チワワの体重の変化ってどのくらい?知りたい月齢毎の平均体重と推移。

世界最小の純血種チワワは、小さくてクリクリした大きな目とピンと立った耳が可愛いと不動の人気を誇っています。小さなカラダながらロングコート、スムースコートと2種類の被毛タイプに加え約20種類もある毛色,初心者にも飼いやすい室内犬であることが人気の秘密です。そんなチワワには小さいだけに適性体重があります。月齢によって変わってくる体重ですが、どのぐらいが適性なのでしょうか?

チワワの体重の変化ってどのくらい?知りたい月齢毎の平均体重と推移。

チワワの適性サイズって?


「抱き犬」と呼ばれるほど小さなチワワは、元々の体重が少ない分、適正な体重管理が必要になります。小さすぎ、太りすぎは、体調に関わる重大な事項です。平均体重は2~3kgと言われているので、少しの増減でも気になります。

産まれてから~生後3ヶ月齢の体重は?

超小型犬のチワワは産まれた時の体重が100g程度しかない場合もあります。生後40日前後で約300g~400g、2ヶ月齢450g、3ヶ月齢650gが健康なチワワの月齢体重です。生後3ヶ月で約2倍近く増えていきます。

生後4ヶ月齢~6ヶ月齢の体重は?

成犬になるまでの成長期に、体重はぐんぐん増えていきます。生後4ヶ月齢で800~900g、生後5ヶ月齢で1200~1300g、生後6ヶ月齢で1600gと、生後40日頃の体重から6ヶ月の間に4倍にも増えていきます。

7ヶ月以降成犬の標準体重は?

チワワが成犬になるのは6ヶ月~9ヶ月です。7ヶ月を過ぎると、体重の増加も緩やかになってきます。7ヶ月齢1800~1900g、8ヶ月齢2000g以上、9ヶ月齢2200g前後、10ヶ月齢2300g前後、11ヶ月齢2400g前後、12ヶ月齢2500g前後になります。成犬のチワワの標準体重とされているのは2700g~3000gですが、3kgを超えると肥満とされています。

太りすぎに注意!

片手で抱き上げられるほど小さくて可愛いチワワですが、実は太りやすい体質だと言われています。室内で飼われることが当たり前の生活では、1日の大半を寝たり食べたりして過ごしてしまいがちです。お散歩に行かなくても良いと思っている飼い主も多く、ほとんどのチワワは運動不足になっているのです。運動量は他の活発な小型犬に比べるとそんなに必要ありませんが、やはりチワワといえども「犬」ですから、外の空気に触れることは必要です。 また、お散歩が好きな犬種でもあるので、楽しくお散歩をしながら体重を適性に維持してあげましょう。

適切な体重管理が健康で長生きの秘訣

ギネスの記録を持っているチワワは、12ヶ月以上でわずか450gですが、これでは少なすぎるため健康に不安があると考える方も多いと思います。定期的に体重測定をするなどして適切な体重を維持することを心掛けましょう。肥満や痩せすぎは、病気につながりかねません。

食餌を管理しましょう。

散歩などの運動も体重管理には重要な役割を果たすものですが、主な手段にはならないのは人間でも犬でも同じです。特に身体の小さなチワワは筋肉量も少なく運動によって消費されるエネルギーはごくわずかです。太り気味のときは食べ物で摂取するエネルギーを抑えることが体重管理には不可欠です。もちろん痩せ気味のときも総合栄養食であるドッグフードを食べさせることでチワワの細い骨格をしっかり支える筋肉を育てることができます。 またチワワは、あまり嗅覚が発達していないため好き嫌いをするケースがよくあります。ドッグフードに比べ人間の食べ物や犬用オヤツは嗜好性が高いものです。食(フード)が進まないと飼い主はついつい心配し、とりあえず好んで食べられるものを与えてしまいます。けれどもこれが悪循環になっているかも知れません。食事を食べないからといって、オヤツばかりあげてしまっていてはカラダによくありません。オヤツは筋肉よりは脂肪になりやすく、オヤツでお腹いっぱいでフードが入らないというのでは困りますね。間食をさせるのではなく、きちんと栄養を摂取できるように食餌に工夫をしてあげることも大切です。

最後に

「ウチのコはコロコロしていて可愛いでしょ?」と思っている方も多いと思いますが、やはり太り過ぎは健康のためによくありません。チワワのように人為的に小さく作られた犬は、個体差があり標準体重といっても骨格によってかなり開きが出てしまいます。標準の体重を気にするばかりではなく、体型を見て太っていないか判断しましょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

andymama

20歳を目指す13歳と4歳のゴールデンレトリバーと暮らすホリスティックケアカウンセラーです。犬たちの健康に関する情報をお届けします。