頼れる街の動物病院。茨城県古河市にある知っておきたい病院のご紹介!

頼れる街の動物病院。茨城県古河市にある知っておきたい病院のご紹介!

4271
update

動物病院は、ペットにとって、飼い主にとって大切な場所です。茨城県古河市には大きな病院はありませんが、街の動物病院はいくつもあります。今回は、茨城県古河市にある知っておきたい動物病院を紹介します。

4271
update

動物病院にデメリットはない

Veterinarian doctor holding and examining a Maltese Westie cross puppy with a stethoscope

Brian A Jackson/shutterstock.com

毎日の散歩や食事で健康を維持させることは出来ても、何かの拍子に怪我をしてしまったり、気を付けていても病気になってしまうことは、人間にもペットにもあります。

どれだけ毎日一緒にいても、飼い主が出来ることって限られてしまうんですよね。

大切なペットと少しでも健康で長く一緒にいるためには、動物病院のサポートが必要になります。

ペットにとって病院は行きたくない場所になってしまっているかも知れません。

飼い主も、嫌がるペットの姿なんて見たくないと思いますが、動物病院は決してペットにも飼い主にも不利になってしまうことはしません。

デメリットではなくメリットがある場所だからこそ、定期的に通うことが大切です。

喜んで行く場ではなくても、せめて嫌がらずに足を運べる場で、そしてしっかりと診察や治療を行ってくれるそんな動物病院を紹介します。

堀江動物病院

horie-ah.com

茨城県古河市にある動物病院1つ目は、「堀江動物病院」です。

堀江動物病院は、茨城県古河市原にあります。

2008年7月に開院し、犬と猫に対応しており、犬と猫の一般診療、外科全般、内科疾患、予防医学、マイクロチップ埋め込み、避妊、去勢手術、一般内科、一般外科、整形外科、腫瘍外科、歯科、眼科、鍼灸治療を行います。

入院、手術設備も完備しており、犬舎は9床、猫舎6床あります。

他にも隔離舎が6床あります。

犬舎は小型、中型犬用と、大型犬用を完備し、猫舎は犬舎と分け、音に敏感な猫に配慮しています。

内科疾患では皮膚疾患、消化器疾患、循環器疾患、内分泌疾患、免疫介在性疾患など多数の症例があります。

予防医学は、混合ワクチン接種、狂犬病ワクチン接種、フィラリア感染症予防、ノミ、ダニなど寄生虫の駆虫と予防を行っています。

トリミングも行っており、主に持病があったり高齢で長時間の施術が難しいわんちゃんでも短時間で綺麗に出来るように努めています。

親切、丁寧な対応、細かい所までの気遣い、インフォームドコンセントを心がけており、飼い主が納得出来る治療を提供できるよう日々努力しています。

予約制ではありませんので、急にペットの体調の変化が起きても駆けつけることが出来ます。

また、診療時間外は留守番電話になっており、緊急の場合は、出来る範囲で対応します。

往診には対応していません。

堀江動物病院では、動物達に適切な処置が出来るように、様々な設備を整えています。

全自動血球計算装置は、血液中の赤血球、白血球、血小板などを測定します。

貧血や体の炎症などを発見出来、採血から5~10分で結果が出ますのですぐに、検査結果を知ることが出来ます。

血液生化学分析装置は、肝疾患、腎疾患、代謝性疾患など主に内臓系の病気の発見に役立ちます。

測定項目にもよりますが、採血後20~30分で結果が出ます。

動物用血圧計は、院内でストレスなく血圧を測定することが出来ます。

血液凝固分析装置は、血液凝固機能を検査する機械で、安全に手術を行う為に止血能力を検査したり、血液疾患、DICなどの診断に有効です。

デジタルX線画像診断システムは、骨や内臓など体内の異常を発見します。

撮影した画像はデータとして処理します。

撮影~画像処理まで10分程度で早く飼い主に状況を説明することが出来ます。

超音波診断装置は、超音波ビームにより体内の臓器をリアルタイムに診ることが出来ます。

腫瘍や子宮蓄膿症、腹水や胸水貯留など様々な異常を発見することが出来ます。

また、痛みや侵襲がなく動物に負担の少ない検査法です。

パーカッションネブライザーは、肺水腫、肺炎など重症の呼吸器疾患の際に使用します。

救急救命処置中にも使用し、高い効果が認められています。

ネブライザーは、咳やくしゃみなど呼吸器疾患の動物に使用します。

ゲージ内に薬を満たすことで、動物にストレスをかけることなく治療出来ます。

全身麻酔装置は、人間と同様の吸入麻酔装置で、速やかな麻酔の導入や覚醒が出来ます。

それだけではなく、麻酔深度の微調整も出来ます。

動物用生体情報モニターは、心拍数、心電図、呼吸数、酸素飽和度、血圧、体温など全身麻酔中の様々な情報をモニターすることで安全な麻酔管理を行えます。

輸液ポンプは、内科疾患での入院時や外科手術の際に静脈内点滴を行う為に使用します。

電気メスは、高周波電流により止血を行う手術用電子機器で、出血量の少ないより安全な手術を行うことが出来ます。

超音波スケーラーは、全身麻酔下で歯石を除去する機械です。

適宜、歯石除去後に再付着予防の為にポリッシングを行います。

動物用眼圧計は、眼球内圧を測定する機械で、緑内障やブドウ膜炎などの診断に有効です。

点眼麻酔をするため動物に痛みはありません。

近赤外線治療器 スーパーライザーは、疼痛緩和、リハビリテーション、創傷治癒促進、手術創の治癒促進などを目的とした近赤外線治療器です。

近赤外線治療は、ヒトの整形外科分野でも用いられている治療法で、体感は心地よい温熱感で副作用は殆どない安全な治療器です。

堀江動物病院で力を入れている鍼灸治療は、東洋医学の治療で古い歴史を持つ治療です。

体中にあるツボ(経穴)を刺激することで経絡(ツボを結ぶ線路のようなもの)に働きかけ、気、血を調節し臓腑の変調を整え、自然治癒力を引き出します。

感染症予防の為、使い捨ての鍼を使用していますので、安心して利用することが出来ます。

また、敏感なわんちゃん猫ちゃんに圧鍼(刺さない鍼)なども用意しています。

灸治療は、ツボの上に必要な大きさ、固さに捻ったもぐさを置き火をつけ熱を与えることでツボを刺激します。

また、お灸にもツボを面と捉え熱を与える棒灸や貼るタイプの長生灸などもあります。 わんちゃん猫ちゃんの状態を問診、脈診、舌診、望診など丁寧に診察を行い最適な治療法を決定します。

その子一頭ずつに合った治療法を選択しますので、同じ病気でも選ぶツボが異なることがあります。

鍼灸治療は痛い、熱いというイメージがありますが、こちらでの治療では痛み、熱さを感じることは殆どありません。

お灸では気持ちよく寝てしまう子がいるくらいなので、安心です。

他の病院では取り入れているところが少ないのですが、決して危険な治療ではありません。

しっかりと知識をもっている獣医師がいるからこそ行える行為なので、大切なペットを任せられます。

  • 堀江動物病院
    待合室も広く、過ごしやすい環境です。
    予約制ではないので、お早目に行くことをお勧めします。
詳細はこちらから

いしはら動物病院

ishihara-ah.jp

茨城県古河市にある動物病院2つ目は、「いしはら動物病院」です。

いしはら動物病院は、茨城県古河市東本町にあります。

病気という一番のストレスを取り除くことだけでなく病院内での様々なストレスも与えないよう「動物にやさしい病院」づくりを目指しています。

なかでも「痛み」のストレスは身体に大きな負の影響を与えますので、動物達の痛みのストレスを少しでも減らしてあげたいと感じペインコントロールを重視した診療を心がけています。

動物と共に生活をすることは決して容易なことではありません。

毎日の世話、散歩、しつけなど大変時間と労力そしてお金を費やしますよね。

しかし、その労力以上の喜びと幸せを与えてくれるのがペットたちです。

そんなかけがえのない大切な家族の一員の一生をサポートしていきます。

診療対象動物は、犬・猫・小動物(ウサギ・ハムスター・小鳥など)で、待ち時間短縮と円滑な診療のため予約診療を行っています。

予約がなくても診療は受けられますが予約の方が優先となるため、定期的な検診などで来院する場合は事前に予約しておくことをおすすめします。

待合室は温かみのある木目を多くとりいれ、落ち着いて待つことが出来る雰囲気を意識しています。

環境にやさしい再生木材を使用したベンチを設置しており、プラスチックと木の再生複合材ですが木のいい香りがします。

待ち時間に病院や動物のさまざまな情報を液晶画面で流して提供しているので、知らなかった情報をここで得ることが出来ますよ。

第1診察室では、家族がきちんと説明を受けられるようにやや広めの診察室になっています。

エコー検査装置、レントゲン画面、顕微鏡画面、耳鼻科用ワイヤレスカメラなどの画像をも一緒に見ることが出来ます。

第2診察室・検査室・ICU室は、スタッフの動線を妨げないように各室に区切らず院内で一番広いスペースを確保しています。

診察はもちろん院内の各種検査機器で血液検査・尿検査など実施している場所で、どこからでもICU管理の動物の状態が確認できるので安心感があります。

第1入院室は、犬用の入院室です。

12頭分の部屋があり仕切りを外すと大型犬も入る事が出来ます。

大きめのシンクと汚物流しを設置し、衛生的に管理をしやすくしています。

第2入院室は、猫とその他小動物の入院室です。

人や犬の声・大きい音に敏感な子が多いので病院2階部分にあります。

土足禁止の部屋なのでとても衛生的です。

この部屋専用のICU室も完備しています。

ストレスをかけないようネットワークカメラで状態をチェックすることも出来るようにしています。

手術室・レントゲン室には、各種麻酔関連機器、手術関連機器が備えてあります。

手術はもちろん全身麻酔の必要な各種検査を行います。

薬局は、小スペースながら高さのある薬棚とキャビネットで多種類の薬剤を管理しています。

お薬情報システムを導入しているため、人間の薬局と同じように処方されるお薬の説明書をお渡しすることで安心して投薬してもらえるように努めています。

院内にはわんちゃんや猫ちゃんなどが病院スタッフとしていますが、初めての動物でも優しく接してくれますので、安心して来院して下さいね。

  • いしはら動物病院
    なるべく動物にストレスをかけないように工夫してくれています!
    近くにほしいアットホームな動物病院
詳細はこちらから

動物病院に足を運ぶ大切さを忘れずに

茨城県古河市にある動物病院を紹介しました。

ペットの健康を維持させるためには、定期的な診察が必要です。

いつ、どの子が病気になってしまってもおかしくはないからこそ、ペットを飼っている人は動物病院に足を運んで下さい。

大切な家族だからこそ、言葉を話せないペットたちの体を飼い主と、そして医師とで守っていきましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー