犬が噛んで遊ぶ人気のおもちゃ5選!使い方のコツなどもご紹介

犬が噛んで遊ぶ人気のおもちゃ5選!使い方のコツなどもご紹介

1978
update

噛むことでストレス解消になる犬達!特にパピー犬であれば噛むことがお仕事です。犬の噛む力を鍛えるために使えるおもちゃを紹介します。人気のおもちゃ5選は次のとおり!

1978
update

パピーコング

item.rakuten.co.jp

アメリカでも人気のパピーコングは、中が空洞になっています。 ホームセンターでも見かける噛む用のおもちゃで日本でも人気です。 犬の体重や年齢に合わせて変えていく事もできます。 パピー用のコングは、やわらかい天然のゴム100%から出来ていてあま噛みする犬に最適! またストレス解消にも役立ちます。 それと同時に噛むことで歯やあごも鍛えられます。 パピーコングの特長として、中にご褒美としてフードやおやつを入れてあげられます。 中に入れるぺーストも販売されています。 また、飼い主が出かける時、中におやつを入れてあげることで数時間一人で楽しくお留守番できます。 しかもボールとして遊べます。 おもしろい形をしているので投げるとどこに行くか分かりません。 犬にはとても魅力的です。これ一つあれば、丈夫な作りなのでかなり長く使えます。 そこが人気の理由です。使ったあとはコングを洗って清潔に保ちましょう。

ハーツ(Hartz)デンタルボーン

www.hartz.jp

超小型犬用、小型犬用、中~大型犬用の3タイプがあります。 犬が遊びながらデンタルケアもできる人気のおもちゃです。 獣医が開発に加わりこのおもちゃを編み出しました。噛む力を鍛えるので歯ぐきも強くし、同時に歯垢も落とす効果も得られます。 ベーコンフレーバーがついていて噛みごたえがあるので飽きずに使えるからいいですね。 このおもちゃはシリーズ化されていて、オレンジ色の従来タイプの他に、ソフトタイプはピンク色のぽつぽつ部分がTPR(サーモプラスチックラバー)でできています。 従来タイプ(オレンジ色)のラバー部分の約半分の固さなので、パピーやシニア犬など噛む力が弱い犬に適しています。 使い分けましょう。 「ボーン」と呼ばれる骨形の人気のあるおもちゃの他に「ティーザー」という中央に穴の空いたおにぎり形の製品も用意されています。 ティーザーも従来タイプとソフトタイプの2種類から選べます。 その独特の形状から口に入れる部分が小さいため、誤飲してしまう心配があったり口が小さい犬にはこちらが合っています。 ティーザーは超小型~小型犬用と中~大型犬用の2タイプが用意されています。 固さ大きさがこれだけ充実しているので人気があるのもうなずけますね。

ペットステージのウッディー・タフ・スティック

www.dadway-onlineshop.com

スモール、ミディアム、ラージ、ジャイアントと4種類あり。天然木のチップを固めたスティックで、噛んでも突起部分が出にくく粉々になるように作られていて安全性を重視してるので人気があるおもちゃです。 歯の生え変わり時期のパピー犬の噛む用に遊ばせるものとして最適です。 ストレス解消にもってこいです。 安全な作りですが、注意点として遊びに夢中になりすぎて歯茎から出血することもあるので、そばで観察していて気づいたなら使用をやめるようにしましょう。 飼い主がでかける時には犬の手が届くところに放置しないようにしましょう。 上手に遊んで歯茎を鍛えられるように助けてあげたいものです。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

うちの犬はこれが大好きで、暇さえあれば噛んですぐダメにしてしまいます。おかげで噛む力は強くなったのかな?犬は骨がすごい好きってアニメとかで見てたけど、本当に骨を与えるのはよくないらしいですね。余談ですが、、、

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー