生後7ヶ月の猫の育て方:大きさ(平均体重)と餌の考え方

生後7ヶ月の猫の育て方:大きさ(平均体重)と餌の考え方

2932
update
posted2016/07/01

生後7ヶ月の子猫は、大きさ(平均体重)が3~4kgくらいになり、発情期を迎える子猫もちらほら。大きさ(平均体重)は、健康の目安となるとともに、避妊・去勢手術を受ける目安にもなります。また肥満傾向の子猫は、この頃から餌の管理に注意が必要になってきます。

2932
update
posted2016/07/01

生後7ヶ月の猫

www.flickr.com

生後7ヶ月になると、子猫の顔は幼猫の丸顔から成猫に近づいてきます。

生後7ヶ月になると、子猫の顔は幼猫の丸顔から成猫に近づいてきます。になります。人間で言えば9歳くらい、と言われますが、猫の成熟は早くて発情期を迎える子猫も出てきます。 発情に伴う困った行動、尿スプレーや夜鳴きが始まる時期で、成長の目安である大きさは、避妊や去勢の手術を受ける判断の基準になります。 さらに永久歯が生えそろって餌の摂取も順調となり、心配が減る反面、平均体重と比べて太り気味?と言った体重管理が気になってくるのも、この時期。餌の量や餌のあげ方に注意が必要ですね。

大きさ(平均体重)は種類で異なる

上の図は、海外のペットフード会社による、平均体重(縦軸=kg)と、猫の月齢(横軸=月)の関係を表したグラフです。 成長しても1.5~3kgにしかならない小形のスキフ・トーイ・ボブテイルやシンガプーラ(緑線のグラフ)や、青で示される標準的な猫(Mixの和猫、アメリカン・ショートヘアーなど)、そして10kg以上にもなるメインクーンのような大形種(赤線)では、生後7ヶ月ですでに大きな差があることがわかります。 だから、この時期では単純に平均体重と比較するのではなく、

上の図は、海外のペットフード会社による、平均体重(縦軸=kg)と、猫の月齢(横軸=月)の関係を表したグラフです。 成長しても1.5~3kgにしかならない小形のスキフ・トーイ・ボブテイルやシンガプーラ(緑線のグラフ)や、青で示される標準的な猫(Mixの和猫、アメリカン・ショートヘアーなど)、そして10kg以上にもなるメインクーンのような大形種(赤線)では、生後7ヶ月ですでに大きな差があることがわかります。 だから、この時期では単純に平均体重と比較するのではなく、、が重要になります。

大きさ(平均体重)から決める避妊・去勢の時期

生後7ヶ月の猫(メス)の避妊

メスの子猫は、生後6ヶ月~1年で発情を迎えます。 発情した猫は、特有の大きな声で鳴き、体を擦りつけてきたりします。繁殖能力をもち、交尾期を迎えたわけですから、外に出たがったりします。 一般的には

メスの子猫は、生後6ヶ月~1年で発情を迎えます。 発情した猫は、特有の大きな声で鳴き、体を擦りつけてきたりします。繁殖能力をもち、交尾期を迎えたわけですから、外に出たがったりします。 一般的にはと言われますが、手術に耐える

メスの子猫は、生後6ヶ月~1年で発情を迎えます。 発情した猫は、特有の大きな声で鳴き、体を擦りつけてきたりします。繁殖能力をもち、交尾期を迎えたわけですから、外に出たがったりします。 一般的にはと言われますが、手術に耐えるが条件です。

生後7ヶ月の猫(オス)の去勢

オスの子猫は、生後6~10ヶ月で発情を迎えます。 スプレーという、少量ながら臭いオシッコを壁や家具にかける行為で、自分の縄張りを主張するほか、多頭飼いだと他のオス猫とケンカをしたりします。 オス猫の去勢手術は、避妊よりやや遅く

オスの子猫は、生後6~10ヶ月で発情を迎えます。 スプレーという、少量ながら臭いオシッコを壁や家具にかける行為で、自分の縄張りを主張するほか、多頭飼いだと他のオス猫とケンカをしたりします。 オス猫の去勢手術は、避妊よりやや遅くと言われますが、個体差があります。やはり

オスの子猫は、生後6~10ヶ月で発情を迎えます。 スプレーという、少量ながら臭いオシッコを壁や家具にかける行為で、自分の縄張りを主張するほか、多頭飼いだと他のオス猫とケンカをしたりします。 オス猫の去勢手術は、避妊よりやや遅くと言われますが、個体差があります。やはりのを目安にします。

生後7ヶ月の猫。避妊・去勢はしたほうがいい?

生後7ヶ月は大人に近づいたとは言え、まだ幼い子猫。手術を受けさせるのは不安ですよね。 避妊・去勢手術は、オスの場合尿スプレー、メスの場合は夜鳴きなどの

生後7ヶ月は大人に近づいたとは言え、まだ幼い子猫。手術を受けさせるのは不安ですよね。 避妊・去勢手術は、オスの場合尿スプレー、メスの場合は夜鳴きなどのに、やむなく行った、という飼い主さんも多くいます。多くの場合、手術後には少なくなるからです。 生後7ヶ月の猫に手術を受けさせるメリット・デメリットは、次のようになります。

メリット

メスの場合、脱走などによって望まない出産が起こるのを避けられる。夜鳴きがなくなる事が多い。

メスの場合、脱走などによって望まない出産が起こるのを避けられる。夜鳴きがなくなる事が多い。 オスの場合、攻撃性が低下してケンカが少なくなる。尿スプレーのようなマーキング行為が減る。

メスの場合、脱走などによって望まない出産が起こるのを避けられる。夜鳴きがなくなる事が多い。 オスの場合、攻撃性が低下してケンカが少なくなる。尿スプレーのようなマーキング行為が減る。 その他、オス・メスともに手術時にマイクロチップの埋込を行うと、迷子のときなど管理センターで飼い主が確認できます。チップの埋込には、費用の一部を補助してくれる自治体もあります。

デメリット

、などです。

肥満のリスクと餌の管理

猫は肥満になりやすい生き物です。肥

猫は肥満になりやすい生き物です。肥は、糖尿病、便秘・下痢に始まり、脂肪肝や心臓病などの内臓疾患、関節炎、尿道疾患に加え、皮膚病、口内炎など枚挙にいとまがありません。 肥満の基準は

猫は肥満になりやすい生き物です。肥は、糖尿病、便秘・下痢に始まり、脂肪肝や心臓病などの内臓疾患、関節炎、尿道疾患に加え、皮膚病、口内炎など枚挙にいとまがありません。 肥満の基準はですが、まだ成長期である生後7ヶ月では、少々ぽっちゃり気味でも急いでダイエットする必要はありません。ただ避妊や去勢後は肥満気味になるので、獣医さんとも相談して餌の管理には気を配ってあげましょう。 生後7ヶ月以前は、まだ消化器が発達していないので、餌を1日に3~5回程度に分けて与えていきます。その

猫は肥満になりやすい生き物です。肥は、糖尿病、便秘・下痢に始まり、脂肪肝や心臓病などの内臓疾患、関節炎、尿道疾患に加え、皮膚病、口内炎など枚挙にいとまがありません。 肥満の基準はですが、まだ成長期である生後7ヶ月では、少々ぽっちゃり気味でも急いでダイエットする必要はありません。ただ避妊や去勢後は肥満気味になるので、獣医さんとも相談して餌の管理には気を配ってあげましょう。 生後7ヶ月以前は、まだ消化器が発達していないので、餌を1日に3~5回程度に分けて与えていきます。その 猫の生後7ヶ月は、人でも心労の多い思春期にあたります。大きさの目安となる体重を測ってあげることで、肥満リスクを知って餌を与える回数など健康管理に注意してあげてください。また避妊や去勢手術が問題なく受けられるか、判断の基準にしてください。

この記事が気に入ったらシェア♪
16 名無しさん
通報

同じ文章が繰り返し書かれているところが多くあります。これだと読むのが大変なので、重複している部分を消してくださると、すっきりするはずです。読みやすい方が、内容が頭に入りやすくもなります。

15 アイラ
通報

生後7ヶ月になれば種類で平均体重も変わるよね。メインクーンとシンガプーラとマンチカンじゃ全然体重も違うだろうし。それより考えなくちゃいけないのが肥満だよね。こればっかりは飼い主がきちんと管理してあげなくちゃな。

15 ビットな生活
通報

生後7か月にもなると大人の猫に近づいてきますよね。でも去勢や避妊をしないとダメなのかっていうと、それは猫の種類にもよるんじゃないかな。あと去勢のデメリットが無いっていうのはちょっと無理があるような気がするな

13 ヒットナンバー
通報

大きさは種類によって異なるとは知りませんでした。でも、確かに同じ月齢でも大きい猫もいたり、小さい猫もいたりするので、こういうことかもしれないですね。あと、見ていて気になったのは、生後7ヶ月頃の去勢に関してのデメリットが「などです」だけで終わってしまっている点です。ここを知りたいです。

12 ローリー
通報

何この記事、ひどくない?むちゃくちゃなんだけど…。オスの子猫は、生後6~10ヶ月で発情を迎えます。って3回も記載してるし。猫は肥満になりやすい生き物です。ってのもむちゃくちゃ。どんなコピペミスしたらこんな記事ができるの?ていうか、そのまま掲載されてるってやばない?

11 トビー
通報

猫って生後7ヶ月で発情期を迎えることもあるんだ。生まれてからたったの半年で、赤ちゃんを産める体になるってことか~…なんかほんと猫の成長って早いんですね。ただこの記事、中途半端なところで終わってるところがあって、意味が分からないです。ちゃんと校正してない?

10 名無しさん
通報

7ヶ月の猫の避妊、去勢のデメリット知りたいー。

9 コメ
通報

3ヶ月ぐらいで、もう大きさの違いって出て来るんですね。どんな子もすくすくと育って欲しいです。でも、肥満には気をつけたいと思います…。

8 ティム
通報

コレ、記事としては未完成では?途中で文章が終わっているところが何箇所もあって困惑しました。情報として紹介するなら正確性が必要なのにこれじゃ不正確です。校正をきちんと行われていない記事は信頼できませんよ。

7 名無しさん
通報

デメリットがない、、、そんなはずはない!

6 BOX
通報

生後七ヶ月の猫の避妊・去勢に関してなのですが、デメリットはどういった点が挙げられますでしょうか?記事全体をくまなく読みましたが、解説がありませんでした。それから、文章が途中で切れている箇所もいくつか見受けられました。デメリットや、途切れている部分に関して詳しく教えて欲しいです。

5 カカ
通報

単純に平均体重と比べることではなく…なにが重要なんですか?!気になります!!

4 名無しさん
通報

なんかバグっているんですけど。。。記事書くならそこらへんはきちんとしてほしいです。しないならアップしないで。

3 おこちゃま
通報

生後7か月になると発情する猫もいるんですね。顔付きが大人っぽくなるのは分かりますが、7か月で発情となれば色々準備しておかないとあっという間ですね。躾もそうですけど、避妊の目安にもなりますからね。7か月で人間の9歳と考えれば、成長が早いですよね驚いてしまいます。

2 ぽん
通報

猫は肥満になりやすいというのは意外でした。太っている猫は、あまり見かけた事がないような気がするので、びっくりです。肥満になると、様々な病のリスクを招くのですね。痩せ過ぎも太り過ぎも、健康には良くないので、丁度良い体重を知る事が大切だと思います。

1 Mo
通報

記事が書き途中なのでしょうか?文章が途中で終わっているところがあり、読みにくいです。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー