治療することも可能です。

フィラリア症は、蚊の吸血を介して犬にもたらされる疾患で、犬糸状虫が肺動脈や右心室に寄生することにより起こる循環障害を主徴とした疾患です。

初期には無症状ですが、進行した場合は運動不耐性や咳が認められます。

さらに右心不全を呈した場合には腹水や胸水、失神を呈する事があります。

治療はミクロフィラリア駆除剤を用いた治療や、成虫駆除剤を用いた治療が一般的ですが、心臓内に重度に成虫感染が認められた場合は頸静脈からの釣り出し手術を行う場合もあります。

治療が功を奏しても後遺症として肺高血圧症になるケースがあり、その場合は継続した治療が必要となります。

動脈管開存症は、犬で最も多い先天性の心疾患です。 大動脈と肺動脈をつなぐ血管が出生後閉鎖せず残ってしまうことにより起こります。

特徴的な心雑音が聴取され若いうちに発見されることが多いものの、無治療の場合は1歳までに半数以上がアイゼンメンジャー化による呼吸不全もしくは左心不全で死亡するとされています。

動脈管結紮術やコイル塞栓術などの手術により治療することが可能ですが、手術適否の見極めが必要となります。

肺動脈狭窄症は、犬で2番目に多い先天性の心疾患です。

生まれつき肺動脈もしくは肺動脈弁が狭窄してしまうことにより起こります。 一般的に無症状ですが、突然死をしてしまう可能性があります。

治療はβ遮断薬などによる内科治療が一般的ですが、狭窄が重度である場合はカテーテル手術を行う事もあります。

肥大型心筋症は、猫において認められる心筋疾患です。

心筋の拡張不全により左心不全により胸水や肺水腫を呈し最悪の場合死に至ります。

心雑音や症状もないまま進行し、突然心不全を呈し危ない状態で発見されるケースが多いです。

心臓超音波検査もしくはNT-proBNPの測定を行うことにより早期に診断することが可能です。

治療はACE阻害剤や強心剤、利尿剤などを用いた内科治療となります。

ファロー四徴症は、先天性の心疾患で、心臓の発生段階において大動脈と肺動脈の仕切りがずれることによって起こります。

心室中隔欠損、大動脈右方変位(騎乗)、右心肥大、肺動脈狭窄を認めます。

治療は酸素吸入やケージレスト、瀉血などの対症療法のみとなりますが、手術により治療したケースもあります。

エプスタイン奇形は、先天性の心疾患で、三尖弁が変形しかつ右心室側にずれて起始したものです。

重度の場合は腹水などの右心不全兆候を呈する事があります。

治療はACE阻害剤や強心剤、利尿剤などを用いた内科治療となります。

ココロよしざき動物病院ではペットホテルも行っており、完全予約制です。

利用出来る動物は犬と猫のみで、一年以内に混合ワクチン接種済みでなければお預かりできません。

院内でスタッフがしっかりとお世話をしていますので、安心して預けられます。

  • ココロよしざき動物病院
    しっかり診断して、それに合った最適な治療を行ってくれます!
    ホテルもあり、病持ちでも安心して預けることができます!
詳細はこちらから

ファミリア動物病院

www.familiar-ah.net

兵庫県宝塚市にある動物病院2つ目は、「ファミリア動物病院」です。

ファミリア動物病院は、兵庫県宝塚市安倉南にあります。

大切な家族を愛情の熱意を持ってお守りします。

飼い主にとって何でも相談してもらえる良きホームドクターとなれる様に、「心安い、おなじみ」の動物病院という意味で、名付けました。

人と動物が一緒に生活していく上で、よりよい関係を築いていくためのお手伝いができるように努めています。

病気や予防のことはもちろん、食事や栄養・しつけのことなどにも対応しています。

ファミリア動物病院では、一般内科、一般外科、循環器科、皮膚科、泌尿器科、歯科、眼科、ワクチン接種やフィラリアなどの予防医療など総合的な診療を行っています。

また、専門的な検査や治療などが必要な場合は、二次専門病院への紹介などの対応もしています。

飼い主や動物たちにとって、動物病院はとても緊張し不安を感じる場所だと思います。

また病気や検査、治療や薬のことなど、獣医療に関する言葉は、時に難しく理解しにくいこともあります。

それらの問題を解決していくために、飼い主とスタッフがしっかり話し合い相談した上で、飼い主とスタッフが一緒になって診療方針や治療方法を決定していく、ということがとても大切なことだと感じています。

診療対象動物は、犬、猫、ウサギ、ハムスター、モルモット、フェレットなどです。

その他動物は電話にて相談可能ですが、鳥類、爬虫類等は診察していません。

時間外診療は、対応可能な場合に限り時間外診療を受付しています。

また動物行動やしつけについての相談も受け付けています。

カルディア動物行動クリニックと提携し、飼い主より動物の行動やしつけについてカウンセリングまたはトレーニングを受けたいという要望がある場合には、ファミリア病院内もしくは飼い主の自宅で、カウンセリングやトレーニングを受講できるようになっています。

他にも、歯石除去処置を行っています。

全身麻酔下でスケーリングを行うことにより、歯周ポケットの中の歯石や細菌叢までしっかり取り除き、ポリッシングを行うことで今後の歯石を付着させにくくさせます。

歯ブラシの使い方や、効果的な歯磨きガムのあげ方など、日々のデンタルケアの方法、あるいは口臭や歯茎の腫れ痛みなど、口の中のことについて気になることについても相談することが出来ます。

混合ワクチンの犬ワクチンは、犬ジステンパーやパルボウイルス感染症などの伝染病の予防注射です。

免疫をつけるために1歳齢未満の子犬は45日齢ぐらいから3~4週間おきに2~3回接種し、その後は1年ごとに追加接種します。

6種混合ワクチンと、8種、10種の混合ワクチンをおすすめしています。

猫ワクチンは、3種混合ワクチンと、猫白血病ウイルス感染症を含む6種混合ワクチンをおすすめしています。

室内で他の猫との接触がない子は3種を、屋外で他の猫との接触がある場合には、6種混合ワクチンになります。

ノミは暖かくなると盛んに活動を始め、マダニは芝生や草むらなどで年中感染します。

ノミはかゆみの原因になるだけではなく、瓜実条虫という消化管内寄生虫を媒介したり、ノミアレルギー性皮膚炎の原因となり、マダニはバベシアという赤血球を破壊する非常に恐ろしい寄生虫を媒介します。

また、ノミやマダニは人間にも被害をもたらし、ノミはノミ刺咬症や猫ひっかき病、マダニはSFTS(重症熱性血小板減少症)を媒介することがあります。

ノミやマダニが寄生してしまう前に予防的に駆虫薬を使うことをおすすめします。

動物たちの平均寿命は格段に延長し、その結果として動物たちにも高齢化が進んでいます。

動物は人間に比べて約4倍のはやさで年齢を重ねていき、6~7歳齢以上の中高齢期になると人間と同じ様に心臓病、肝臓病、腎臓病、関節疾患、内分泌疾患、腫瘍などの疾患に羅患しやすくなります。

体内から徐々に進行するこれらの病気は、注意深く観察していても外見だけでは判断しにくいものもあります。

それら疾患の早期発見、早期治療をするために、1年に1度の定期的な健康診断をおすすめしています。

検査内容には、一般身体検査・血液検査・エックス線検査・超音波検査などが含まれます。

ペットホテルでは、お預かり中、朝夕2回の食事とお掃除を行っています。

食事については、いつも食べ慣れている食事を日数分持参してもらいます。

わんちゃんのお散歩は、朝夕2回行っていますが、天気などによってはお散歩ができない場合もあります。

異変を感じたらすぐに獣医師に診察してもらい、飼い主に伝える体制をとっているので、万が一のことがあっても飼い主を不安にさせてしまうことはありません。

  • ファミリア動物病院
    まるでおしゃれなサロンのような待合室で、ワンちゃんも安心して待つことができます!
    院内には、たくさんの機材がありしっかりしたケアをすることができます!
詳細はこちらから

安心して任せられる場所

兵庫県宝塚市にある動物病院を紹介しました。

ペットに対して不安なことはたくさんあると思いますが、動物病院に行けばその不安を解消させることが出来ます。

是非定期的に動物病院に足を運んで下さいね。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

診察の内容や治療の内容を拝見すると、すごく先進的であるという感じを受けました。ここまでしてくれるんだ、というのが第一印象でした。非常に様々なことをしてくれるので、病気の予防がより徹底できそうだと思います。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー