茨城県土浦市の動物病院ならここへ!おすすめの動物病院のご紹介!

茨城県土浦市の動物病院ならここへ!おすすめの動物病院のご紹介!

3486
update

緊急の時はもちろんのこと、普段から動物病院は近くにあってほしいですよね。そこで今回は、茨城県土浦市にある動物病院を紹介します。茨城県土浦市で病院を探しているという人におすすめです。

3486
update

ペットと飼い主をサポートします

Cute dog is being examined by the beautiful female veterinarian, his handsome guardian is near

VGstockstudio/shutterstock.com

動物病院は、言葉を発することが出来ないペットの声を聞いてくれる場所です。

飼い主は、ペットの様子がちょっと様子がおかしいなと感じても、それがどれくらい重症であるかはわかりません。

また、ペットがそういう異変を表に出してくれなければ、どれだけ一緒にいてもペットの病気に気づいてあげることは出来ないと思います。

飼い主がすぐに気付いても、その時には手遅れになってしまっているケースも少なくありません。

日々医療は進んでいるからこそ、治せる病気も増えてきています。

ペットも長生き出来る時代だからこそ、定期的な動物病院での診察がとても大切です。

今回は、ペットと飼い主をサポートしてくれる、茨城県土浦市にある動物病院を紹介します。

シン・ベット

www.shinvet.jp

茨城県土浦市にある動物病院1つ目は、「シン・べット」です。

シン・ベットは、茨城県土浦市並木にあります。

苦痛やストレスを与えない工夫や改善を常に重ね、飼い主の希望をできる限り取り入れ治療を行っていきます。

また、分かりやすい言葉で説明し提供し、病気の治療だけでなく予防を含めて気軽に立寄る事ができる環境作りに努力しています。

診察対象は犬、猫、ウサギ、フェレットです。

ガン(腫瘍)治療、歯科治療、眼科、避妊手術(去勢)、フィラリアなどの予防接種まで包括的に治療にあたっています。

一般診察を始め、腫瘍診療(手術、抗がん剤治療)・歯科治療、緊急対応やその他各種手術、ペットホテルも受け付けています。

診察は原則予約制ではありますが、急患の場合は状況把握の上即診察することもあります。

腫瘍科では、腫瘍科認定医による診察を行っています。

犬や猫の治療方針を決める際は、原発病巣、リンパ節や遠隔転移の有無や全身状態に注目して進めていきます。

原発病巣は、最初に腫瘍が発生した部位の事を指します。

大きさや広がり、腫瘍細胞の種類を確認し、腫瘍の現在の状況を見極めます。

必要に応じて、針を使った「細胞診検査」や「組織検査」を行います。

リンパ節は、全身に存在する免疫器官でありがん細胞が全身へ広がっていくのを防ぐ役割を持つと同時に、がん細胞の通り道になることがあります。

しこりの近くにあるリンパ節の状態を確認する事で転移の可能性を考え、触診、レントゲン検査、超音波検査や細胞診などで総合的に判断します。

遠隔転移は、がん細胞が遠く離れた臓器に転移することです。

がんの種類によって転移しやすい臓器は違いますが、肺や肝臓、脾臓、骨などが転移しやすい部位として挙げられます。

レントゲン検査、エコー検査や、必要であればCT検査などを用いて転移を確認します。

また腫瘍の存在が明らかであっても、腫瘍を取り除く為の治療が難しい状態であれば治療方針の変更が必要です。

「腫瘍随伴症候群」やその動物の持っている持病によっては、全身の状態を改善させてから腫瘍治療を行う必要が出てきます。

血液検査やレントゲン検査などの各種検査を行う事により、異常を確認します。

治療は、飼い主の要望を聞き、適切ながん治療の提案をします。

主要な治療法としては外科手術、化学療法、放射線治療があります。

がんの状態や種類などを考慮して治療法を選択することが出来ますが、それぞれの治療には利点と欠点があります。

外科手術は、手術により腫瘍を切除します。

完全もしくはそれにちかい形で腫瘍を切除できれば腫瘍の縮小効果は1番高いと言われています。

化学療法は、抗がん剤を使用した治療です。

血液腫瘍など全身に広がる腫瘍では化学療法が第一の治療法で、腫瘍に合わせ適切な抗がん剤を選択し、飼い主にその適応・副作用を十分に説明した上で治療を行います。

放射線療法は、放射線を腫瘍に照射する事でして破壊します。

頭蓋内や鼻腔内など外科手術が困難もしくは外科手術では悪影響があると判断される場所、化学療法での反応が期待できない場合に用いられます。

大きな副作用は、麻酔が必要な事・放射線障害の可能性があります。

特殊な装置が必要で、大学病院など二次診療施設への紹介になります。

歯科治療では、まず全身麻酔下で歯垢の状態や歯肉の異常、歯の本数など、視診、触診や歯科用レントゲンを用いて詳しく検査します。

無麻酔では口腔内の状態を正確に判断する事ができませんが、麻酔後検査を行って始めて、正確な診断治療に繋げることができます。

歯石除去は、超音波スケーラーを用いて歯冠の洗浄を行います。

歯周ポケットの洗浄は、歯冠の洗浄だけでは不十分な歯の歯肉粘膜と歯槽骨の間のクリーニングを行います。

触診やレントゲンなどを用いて温存が不可能と判断された歯は抜歯します。

抜歯は抵抗感があると思いますが、残しておくことでトラブルを助長してしまう可能性がある場合には、積極的に除去しします。

歯冠洗浄を行うとどの歯も細かい傷がついてしまいますが、研磨剤で磨く事できれいにできます。

ウサギはストレスを感じやすい動物であり、状態の判断が難しいこともあり、動物病院でも受け付けていないことがあります。

しかしこちらでは、ウサギの性質を踏まえて、飼い主様と相談しながら検査・診察・治療を進めていきます。

気がかりな事がある方、フードや生活環境についての相談も受けつけているので、獣医師に話してみて下さいね。

  • シン・ベット
    ストレスや苦痛を軽減させた診察や治療をしてくれます。
    飼い主への気遣いも忘れません。
詳細はこちらから

RG動物病院

www.rg-ahp.jp

茨城県土浦市にある動物病院2つ目は、「RG動物病院」です。

RG動物病院は、茨城県土浦市東崎町にあります。

院名の由来は、「五頭」の「G」と、「理意」の「R」のイニシャルを取り、わかりやすい・柔らかいイメージを込めて名付けられました。

そのイメージ通り、院内では柔らかい雰囲気がペットと飼い主を包み込んでくれています。

初めての人でも緊張しないで、暖かさを感じることができます。

こちらでは長年地域に根差した動物病院として、飼い主とのコミュニケーションを大切にし、何かあったときに気軽に相談してもらえるドクターを目指しています。

動物達の状態や今後どのような治療が必要なのかを飼い主にしっかりと説明し、納得してもらってから治療に入りますので、飼い主にとっても動物達にとっても安心できる治療を行います。

高齢のため通院が難しい、通院する時間がない、大型犬で病院に連れて行くのが大変である、病院で暴れてしまうなどの悩みを抱えている飼い主とペットにも利用してもらえるように、昼休みの時間を利用して、往診も行っています。

なので、病院に行けないという人も相談してみて下さいね。

診療対象動物は、犬、猫です。

ただ、犬猫以外の動物も相談にのってくれるので、他の動物を飼っているから行けないと諦めないで下さいね。

外科では、治療を始める前に、動物達が今どんな状態なのか、これからどんな治療や手術が必要なのかをしっかりと説明します。

その上で、飼い主と獣医師の二人三脚で、治療の方針を立てます。

こちらの病院でのは対応していない高度な手術や治療については、専門機関を紹介しています。

しっかりと任せられる病院を紹介するので、安心です。

下痢や嘔吐、風邪など日常よくある疾患から、代謝疾患や消化器疾患などの複雑な病気まで、動物にもさまざまな内科疾患があります。

内科では問診・触診の後、必要に応じて各種検査を行います。

予防接種は、狂犬病、混合ワクチン、フィラリア(注射による予防も)、ノミダニ予防等の各種予防を行っています。

予防することで防げる病気はたくさんありますので、大切な家族の一員である動物達を病気から守るためにも、予防を忘れないようにしましょう。

避妊・去勢手術は、望まれない子犬や子猫を増やさないという目的はもちろんのこと、乳腺腫瘍、卵巣腫瘍、子宮蓄膿症、会陰ヘルニア、前立腺肥大などホルモンによる病気の予防、またストレスの防止になるといわれています。

不明な点、心配なことは遠慮なく獣医師に相談して下さいね。

他にも、人間と同じ住環境で生活する動物が増えたことや、動物達が長生きになったことにより、皮膚病に悩む動物たちが増えてきています。

アトピー・ノミダニ・食物アレルギーなど、皮膚病の原因は様々です。

皮膚科では最初にしっかりとした検査を行い、皮膚病の種類や原因を究明してから治療を開始します。

定期検診は、病気の早期発見・治療にとても大切なことです。

言葉を話せないわんちゃんや猫ちゃんは病気の発見が遅くなりがちなので、病気の早期発見・治療のためにも、年1回の定期的な健康診断をおすすめしています。

歯科診療では、食生活により歯周病や虫歯にかかってしまった動物や、これからその可能性が疑われてしまう動物のために歯科処置を行っています。

動物達の健康的な生活を助けるためにも、歯のケアは大切なことなんです。

院内には様々な動物達が訪れます。

怖がりである、病院が苦手である、または犬に吠えられて萎縮してしまう動物達は、診察を待つ間の待合室を別の部屋に変えることができます。

診察室は、清潔で落ち着いた室内で、安心して診察を受けることができます。

入院室では、ケージの清掃や温度管理を徹底し、動物達がリラックスできるよう努めています。

トリミングでは、高齢の犬や、皮膚病の犬も受け付けているので、サロンでは断られてしまったというわんちゃんも安心です。

ベテラントリマーが、1頭ずつ丁寧に行い高齢のわんちゃんや皮膚病のわんちゃんにもストレスを与えずに施術しています。

動物病院でのトリミングだからこそ、異変を感じたらすぐに獣医師に診てもらうことができますし、診察も合わせて行えます。

ペットホテルは、旅行や出張など飼い主がペットと離れなければいけない時、責任を持ってお預かりします。

大切な家族の一員をお預りするということで、1年以内にワクチン接種を行っていることが必要になります。

病院内でのお預かりは、飼い主にとってとても安心出来ると思います。

  • RG動物病院
    しっかりと細かいところまで診てくれるので安心です!
    定期検診はもちろん、緊急時の時も行きたい動物病院
詳細はこちらから

予防も大切

茨城県土浦市にある動物病院を紹介しました。

異変を感じた時はもちろんのこと、普段から定期的に病院に通い診察してもらうことも大切です。

家族であるペットのためにも、動物病院に足を運んで下さい。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー