犬が吐く原因と対処法!黄色や茶色の嘔吐物の原因など徹底解説!

全身をヘコヘコ波打つようにさせて愛犬が吐く姿を見たことはありますか?犬は嘔吐するとき、このような動きをします。とても見るのは辛く、心配になるのですがなぜこのようになるのでしょうか?黄色い嘔吐物や茶色の嘔吐物は一体何なんでしょうか?今回はその原因と対処法についてまとめていきます!

犬が吐く原因と対処法!黄色や茶色の嘔吐物の原因など徹底解説!

*黄色い嘔吐物の原因は胆汁!

犬が吐くものが黄色い液体だったり、白く泡立ったりする場合は「

犬が吐くものが黄色い液体だったり、白く泡立ったりする場合は「」です。ツンとした刺激のある

犬が吐くものが黄色い液体だったり、白く泡立ったりする場合は「」です。ツンとした刺激のあるの臭いが特徴です。胃の中が空っぽの状態が長く続くと、胆汁が胃に逆流してしまうことがあります。胆汁をはくことが黄色の嘔吐物の原因になっているのです。ほとんどの場合、吐いた後もピンピンしていますし、食事も普通に食べます。犬は胃の中をきれいにしようと自ら吐くこともあるので一概に病気と決めつけることはできません。ですが何度も吐くような症状がでたり嘔吐物の色に異変を感じることがあれば病院につれていくこともおすすめします。黄色の胆汁であればそこまで心配する必要はいらないでしょう。次は黄色以外の嘔吐物についてです。

茶色の嘔吐物の原因はなに??

黄色の嘔吐物ではなく色が茶色であり泡だっている場合は、食べたものが未消化の場合があります。消化されたものか未消化のものか確認しましょう。もし消化されたものを吐いているのであれば、吐く液体の中に血が含まれている可能性があります。茶色の原因として古くなった血液があげられます。 重い潰瘍や腫瘍の原因として、吐いたものが赤より茶色や黒色になることが多いので十分に注意してください。嘔吐物の形状や色に注意しましょう。

赤色の嘔吐物の原因はなに??

犬が赤色の液体を吐くと誰でも血液なのではないか!と驚いてしまいます。濃い赤色で明らかに血液だとわかる場合もありますが、イチゴジュースのような鮮やかな赤色やピンク色の場合も、血液であり病気の兆候でもありますから早急に病院で診てもらいましょう。 透明や黄色にこのような赤色が少量混ざった泡を吐く場合も同様です。食道や胃などの上部消化器に炎症があり出血していることや、心臓性肺水腫という心臓の病気が原因で肺からの出血が気管を通して吐き出されることもあります。吐いた後の犬の様子や舌の色も注意して観察しましょう。ぐったりしていたり舌の色が紫色になっている場合は緊急を要しますので病院に電話をかけて相談し、指示に従って連れて行きましょう。  

*気になる原因について!

空腹

犬はお腹がすくと吐くことがあります。一回のエサの量を減らし、回数を増やすことができるかもしれません。おやつをあげることもできるでしょう。いずれにしても、肥満にならないように注意してください。また空腹時に急にエサを食べると吐く原因にもなりますので注意が必要です。

食べ過ぎ

消化能力を上回る量を食べた場合に、胆汁、胃液、未消化のフードを吐くことの原因になってしまいます。この場合も空腹時と同様、食事の量とタイミングを見直す必要があるかもしれません。

フードが合っていない

フードの粒のサイズや原材料とが犬の身体や体質に合っていない場合、消化しきれず嘔吐してしまうことがあります。この場合は、粒の大きさを変えてあげたり、消化のよいフードに切り替えてあげることができるでしょう。新しいフードに変える場合も、それまで食べていたものに、新しいものを少しずつ混ぜて、慣らせながら切り替え嘔吐しないようにするのが良いでしょう。

遊び過ぎ

遊び過ぎたために、胃袋に負担がかかり、十二指腸内に流れ、分泌された胆汁が反対の胃の方に流れ込んでしまい、気持ち悪くなって吐くこともあります。犬もうれしいと思いますが、吐いた後は落ち着かせ、テンションが上がりすぎないように遊んであげるようにできるでしょう。

異物を食べた

犬が1日に何度も嘔吐を繰り返す場合は異物を飲み込んでしまったり、病気や寄生虫などの原因があげられます。こういった症状がでた場合は病院につれていくのをおすすめします。

*対処法について!


食べ過ぎ、急いでエサを食べた、フードがあっていないなどの対処法は絶食です。 嘔吐の対処法として犬の消化器官を休めるために半日程度食事を控える必要があります。食事を再開させる際はエサの量をいつもより少なくし回数を増やすことを意識しましょう。絶食の対処法を行ったあとに空腹の状況で急にエサを食べると嘔吐の原因になってしまうので注意が必要です。 ドッグフードをぬるま湯に浸し柔らかくし消化しやすくしてあげるのも効果的な嘔吐の対処法ですね。もし嘔吐が続くのであれば病院で診察を受けてください。また食後は少し時間を空けてから散歩や遊びをさせてあげてください。人間同様、食後すぐに動くことは吐くことの原因になりますし、犬を休ませることで対処法にすることができます。

*おわりに

嘔吐物が黄色い場合、病気の可能性は低いことが分かってほっとされた飼い主さんも多いのではないでしょうか?黄色や茶色などそれぞれ嘔吐物の色の違いから、原因や対処法なども変わってきます。また吐いたものの色によって病気の可能性を見つけることができるので、茶色や黒色の嘔吐物がでる場合は注意してください。それでも、何度も何度も吐く、元気がない、食欲がないなど気になる症状があれば、すぐに動物病院へ連れて行ってあげてください。また頻繁に嘔吐が続く場合も経過に注意し病院いつれていくことも大切です。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

onigiri

主に犬と猫の役立ち記事を書いています! 動物はなんでも大好きで~す。