警察犬訓練士になるには!必要な資格や技術を解説!

警察犬訓練士になるには!必要な資格や技術を解説!

1467
update

犬が大好きなら、警察犬訓練士になりたいと思う人もいるかもしれません。犬と一緒に人を助ける仕事がしたくこの仕事に就く人もいるようです。この警察犬訓練士になるためには、どんな資格や技術がいるのでしょうか。

1467
update

警察犬訓練士は、二種類に分かれます

www.flickr.com

一つは、警察が所有している警察犬の訓練を行う訓練士で、直轄警察犬訓練士と呼ばれています。この直轄警察犬訓練士になるには、警察官採用試験に合格しなければなりません。また警察の監察課に所属される必要があります。直轄警察犬訓練士になれる可能性は高くないようです。直轄警察犬訓練士になれたとしても警察内での部署異動があるので、ずっと直轄警察犬訓練士になるということは難しそうです。 もう一つは、都道府県の警察本部が実施している嘱託犬審査会に合格した嘱託警察犬を訓練する訓練士で、嘱託警察犬訓練士と呼ばれています。民間の飼育犬で、民間の警察犬訓練所で訓練を行いますので、その民間の警察訓練所に雇ってもらう必要があります。そこで見習訓練士として働きながら、公認訓練士の資格をとる必要があります。その後一人前の訓練士になることができます。一人前になるにも、5年から6年の期間かかるといわれています。 訓練士育成学校もあるようですが、見習訓練士としての経験を積むことは必須のようですので、学校に通ったとしても5年から6年はかかるようです。訓練士になるために特別な学力はいらないようですが、見習訓練士の期間は給料がなかったり、低かったりしますし、体力と精神力が必要とされています。

公認訓練士の資格は、日本警察犬協会が実施する試験に合格することによって得られます。公認訓練士の資格は、三等訓練士から始まり、二等訓練士、一等訓練士、一等訓練士正、そして一等訓練士長の5段階に分かれています。三等訓練士から順次昇格していきます。三等訓練士の資格を得るには、日本警察犬協会の公認訓練士が経営する訓練所に入所して実績を作り、その後三等訓練士試験を受験し合格することによって三等訓練士の資格を得ることができます。 三等訓練士から二等訓練士に昇格するには、2年以上の訓練に従事することが必要です。また二等訓練士から一等訓練士に昇格するには二等訓練士として5年以上の訓練に従事することが必要になっています。また昇格するには、日本警察犬協会の関係機関からの推薦が必要になるようです。 一等訓練士正への昇格は一等訓練士として10年経過し、日本警察犬協会に貢献されるなどの条件を満たしていることが必要です。一等訓練士正から一等訓練士長への昇格も一等訓練士正として10年経過して、日本警察犬協会に対する功労があり、他の訓練士の模範になる訓練士であることが必要です。昇格のすべては、日本警察犬協会を構成する理事会で承認されます。 公認訓練士の資格を持つと、2年ごとに公認訓練士の登録更新も義務付けられています。 公認三等訓練士の受験資格は、18歳以上であること、訓練経験を有している人、所定の訓練試験合格実績があることが受験資格です。この資格を満たしている人が学科試験を受けます。訓練試験合格実績とは、日本警察犬協会の訓練試験科目に2頭以上5科目以上を自分が訓練した犬を合格させることです。この実績がないと公認三等訓練士の試験を受ける資格が得られません。

警察犬訓練士になるには、公認訓練士という資格を取る必要があることがわかりますが、それまでも長い道のりです。長い期間経験を積まなければならず、大変なことや努力もいりますが、警察犬と一緒に生活し時を過ごすのは何物にも代えがたいものになるかもしれません。 犬と一緒に人の為に役立つという喜びは大きく満足の多いものでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー