ブルテリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

ブルテリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

6954
update

その防衛本能の高さからホワイト・キャバリアともいわれるイギリス生まれのブルテリア。愛嬌のある顔をしているブルテリアは、いったいどういった性格をしている犬種なのでしょうか?今回は、ブルテリアの性格の良いところと注意しなければいけないところについて紹介していきたいと思います。

6954
update

ブルテリアの特徴

ブルテリア

naka/stock.adobe.com

一度見たら忘れられない!! インパクト大!だけど、実はとっても賢く、チャーミングな瞳を持つブルテリア。 ブルテリアが持つ沢山のギャップに魅力されるファンの方も多いようです。

なかなか日本でお目にかかる機会は少ないかもしれないので、是非この記事を通してブルテリアが持つ数々の魅力を知って下さいね。

ブルテリアの外見的特徴

ブルテリアの外見で一番はじめに目につくのは、やはりなんと言っても、ユニークな形の頭部と、そのつぶらな瞳です。

通常、ほとんどの犬はマズルと額の接触部分である「ストップ」にくびれがあるものですが、ブルテリアはこのくびれがほとんど見られないで、頭部は非常にのっぺりしたユニークな形をしています。 この頭部も、チャーミングポイントの一つですね。

ピンとした立ち耳は聴覚に優れており、がっしりとした筋肉質な身体は闘犬だった歴史を思い起こさせますね。 ちなみに目の周りに黒い模様がついたブルテリアがいますが、あの独特の模様はアイパンチと呼ばれており、世界中のブルテリアファンから愛されています。

ブルテリアの寿命・体型

寿命に関しては、先天性の病気を持つ個体も多く、個体差もありますが、11〜13歳と言われています。 ブルテリアの標準的な体高はオスメス共に50cm、体重は20kg前後です。

中型犬ですが、短毛でがっしりとしているので、なかなか逞しい体型をしています。

アニメで大人気?!

皆さんは、ブルテリアを主役とした日本のアニメーションをご存知ですか? 1993年から1994年までテレビ朝日系列で放映されていた『平成イヌ物語バウ』という作品です。

お調子者でトラブルメーカーなブルテリア犬のバウと、飼い主たちを主軸に展開されるコメディ作品でしたが、このアニメをきっかけにブルテリアという犬種を知ったという方も数多くいらっしゃるかもしれません。

作品内ではかなりなおっちょこちょい犬として描かれていますが、実際のブルテリアは非常に頭が良く、人間に対してもとても愛情深い犬種です。

ブルテリアの歴史

Close-up portrait of Happy White Bull Terrier Dog Smiling on isolated black background, profile view

Seregraff/shutterstock.com

ブサカワの犬として知られるブルテリアは、1835年のイギリスで闘争性と機敏性を兼ね備えた究極の闘犬種を目指してブルドッグとオールド・イングリッシュ・テリアとの交配によって作出され、のちにはスパニッシュ・ポインターの血が加えられました。 初期段階では、ブル・アンド・テリアと呼ばれていた犬でしたが、闘犬種として活躍し、その強さから闘犬種の世界では頂点に君臨するようになりました。 1935年に闘犬が禁止されると、次第にブルテリアを戦わせることではなく、コンパニオン・ドッグとして飼育する為のブリーディングが行われるようになりました。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 シミュレーション
通報

家族を喜ばせようとするって、どんなことをしてくれちゃうのかな?ブルテリアに関して、隅から隅まで熟読しましたが、あの見た目からは想像もできないほど、いい子なんですね。まったく知りませんでした。大分イメージ変わりましたよ。

1 タケシ
通報

ブルテリアって番犬としても有能なのか、見た目が愛嬌あるので番犬のイメージはなかったけどね。大好きな人に感情を表すのに飛びつくとか、めちゃくちゃカワイイんじゃないの。人懐っこい犬って飼ってても楽しいし、家族って感じがするからいいなぁ

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー