猫ってコーヒー好き?飲むのは大丈夫?注意点を知ろう!

淹れたてのコーヒーの匂いに誘われて、愛猫がやってくる…。コーヒーの香りが好きな猫って意外と多いみたいです。では、猫にコーヒーを飲ませてもいいんでしょうか?詳しく調べてみました!

猫ってコーヒー好き?飲むのは大丈夫?注意点を知ろう!

猫がコーヒーを飲んでも大丈夫?

猫にコーヒーは、飲ませないほうがいい

結論から言うと、猫にコーヒーは飲ませないほうがいいでしょう。 一般的に、猫に与えないほうがいい食べ物の一つとして知られているカフェイン猫に中毒症状をもたらすこのカフェインが、コーヒーには多く含まれているためです。

猫がカフェインを摂取するとどうなるの?

猫に与えてはいけない食べ物として、チョコレートも一般的に知られていますよね。カカオに含まれる「テオブロミン」とカフェインは構造が似ているため、猫がコーヒーを飲むと、チョコレートの中毒症状と似た症状が現れます。嘔吐や下痢、動悸、興奮、けいれん、多尿などの症状が主で、摂取しすぎた場合は昏睡したり、場合によっては急性心不全で死に至ることもあるので注意が必要です!

猫にコーヒー、危険な量はどれくらい?

猫がカフェインを摂取したときの致死量は、猫1㎏あたり80~150mgといわれています。標準的なレギュラコーヒー1杯(150ml)に含まれるカフェインのは約100mg。成猫の平均体重を3~5kgとすると、小さめの(体重2~3kg)猫ならコーヒー2杯で危険な状態になってしまいます。 また、中毒症状を起こす量は致死量よりずっと少ないので、誤飲してしまった場合は少量でも注意が必要です。

なぜ、コーヒーの香りが好きな猫がいるの?


一般的には、猫はコーヒーの香りが嫌い

昔から、柑橘系の匂いと並んで「猫が嫌う」とされているのがコーヒーの香り。野良猫よけに、コーヒーや柑橘類をまいておくという話もよく聞かれます。人間にとっては心が安らぐコーヒーの香りでも、猫にとっては嫌~な匂いに感じている場合もあるんですね。 しかし、猫も人間同様に嗜好も様々なのでコーヒー好きな猫が居てもなんら可笑しい事ではないのですが、こと命に関わるならば話は別です。 飲みかけのカップを放置しない、挽いた豆の処理・廃棄を忘れずに。 コーヒー好きの猫には飼い主さんが飲んでる時の〝香り〟だけを楽しんで貰いましょう。

人間と暮らすうちに好きになるケースもある?

では、コーヒーの香りに寄ってくるような猫は、なぜその匂いが好きになったんでしょうか? 科学的な理由はわかっていませんが、やはり「人間の食べるものに興味を示している」というのが一番でしょう。また、ミルクを入れて飲んだコーヒーの、ミルクやシロップの部分が好きというのも考えられますね。

猫がコーヒーを飲んでしまったら?

コーヒーの中毒症状はどう出る?

猫がコーヒーを飲んでしまうと、中毒症状としては、まず最初の1~2時間で落ち着きがなくなり、そわそわし出します。その後に失禁や頻尿、チョコレート中毒と同様の嘔吐や下痢、動悸、高体温の症状が出てきます。 コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があり、それと同時に嘔吐や下痢を繰り返していると脱水症状に陥る危険性もあるので、水分を十分に摂らせる必要があります。 重度になると硬直やけいれん発作が起こることも。早めに発見してあげるのが大切です。

いつ、どのくらい飲んだのかを見極めよう

猫がコーヒーを誤飲してしまったら…。カフェイン中毒は自宅で処置しようとせずに、まずは病院で獣医師の判断を仰ぎましょう。 摂取したコーヒーの量によって症状の程度が違ってくるので、いつ、どのくらい飲んだかを把握しておくと、治療もスムーズです。

人間にとっては、美味しくて病気の予防効果、集中力アップ効果などもあるコーヒー。でも、猫にとっては思わぬ危険が潜んでいたんですね! 愛猫が誤ってコーヒーを口に入れてしまわないように、注意しておきたいものです!

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

マタリ

猫好きライター。今はひとり暮らしですが、いつかまた、猫と一緒に暮らしたい! よく「犬顔」といわれるので、ワンコにも多大な親しみを感じてます。