わんちゃん猫ちゃんの診察はここで!埼玉県鴻巣市の動物病院のご紹介!

わんちゃん猫ちゃんの診察はここで!埼玉県鴻巣市の動物病院のご紹介!

2554
update

埼玉県のほぼ中央部に位置しており、県内へのアクセスがしやすい埼玉県鴻巣市。今回は、そんな埼玉県鴻巣市にある動物病院を紹介します。

2554
update

ペットの健康管理は動物病院へ

Young female veterinarian checking up the dog at the veterinarian clinic

Zivica Kerkez/shutterstock.com

ペットが毎日元気な姿を見せてくれているとつい忘れてしまいますが、ペットを定期的に動物病院で診察してもらうこと、それはとても大切なことなんです。

どんなに元気なペットでも、実は体の中に病気になる元があるかもしれません。

ペット自身が体の異変に気付いたとしても、それを飼い主に伝える方法はなく、飼い主が気付かなければ病気はどんどん悪化してしまうこともあります。

今の時代、治せない病気も確かにありますが早くに発見していれば治すことが出来る病気も多くあるんです。

日々医学は進歩していて、動物たちを守ることが出来ます。

人間も長生き出来る時代と言われていますが、動物も長生き出来る時代になっているんです。

一分でも一秒でもペットとの生活が長く続けられるように、今回は埼玉県鴻巣市にある動物病院を紹介します。

こうのす動物病院

www.kounosu.co.jp

埼玉県鴻巣市にある動物病院1つ目は、「こうのす動物病院」です。

こうのす動物病院は、埼玉県鴻巣市東にあります。

動物病院は、ペットの健康を守る場所であると同時に、飼い主、ペットのリラクゼーションの場所であるように、色彩、音、緑といった空間で精神を落ちつけて、ペットの体や健康と向き合い、飼い主とペット双方の本当の意味での信頼、愛情、そしてペットの心と体の健康を手に入れられる場所であるべきと考えています。

ペットが幸せな一生を送るために大切なのは、「飼い主の愛情とペットの生きようとする気持ち」だと思い、飼い主とペットが幸せな毎日を送るために、ペットの健康について、一緒に考えていきます。

動物病院も高度医療が進むなか、多くの病気が治療ができるようになりました。

しかし、ペットの治療が終り、病気が治ったペットオーナーは本当に心から満足しているのだろうかという疑問があります。

こうのす動物病院の信念は、飼い主が納得するまで語りあい、真心こめて接していくことです。

ペットのケガ、病気のことだけでなく、飼い主自身の生活、仕事、趣味など徹底的にハート・トゥ・ハートで話していくことを大切にしています。

いつも気軽に相談にいける町医者のように、親しみのある触れ合いをしたい、そんな思いを抱きながら日々診察・治療を行っています。

院内の待合室は、明るく気持ちよく過ごせる空間になっています。

とても広いというわけではありませんが、ペットと飼い主が安心して待っていられるそんな待合室になっています。

診察室は2つあり、手術室など各部屋は清潔さを大切にしています。

わんちゃんと猫ちゃんがお互いに睨み合わないように工夫しているので、他の子とすぐに喧嘩してしまうというペットも安心です。

こうのす動物病院では、わんちゃんの場合、8種混合ワクチンを用いたワクチネーションプログラムを推奨しています。

アレルギー体質のわんちゃんの場合は、飼い主と相談の上、個別対応しています。

猫ちゃんの場合は、3種混合もしくは猫5種混合ワクチンを用いたワクチネーションプログラムを推奨しています。

猫5種混合ワクチンを希望の場合は、初回ワクチン時に「猫白血病ウイルス抗原/猫免疫不全ウイルス抗体」の検査も併せておすすめしています。

猫免疫不全ウイルス(猫エイズ)のワクチンも取り扱い始めましたので、相談の上対応します。

狂犬病予防接種は、狂犬病予防法に基き、生後91日を過ぎたすべてのわんちゃんに義務付けられている予防注射で、わんちゃんのライフスタイル(完全室内・屋外)にかかわらず、どのわんちゃんも登録および予防接種をしなければなりません。

鴻巣市内にお住まいの場合は、市役所への登録代行もしています。

フィラリア予防は、ひと月に一回、ジャーキータイプのお薬を食べるだけで完全に予防できるようになりました。

抗原検査を行ってから、安全に美味しく、フィラリア対策を行えます。

粉薬、錠剤、皮膚への滴下式も用意しており、猫ちゃん用の薬もあります。

ノミ・ダニ予防は、わんちゃん用も猫ちゃん用も、スポットタイプの薬を用意しています。

わんちゃんは、食べるタイプも選べます。

避妊・去勢手術も行っており、望まない子犬、子猫を増やさないことを目的としています。

避妊・去勢は、メスのわんちゃん猫ちゃんの場合、乳腺腫瘍や子宮、卵巣の病気を予防し、発情の煩わしさがなくなります。

オスのわんちゃんの場合は、前立腺の病気や、精巣、肛門周辺の腫瘍などを予防し、尿のマーキングが減ります。

オス猫ちゃんの場合は、性格が穏やかになり、しつけしやすくなるという効果があります。

ペットホテルは、こうのす動物病院の患者で、ワクチン接種済みのわんちゃんと猫ちゃんが対象です。

前日までの予約で利用することが出来ますので、ペットを預けたいという場合はお問い合わせしてみて下さい。

  • こうのす動物病院
    ワンちゃんのことを考えた工夫が至る所にされています!
    飼い主への配慮も忘れずに行ってくれます!
詳細はこちらから

雪どうぶつ病院

www.yuki-animal.jp

埼玉県鴻巣市にある動物病院2つ目は、「雪どうぶつ病院」です。

雪どうぶつ病院は、埼玉県鴻巣市北新宿にあります。

気軽にご相談できる、分かりやすい説明、飼い主の希望にあった治療をモットーに、わんちゃん、ねこちゃんのホームドクターを目指して努めています。

小さなスペースしかない動物病院であるため出来ることに限りがあります。

重傷な場合、難しい手術などは無理をせず、提携している動物病院や大学病院を紹介しています。

こちらには、最低限の検査器具(血球計算機、生化学、デジタルレントゲン、顕微鏡、エコー、デジタル尿検査、動物用心電図など)は揃っているので、初期段階での検査・治療は可能です。

風邪、下痢、ケガ、嘔吐、皮膚、アレルギーなどの一般治療は問題なく行えます。

腎臓疾患、肝臓疾患、膵炎、胃腸炎、外耳炎、皮膚炎、アトピー治療、寄生虫なども日々診察・治療しています。

他にも行動学(しつけ含む)、フード学(ダイエット)などにも対応していますので、安心して利用することが出来ます。

待合室には、大型液晶テレビ&壁掛けテレビ、空気清浄器、業務用大型プラズマクラスター2台、大型フォトフレームにて病院案内、デジタル大型水槽などがあります。

待ち時間用の本コーナー、マンガコーナー、パンフレットコーナー、里親案内板もあり、院内ショップには、当院限定のグッズなどの販売も行っています。

待合室のBGMはわんちゃんや猫ちゃんが落ち着くと言われるCDの再生をしており、飼い主だけではなくペットたちにも居心地が良い待合室になっています。

診察スペースは、混雑時対応のために2つ用意してあります。

診察スペース1では、電動油圧式診察台&デジタル体重計を用意しており、診察台下にはフェリウェイの設置もあります。

診察スペース2は、デジタル体重計付きの診察台で、診察スペースには説明用ボードが多数用意してあります。

診察室には他にもリットマン製デジタル聴診器2種類、動物用の体脂肪測定器(ヘルスラボ)、動物用体温計、非接触温度計などがあります。

動物用体温計は、最速10秒で検温可能です。

検査スペースには、血液検査として、血球計算機(Poch-100iV)、生化学測定器(ドライケム7000V・CRP/電解質が測定可能・5検体同時可能)があります。

他にも、エルマ製血球計算機も設備しています。

雪どうぶつ病院では手術前の血液検査として「血液凝固系検査」をおすすめしており、最新の機械を設置していますので、院内での測定が可能です。

顕微鏡は大型モニターとの接続有り&パソコン接続で、複数画面による説明が可能です。

片側のオリンパス製顕微鏡には、デジタルシステムを接続して画面を専用パソコンで管理しています。

尿検査には、小型でデジタル測定が可能なポケットケムUAを3台設備し、正確な測定が可能です。

さらに尿検査の尿比重測定はデジタル測定器にて測定しています。

自動解析機能付きの動物用心電図を設備しているため、聴診、レントゲン、心電図、エコー検査で心臓の診断を行うことが出来ます。

他にも小型遠心分離器、血糖値測定システム2台、バイブレーター試験管ミキサー、マイクロピペット数個など、他の病院でのレントゲンフィルム確認用にシャウカステンもあります。

受付・薬スペースでは、パソコン数台、タブレット数台、電子カルテ、カラーレーザープリンター、分包器2台、電子天秤などを設備しています。

最新の小型自動分包機を装備し、薬を正確・スピーディーに分包可能です。

薬も種類によっては錠剤・粉の希望を伺い用意することが出来ます。

また説明用にフィラリア心臓模型、犬の皮膚模型、耳模型、全身模型、尿石見本、透明顎模型などがあります。

レントゲンは、最新CRレントゲンで、専用パソコンでの画像管理を行っています。

一般のレントゲンは現像時間がかかりますが、デジタル処置ですので待たせる時間が短縮できます。

現像液など不要で、環境にも優しいです。

レントゲン室には、アロカ製のデジタル放射線測定器も設置してます。

入院は、安静にできるようにゲージでの入院になります。

動物用 ICUも設置してあり、一定温度、湿度、酸素濃度が設定可能な部屋になっています。

子犬、子猫用の集中治療室(保育器)もあります。

酸素吸入が長期に必要な場合用に、酸素濃縮機(酸素発生器・3リッター対応)を2台設備しています。

入院中はwebカメラ数台にて常時チェックを行っています。

モニターは受付、診察室、院長机にも設置してあるため、スタッフ全員でペットの確認することが出来ます。

手術スペースは、お昼休みの時間に手術を行っており、基本的に去勢手術、避妊手術、歯石除去手術が多いです。

全身麻酔装置、麻酔モニター、人工呼吸器などを設置しています。

手術台は電動油圧式手術台、ヒーター付きです。

特注オーバーテーブルや手術用の2段式階段、吸引器、簡易酸素発生器などの設備があります。

もしもの時のために、カウンターショックを設備しており、心停止時の蘇生に主に使用します。

手術中は安静に出来るようにBOSE製スピーカーで手術スペースにBGMが流れる環境です。

さらに無影灯2台とは別に補助ライトはLED製になっています。

歯石除去手術においては、最新の超音波スケーラーと、マイクロモーターを使います。

キュレットやスケーラー、エレベーター、抜歯鉗子なども各種サイズ用意してます。

歯石除去手術中は、超音波スケーラーと同時にサクションも使って水や歯石破片の吸引も行います。

動物病院内で行っているトリミングでは、動物病院でしか扱わない皮膚にあったシャンプーを用意しています。

痒み、フケ、ベタベタ、保湿用、低刺激、真菌用、マラセチア用など、その子に合ったシャンプーを使用することが出来ます。

また皮膚の状態をシャンプー中にチェックしており、健康面で異常を見つけたらすぐに診察することが出来ます。

  • 雪どうぶつ病院
    アットホームな病院なので、ワンちゃんの不安も軽減されます!
    様々な検査に対応している動物病院なので、緊急性があっても安心!
詳細はこちらから

可愛いペットのために

埼玉県鴻巣市にある動物病院を紹介しました。

可愛いペットの健康を守るためにも、動物病院での診察を大切にしましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー