何でも相談出来る。埼玉県狭山市にある動物病院

何でも相談出来る。埼玉県狭山市にある動物病院

2443
update

埼玉県南西部に位置している埼玉県狭山市。今回は、埼玉県狭山市にあるおすすめの動物病院を紹介します。

2443
update

困ったときはここへ

Veterinarian have a medical examination a cat with sore leg.

VGstockstudio/shutterstock.com

わんちゃんや猫ちゃんのなどのペットを飼っていると、悩んだり困ったりすることってありますよね。

今はネット社会であり、スマートフォンやパソコンで調べてみると解決するこももありますが、余計に悩んでしまったりすることもありませんか?

ペットに聞いても答えがわからない、だからこそ小さなことでも「どうしたらいいのだろう」と不安になってしまうんですよね。

そんな時は、動物病院に相談してみましょう。

特に病気ではない場合でも、動物病院なら飼い主の悩みや不安を解消させてくれます。

定期的に足を運ぶことによって、病気の早期発見が出来、治療もスムーズになります。

今回は、埼玉県狭山市にあるおすすめの動物病院を紹介します。

中央動物病院

cyuoh-ah.jp

埼玉県狭山市にある動物病院1つ目は、「中央動物病院」です。

中央動物病院は、埼玉県狭山市中央にあります。

長年に渡り地域の頼れる獣医療機関として、動物たちの健康をサポートしています。

犬・猫・小動物の内科、外科、腫瘍科、眼科、皮膚科などの診療や、予防接種・フィラリア予防・ノミ・ダニなどの各種予防を行っています。

さらに救急の場合にも対応は可能で、狭山市だけではなく入間市や川越市、所沢市、日高市や他県からも診療を求めて来院する飼い主とペットたちが多くいます。

それほど信頼されている動物病院ということで、初めてでも安心して来院することが出来ますね。

かかりつけとして利用している方にだけではなく、どんなペットや飼い主に対しても誠心誠意サポートしてくれます。

例え難しい症例であっても、高度獣医療を実施している信頼できる動物病院と連携しているので、飼い主を不安にさせてしまうことはありません。

こちら以外のセカンドオピニオンを希望の方、またこちらが他の病院に意見を求めたい症例の場合には、二次診療病院を紹介するようにしています。

その際は、なるべくペットに負担が掛からないよう、自宅からできる限り近い病院を提案するという配慮もしています。

ペットはもちろんこことですが、飼い主にも負担をかけてしまうと、ペットにいい治療をしてあげることは出来ません。

だからこそ、飼い主のことも考えた行動をします。

またこちらでは通常、西洋医学の手法を用いてペットの治療を行っています。

ただし、例え同じ症例であってもペットによって感じる痛みや原因は異なってきますので、西洋医学では通用しないケースもあります。

そのため代替医療も積極的に取り入れ、ペットそれぞれに合った治療法を提供しています。

代替医療ではサプリメントを用いた療法をはじめ、活性化リンパ球療法、樹状細胞療法、間葉系幹細胞療法、高濃度ビタミンC療法などを実施しています。

ペットのQOL向上のため、長く健康を維持するため、全力を尽くします。

夜間診療施設の紹介もしていますので、夜間ペットに異変があっても慌てないで下さいね。

中央動物病院内科診療は、主に消化器疾患、呼吸器疾患、泌尿器疾患、神経疾患、心疾患などの診療を行っています。

食欲がない、食べたものを嘔吐する、口臭がひどい、歯茎の色が悪い、咳が出る、尿の量が多い、下痢気味、体が熱い、気力がないといった症状が出ている場合は、何らかの疾患を発症しているかもしれませんので、すぐに診察に行きましょう。

外科診療では、長年関連病院で多数の外科手術を実施してきた獣医師が診療を行っています。

歩行や階段の昇降が困難になっていたり、体を触られるのを嫌がったりするような傾向が見られた場合は、外傷、ヘルニア、脱臼、靭帯損傷など、何らかの症状を抱えている可能性がありますので、相談してみて下さい。

皮膚科診療では、皮膚や被毛のケアに関するアドバイスをしています。

難治性の皮膚病の場合には、皮膚科専門医が診療を行っている日本小動物医療センター等を紹介します。

頻繁に体を掻く仕草をしている、ふけやかさぶたが多い、赤くなっている、べたべたしている、かさかさしているなど通常の皮膚被毛と異なる場合は、その原因を知る必要があります。

犬・猫の皮膚はとてもデリケートなので、日々のケアも大切になります。

どうケアをしたらいいのかわからないという人にも優しく丁寧に説明していきます。

こちらでは、日本小動物医療センターのがん・腫瘍に対する外科手術を多数執刀している獣医師が診療しているため様々ながん・腫瘍の様々なステージに対応可能です。

ペットも人と同様に、がんや腫瘍は早期発見がもっとも重要で、腫瘍が小さく、転移していないうちに治療を行うことが出来れば完治する可能性が高くなります。

体表面以外のがん・腫瘍に関しては早期発見は非常に困難なため、こちらでは内部に発生するがんや腫瘍の早期発見のお手伝いをします。

眼科診療では、眼瞼周囲、眼瞼、結膜、角膜の表面の疾患と、虹彩などの前眼房、網膜などの後眼房の疾患などに対応しています。

目が赤い、目やにがでる、目を痛そうにしている、光を眩しがる、目をこする仕草が増えた、ものにぶつかることが多くなったなどのサインがペットから出ていたらすぐに受診して下さい。

中には重度の角膜潰瘍、緑内障など出来るだけ早期に対応すべき疾患が起こっており、最悪の場合失明等の重大な事態に陥ることがあるのです。

他にも、日曜日の午後完全予約制で末期癌の無料相談を行っています。

予約は平日の診療時間内に電話でお願いしています。

もちろん普段から癌に関しての悩みや相談は受け付けているのですが、無料相談ではさらに詳しくお話しすることが可能です。

ペットにも大敵である「癌」について、理解を深めるチャンスです。

  • 中央動物病院
    小さなことでも変化があれば行ってみてくださいね!
    病院嫌いでも優しく対応しているので、ワンちゃんも安心です!
詳細はこちらから

彩の森動物病院

sainomori.info

埼玉県狭山市にある動物病院2つ目は、「彩の森動物病院」です。 彩の森動物病院は、埼玉県狭山市入間川にあります。

動物と飼い主を第一に考え誠実な診療を行っています。

治療・検査については、選択肢を提案し、費用を含め十分に説明し、納得してもらうインフォームドコンセントを徹底します。

理にかなった、透明性のある獣医療を提供することを心がけています。

地域のホームドクターとしてトータルケアを行い、大切な家族と1日でも多く快適な生活をおくれるようにお手伝いします。

また、大学病院等と連携し、常に質の高い診療を提供できるように最新の獣医療を学び続けます。

彩の森動物病院の獣医師は、困難な病気を見落とさずに診断し、どのように治療することがペットと飼い主に対して誠実なものにできるのかを常に探求しています。

内科診療については、麻布大学・内科学第二研究 久末正晴准教授に来院してもらい、セミナーや症例検討を指導してもらっています。

院長、副院長は長期にわたり麻布大学附属動物病院の内科診療をする久末先生のもとで、日々の診察・検査・治療を指導していました。

そのため血液・骨髄疾患、消化器内科などについて、骨髄穿刺や内視鏡検査など、こちらで行える内容は多岐に渡ります。

しかし近年、多種多様の疾病や多くの外科手術や重症患者が多く来院しています。

それらに対応すべく、設備の充実、スタッフの充実、最新技術の習得、衛生管理等には特に力を注いでいますが、こちらでは対応できない症例も残念ながらあります。

その場合は他の専門病院、大学病院、夜間救急施設、検査センター等と綿密な連携をとり、より快適な検査や治療を提供できるよう心がけています。

診察室は4室完備しています。

予防の季節などは、病院が混みあい、お待たせしてしまうこともあります。

「担当の獣医が空いていても、診察をする場所がない」ということが少しでも解消できるよう、診察室を多く完備し、可能な限り待ち時間の軽減に務めています。

また、猫ちゃんにとって出来るだけストレスをかけない診療を心がけています。

猫ちゃんによっては、犬の声や臭いが苦手な子もいます。

なるべく病院に来ることが猫ちゃんにとってストレスにならないよう、わんちゃんと診察室を分け、リラックスできる環境を作っています。

待合室や入院室もわんちゃんとは別になっているので安心ですね。

腫瘍については、血液検査では察知できないことが大半です。

そのため、お腹の中や胸の中の腫瘍、脳や脊髄の腫瘍は、適切な画像診断がなければ気付くことすらできません。

まず、どのような腫瘍なのかというところがわからなければ、正しい治療も予測も出来ません。

腫瘍が悪性であれば、外科・放射線・化学療法どれが有効なのか、個々の腫瘍によって全く異なります。

さらにどのような方法の外科切除、抗がん剤を選択するかについても、腫瘍の種類によって全く異なります。

腫瘍科では、しっかりとした診断を行い、治療の選択肢の中で、飼い主と相談しながら基本の治療方針を決めていきます。

鼻ぺちゃの呼吸・いびき改善にも力を入れています。

短頭種気道症候群はブルドッグやペキニーズなどに多く見られる疾患です。

症状は、大きないびきや、普段の呼吸がガラガラなっていたり、運動や暑さに弱かったりと様々です。

睡眠時の無呼吸などから重篤な症状に陥ることもありますので、気になっているという人は来院して相談しましょう。

また、しつけに悩んでいるという方のためのしつけ相談会も行っています。

吠える、飛びつく、リードを引っ張る、排泄場所が定まらない等の困った行動を改善させたい方や、伏せ・ジャンプ等の指示を教えたい方など、一人一人にあわせたカウンセリングを行います。

カウンセリングの後に実際にトレーニングを行い、普段からご家庭で実践できるトレーニング方法を教わることが出来ます。

しつけをしっかり学んでいくことによって、飼い主もわんちゃんを育てやすくなりますし、わんちゃんも生活しやすくなります。

上手くしつけが出来ないのは自分のせいだからと抱え込まないで、トレーナーと一緒にしつけを学んでいきましょう。

病院には、トリミング・ペットホテルを行っている「トリミングサロンhydepark」が併設されています。

動物病院併設のトリミングサロンなので 、持病持ちの子やシニアの子なども利用することが出来ます。

何かあればすぐに病院の方で診察してもらえるので、他のサロンよりも安心ですね。

  • 彩の森動物病院
    地域密着型の優しい病院!
    なるべく待ち時間がないようにしてくれます!
詳細はこちらから

ペットにも飼い主にも優しい場所

埼玉県狭山市にあるおすすめの動物病院を紹介しました。

ペットとの生活をより豊かにするためには、動物病院でのサポートが必要です。

何があったときはもちろんのこと、普段から定期的に動物病院には通っておくようにして下さい。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー