もしかして嫌われてる!?犬に嫌われる飼い主とは一体!?

もしかして嫌われてる!?犬に嫌われる飼い主とは一体!?

3346
update

犬を飼育するなら、犬から好かれたいものです。せっかく一緒に暮らしているのに犬に嫌われてしまうのは悲しいですね。今回は犬が嫌い人にはどんな特徴があるのか?またどんな態度を取れば犬に好かれることができるのかについてまとめてみました。

3346
update

犬は社会性を身に着けて生活することができる動物ですので、人間のことも他の動物のこともよく観察して仲良くなることができます。愛犬や出会うワンちゃんに慕われない飼い主さんはちょっと寂しい思いをすることでしょう。

愛犬との生活をもっと楽しく愛情を育むためには飼い主さんが愛犬に慕われるように改善することも必要かもしれません。犬に慕われない飼い主さんには何か特徴があるのでしょうか。一緒に見ていくことにしましょう。

1.犬に慕われない飼い主さんの特徴

犬も自分を尊重してくれる人や理解してくれる人と一緒にいると居心地よく過ごすことができます。人間と一緒でもちろん、嫌がることをする人とは一緒にいるとストレスを感じることでしょう。愛犬に慕われないどのような行動があるのでしょうか。

1.すぐに怒る

犬を怒る飼い主

Diedov Denys/shutterstock.com

ワンちゃんが少し失敗して、飼い主さんの思い通りに動いてくれないからといって、すぐに怒る飼い主さんは「怖い人」というイメージがついてしまい警戒されてしまうので慕われないでしょう。犬は気性が激しく感情的な人があまり好きではありません。

反対に、犬に好かれる人の特徴として「おおらかで動じない人」がよく挙げられます。ワンちゃんの行動に対して過剰に反応することや必要以上に怒ることがないようにしましょう。勢いに任せて叱ることがないようにしてワンちゃんが圧倒されないようにすることが大切です。

2.遊んでくれない

犬は社会性の高い動物なので、飼い主さんに優しく撫でてもらい、遊んでもらって触れ合うことが大好きです。スキンシップが苦手な子でも、一緒の空間で過ごして心のふれあいを求めています。このような触れ合いが足りないと犬はストレスを感じてしまいます。

飼い主さんに対しても「この人は自分のことが好きになってくれないんだ」と、慕うことも諦めてしまうかもしれません。たった10分でも一緒に家の中で遊んであげるだけでも、飼い主さんが愛犬を大切に思っていることを伝えることができるのです。

3.力が強い

マッチョな男性と犬

xkunclova/shutterstock.com

力強く撫でられたり、ギュッとハグすることは犬にとって怖いことです。自分にとって怖いことをいつもしてくる人を慕うことはできません。特に力の強い男性など、愛情を込めて撫でていても、無意識にワンちゃんに痛みや不快感を与えているかもしれません。

自分が犬に触るときに、犬の身体がこわばっていないか?のけぞるように逃げていないか?などの「嫌だよ」というサインがないかチェックしてみてください。自分よりも小さいワンちゃんと触れ合う場合は、力を入れないように意識するように心がけたいものです。

4.タイミングを考えない

犬にもタイミングがあります。例えば、食事中や遊びに夢中になっているとき、また寝ているときなど飼い主さんからちょっかいをかけられた場合犬は迷惑と感じるでしょう。いつもタイミング悪く関わってくる飼い主さんには、「いつも邪魔してくる人」という印象が付き、慕われる確率は低くなります。

自分が退屈しているからといって愛犬のしていることを邪魔することがないようにしましょう。特に犬は十分な睡眠時間が必要なので、寝ているときには静かにしてあげるようにしましょう。

5.驚くことをする

驚く犬

Gladskikh Tatiana/shutterstock.com

例えば、「急に大声を出す」「犬の背後から近づいて驚かせる」「急に抱き上げる」などの行動をしてしまっている場合、飼い主さんの存在に怯えやすくなってしまうことでしょう。犬は人間よりも聴覚に優れているので、音に敏感に反応します。大きな音だけなく大きな声も犬にとっては恐怖心につながることがあることを覚えておきましょう。

また、予測できない行動も犬を不安にさせてしまいます。愛犬から見て、常に安心できる存在でいることが慕われる秘訣です。愛犬を驚かせる行為は、慕われにくくなってしまうでしょう。愛犬にとって嫌なことを取り上げましたが、犬だけでなく人間関係においても同じとされる考え方ではないしょうか。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー