もし離れたとしても大丈夫!災害時にあなたと犬を繋ぐステッカー

もし離れたとしても大丈夫!災害時にあなたと犬を繋ぐステッカー

1627
update

今、もしも災害が起こったら。あなたが想定する災害対策の中に、ペットのことは入っていますか? 2011年の東日本大震災では、ペットの被災や置き去りが問題になりました。また、先日の熊本地震でも迷い犬の事例が多く報告されています。この記事では、「もしも」の時に愛犬を守れるステッカーを紹介します!

1627
update

「RESCUEペットステッカー」とは?

www.flickr.com

もしも災害が起こったらペットは…

普段から、家族の一員として仲良く暮らしているペット。でも、もしも災害が起こったとき、ペットのことをどうするか考えていますか? 地震などの災害は、ある日突然やってきます。ペットと一緒にいる時に起こったなら、避難場所に連れていくこともできますが、発生がもし、家族全員が不在にしている時間帯だったら? 離ればなれになってしまうかもしれません。

特に、犬は飼い主が不在中はつながれている場合も多いから、逃げ後れる危険性も。先日の熊本の震災でも、ペットの犬が取り残されたり、行方不明になる問題が多数報告されているんです。

不安を和らげるのが「RESCUEペットステッカー」

そんな事態に備えて開発されたのが、災害時にペットを守る「RESCUEペットステッカー」です。 発売したのは、大阪のペット用品開発・販売会社、Leaps(リープス)です。過去の震災での経験を通じて、ペットへの災害対策の大切さを痛感して開発されたというこのステッカーには、災害時に飼い主と愛犬をつないでくれる役割があります。どのように対策をとっていくのか詳しくみていきましょう!

災害対策「RESCUEペットステッカー」の使い方

「RESCUEペットステッカー」はこう使う!

「RESCUEペットステッカー」は、地震や豪雨などの災害が起こったとき、ペットの救助依頼ができるもの。普段から自宅の玄関の外に貼っておくことによって、近所の人たちに「この家はペットを飼っています」と認識してもらえるようになります。また、住人がペットを残して緊急避難せざるを得なかった時に、「中にいるペットを助けて」「食事を与えてください」といった、外に向けてのメッセージになるんです!

色もオレンジで目立つので、レスキュー隊に気づいてもらいやすい効果も。非常用のエサや水とともに、日頃から準備しておくことによって、大切なペットを災害から救える可能性が高まります。

www.petoga.jp

Leaps 商品説明ページ

犬用・猫用とあり、20種類のデザインから選べます。該当の犬種を飼っている場合はそのステッカーを。どれにも当てはまらない場合や、多頭飼いの場合は、犬猫共通の「肉球マーク」を貼るといいでしょう。

「RESCUEペットステッカー」を作ったLeaps社長の想いは…

情報発表時のコメントで、Leapsの窪中代表取締役は、こう語っています。

「地震や台風などの自然災害が多い今、ペットだけで留守番をさせるときなどに、これを貼っておくことによって近隣の人に助けてもらえる可能性が出てくればと思っています。ペットを飼っていない人にも、このステッカーの意味を広く知ってほしいです」(引用)
出典:http://news.mynavi.jp/news/2013/10/11/397/

”少しでも多くのペットが助かれば”という、熱い想いが伝わってきますよね。この対策を知らない人にも、ぜひ広めたいステッカーです!

「RESCUEペットステッカー」はどこで手に入るの?

「RESCUEペットステッカー」は、全国の大手ペットショップやホームセンターで販売しているのに加え、ネットショップでも入手可能。売り上げの一部は2011年の東日本大震災で傷ついたペットたちを守る団体「福島県動物救護本部」に寄付されます。 手頃な値段なので、「もしも」の時がくる前に、購入を検討してみてはどうでしょう?

購入先

Amazon

いかがでしたか? 災害の時には、ペットは飼い主との「同行避難」が推進されています。でも、やむを得ない事情でペットを家に残していかなければならなかったとき、きっとこのステッカーが、あなたと愛犬の助けになってくれるはず。 また、日頃から災害についてシミュレーションすることも、忘れないようにしましょうね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー