猫はみかん(柑橘系)を食べても大丈夫?

みかんを剥いていると、猫が側によってくることがありますよね。みかんが欲しいのかな?と思っても与えるのは、ちょっと待って!柑橘系のみかんは、猫のカラダに害を及ぼす危険もあるかもしれません。

猫はみかん(柑橘系)を食べても大丈夫?

猫はみかん(柑橘系)を食べても大丈夫?詳しく説明!


猫に害がある?柑橘系の栄養成分

飼われている環境で猫の好きな食べ物は変わってきます。猫と言えばお魚やお肉、と思われる飼い主さんが多いかも知れませんが、柑橘系のみかんの皮が好きだという猫もいるようです。 しかし、柑橘系のみかんの皮には「リモネン」という成分が多く含まれています。 レモンをその名前の由来とするリモネンは、爽やかで甘酸っぱい柑橘類の香りのもととなる成分です。 もともとが肉食動物の猫の代謝機能は人間とやや異なり、このリモネンを分解する酵素を持っていないので、解毒機能を受け持つ肝臓に負担をかけ有害なのです。 また皮についている鮮度を保つためのワックスも、果物の種類や生産地によっては危険がゼロではないので、皮が好きな猫には十分注意が必要です。

肝機能にダメージ

人には心を落ちつかせるリラックス効果や代謝を上げるダイエット効果、免疫力を高めたり抜け毛予防にもなるリモネンですが、猫にとっては中毒のような症状が出てしまいます。 リモネンが猫の体内に入ると嘔吐・手足の痙攣・皮膚かぶれや痒み といった症状が現れます。猫はもともと肝機能に障害を持ちやすいので、肝疾患を持っている猫の場合は悪化させる原因にもなります。 猫がみかんを含めた柑橘系の果物を食べた後に普段と違う様子が見られたら、念のために動物病院で受診しましょう。

本来、本能で柑橘系のにおいを猫は嫌う

人はみかんのような柑橘系の香りに爽やかさや心地よさを感じ、香水から制汗剤、ハンドクリームや食器用洗剤まで様々な商品が発売されています。 睡眠を促す効果さえあるほど好まれているリモネンの香りですが、猫には全く逆で、酸っぱくて不快な刺激臭のように感じているようです。 みかんなどの柑橘系を食べた手でカラダを触られるのを、とても嫌がる猫も多いですよね。それは「酸っぱい=危険」と猫が本能的に感じているからです。 とくに柑橘系の香りが強いレモンやグレープフルーツ、カボスやユズ、ライムの香りには敏感に反応し他の部屋に逃げていく様子が見られます。

嫌いな香りを応用する

猫の「酸っぱい=危険=嫌い」といった防衛本能を活かして、猫に来てほしくない場所や悪戯防止、爪とぎ防止などに柑橘系の香りを使う場合もあります。 手作りスプレーや市販でも販売されているようですが、中には気にせずに舐めてしまう猫もいるので、猫の反応を調べてから使用する方が安全でしょう。

アロマの精油に注意

柑橘系の精油は犬や馬にはノミ取り、ケアなどに使われることがあります。でも猫には、精油(エッセンシャルオイル)を代謝できないためNGです。 もともと猫は肉食動物なので植物を栄養として利用できず、誤って口にした場合重篤な中毒症状を引き起こすケースが報告されています。 アロマテラピーなどに使用される精油は特定の植物から抽出して作られる、純度100%のものです。製造の過程で濃縮されているので、たとえ少量でも、リモネンなどの成分が生のままの果物とは比べられないほど多く含まれています。 フェノール類(ミルラ、パチュリー、クローブ・バッド、タイム・ホワイト、シナモン・リーフ)・ピネン(サイプレス、ユーカリ、ジュニパー・ベリー、フランキンセンス、パイン)・リモネン(オレンジ・スイート、グレープフルーツ、レモン、ベルガモット、ブラックペッパー)・ケトン(ペパーミント、ローズマリー)類は、猫に毒性が特に高いと言われている成分なので、柑橘系の精油以外でも猫の皮膚に使用は禁止です。 誤って舐めてしまわないよう保管場所や取り扱いに気をつけたり、猫がいる部屋でアロマを炊く時は十分に換気に気をつけてください。 猫の健康を考えると、みかんは食べさせないほうがいいかもしれませんね。子猫などはみかんが転がるのを面白がり、ボールのように遊んでしまうこともあるので、手の届かない場所に置いておく方がいいでしょう。 また猫が好んで食べることがなくても皮膚から吸収してしまう可能性もあるので、家にある柑橘系のグッズの取り扱いにも注意が必要のようです。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

toko4627

性格を、「猫タイプ、犬タイプ?」と聞かれた時、自分では犬タイプだと思っていたら「猫タイプ!」と言われているアラフォーです。黒猫ノアと、お昼寝できる冬が好きです。