犬のトイレの設置場所はどこにしたらいい?決め方や注意点をご紹介をしていきます!

犬のトイレの設置場所はどこにしたらいい?決め方や注意点をご紹介をしていきます!

2980
update

愛犬を迎え入れた後に真っ先に教えるべき事の一つにトイレがあります。排泄は生理的なもので毎日のようにあることなので、愛犬も飼い主も気持ちよく同じ家で一緒に過ごすためには、トイレトレーニングが欠かせません。今回は愛犬のトイレの設置場所を決める時に何を意識したら良いかをまとめました。

2980
update

室内犬を飼う場合はトイレの位置が大事

トイレの便座に座る犬

Patryk Kosmider/shutterstock.com

愛犬を迎え入れた後に行うべきことはたくさんありますが、真っ先に教えなければいけない事の一つにトイレがあります。

室内犬として犬を飼う場合、トイレをどこに設置するかは重要です。飼い主さんの都合ばかりで決めてしまうと問題が生じる可能性が高くなるので、愛犬のことをよく考えてトイレを設置する場所を決める必要があります。

ちゃんと決めておかないとあちこちで排泄してしまったり、せっかくトイレを設置してもトイレトレーを避けて排泄するようになる恐れがあります。そうなったらお互い不快な気持ちになって困ってしまうでしょう。

トイレトレーニングは飼い始めたらまず始めなくてはいけないことなので、事前にしっかりトイレの場所は決めておかなくてはいけません。室内トイレのスペースをきちんと確保して管理することが、お互いに気持ちよく生活を送るために必要となるでしょう。

今回は室内犬におすすめのトイレの設置場所とトイレトレーニングの方法について紹介したいと思います。

犬にとって好ましいおすすめのトイレ場所

階段下のスペース

Somsak21/shutterstock.com

トイレシートやトイレトレーはスペースがあれば家のどこにでも置くことができますが、一度トイレの場所を決めて、そこをトイレだと愛犬に覚えさせてからまた場所を変えるのは簡単ではありませんね。そのことを考慮すると、最初から最適な場所にトイレを設置したいと思うのではないでしょうか。

室内犬のトイレの設置場所を決めるときにはどのような点に気をつけ、どのような場所を選んだら良いのでしょうか。犬にとって好ましいトイレの場所について考えてみることにしましょう。犬はきれい好きで、寝床の近くでは排泄しない習性があるため、トイレは寝床から離れた場所が良いでしょう。

最近は、寝床とトイレが一体型になったケージがあり、便利で使い勝手が良さそうに見えます。ですが、寝床の近くでは排泄しないという犬の習性から、トイレではない場所で排泄するようになったり、散歩まで排泄を我慢するようになるなどの問題が将来的に出てくる可能性が考えられます。

また犬の習性だけでなく、犬の気持ちにもなって考えてみましょう。犬も人間と同じように、排泄時は無防備な状態ですから、落ち着いて用を足したいはずです。そう考えると人目につかずに、落ち着いて排泄できる場所が好ましいと言えるのではないでしょうか。食事中や来客時のことを考えると、愛犬のトイレが人目に付かない場所にあるというのは、飼い主さんにとって好都合と言えるでしょう。

愛犬のトイレの場所の候補としては以下のような場所があげられます。

1.洗面所

あまり人目につかない場所というと洗面所が思いつきます。過ごす寝床からも離れていますね。普段愛犬がいる場所からトイレが遠いと途中で粗相をしてしまったり、冬場は寒いために排泄を我慢してしまうといった可能性がありますが、距離的に問題がないようであれば設置場所としては悪くありません。

ただ注意点として、洗面所のドアは閉めっぱなしされることが少なくありません。ですから犬が自由に行けるようにドアは開けておくようにしましょう。

2.部屋の死角になっている場所

廊下やドアのそばでは人の行き来があるので落ち着くことができません。また、玄関や屋外の気配を感じる窓の近くも安心できないでしょう。

それならば、普段愛犬と飼い主さんが生活する部屋の中でできる限り目立ちにくい場所を探し、そこを愛犬のトイレの設置場所にするというのはどうでしょうか。例えば階段下収納を使ってワンちゃんの生活スペースを作ってトイレを設置しておられる方もいます。

本棚などで死角になっている場所や部屋の隅のほうならば、愛犬は落ち着いて用を足すことができ、飼い主さんはこまめにトイレシートを交換することができるのでおすすめです。

また、トイレスペースに良さそうなサイズのクローゼットや棚があれば、扉を外して活用することもできるでしょう。犬もプライバシーを守れる空間であることが必要になります。それから、好きなときに自由に行けて、くるくる回ったり動いたりできる余裕を持たせるようにしましょう。

囲まれていると安心できるワンちゃんもいるようです。愛犬がそうであるならサークルを手作りしたり壁を立ててあげることもできるでしょう。愛犬のためにDIYを始めてみるのはいかがでしょうか。部屋の中で目立ちにくい場所を探すときは「寝床から離れた場所」という条件もお忘れなく。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー