チワワのトイレのしつけ方。しつけの時期やしつけ方のポイントについて解説。

クリクリの目が愛らしいチワワ。チワワの子犬を飼ったけど、肝心のトイレのしつけ方がわからない・・・。そもそもどのタイミングでトイレのしつけをすればいいの?チワワのトイレのしつけに最適な時期等、詳しくご説明いたします!

チワワのトイレのしつけ方。しつけの時期やしつけ方のポイントについて解説。

チワワのトイレのしつけ時期


トイレのしつけに関しては、この時期が良いといったタイミングはありません。チワワのトイレのしつけに最適なタイミングは「初めて家に迎え入れたとき」です。これ以外の時期にトイレのしつけを行うと、しつけ方によってはトイレをしっかりと覚えますが、たいていの場合、失敗して以後なかなかチワワはトイレを覚えてくれません。まずは家に迎え入れた際、すぐに床を走り回らせるのではなく、まず第一に行うことは、トイレのしつけなのです。それでは、トイレのしつけ方はどのように行えば良いのでしょうか?

チワワのトイレのしつけ方

さて、チワワのトイレのしつけに時期は関係ないことがわかりました。次は、トイレのしつけ方です。まずはケージ、トイレシーツの2つを用意しましょう。トイレシーツは、まずは中型~大型犬用のトイレシーツが良いでしょう。ケージ内に、寝床とトイレを分けずに、まずはケージの中をトイレシーツで敷き詰めます。そこに迎え入れたチワワを置きます。チワワはケージ内をうろうろしたり、出してほしくて吠えるでしょうが、無視しましょう。まったく意に介さず、ひたすらチワワが排泄するのを待ちます。やがてチワワは落ち着いて、排尿すると思いますので、そこで思い切り褒めてあげましょう。一通り褒め終えたら、即座にトイレシーツを片付け、新しいトイレシーツを敷きます。さて、次は排便待ちです。こちらも排便するまで辛抱強く待ちましょう。チワワが排便したら、同じく思い切り褒めてあげます。そしてすぐに片付けて、新しいトイレシーツを敷きましょう。ここで注意しておきたいのは、排泄物がトイレシーツから少しでもはみ出していた場合には、一切褒めてはいけません。完全にチワワを無視してトイレシーツを片付けます。完全にトイレシーツの中に排泄した場合のみ褒めてあげます。そうすることで、チワワはトイレシーツの中をトイレを認識するようになります。排泄を終えて、初めてチワワを床に開放してあげることが出来ます。しかし最初のうちは、基本的にはケージ内にいる時間を長くしましょう。チワワがトイレを理解するまで時間がかかります。慣れてきたら徐々にトイレシーツの割合を減らし、チワワがトイレシーツからはみ出さずに排泄をするようになったら、トイレのしつけ方としては完了です。次は、しつけ時期を間違えてしまった成犬のチワワの場合についてご説明いたします。

チワワの成犬のトイレのしつけ方


さて、難しいのが成犬のチワワのトイレのしつけ方です。トイレのしつけ時期を間違い、なかなか愛犬がトイレを覚えてくれない場合には、次のようなしつけ方を試してみましょう。 チワワがそこら中に排尿をしてしまう場合、トイレットペーパーでふき取り、もともとのトイレの場所へそのトイレットペーパーを置きます。またはトイレシーツにおしっこを少しすりつけましょう。そうすることで、トイレシーツからおしっこのニオイがし、チワワはそこがトイレだと認識するようになるかもしれません。 しつけ時期を間違っても、やることは子犬の時期と同じです。 トイレを覚えていないチワワは、覚えるまではトイレシーツをケージで囲いましょう。しつけ方は上記の方法と同じです。 ただ、成犬でトイレのしつけ時期を間違ってしまっている場合、粗相することが多いでしょう。しかし絶対に叱ってはいけません。 チワワが排泄することに自信がなくなってしまい、排泄自体をしなくなる可能性があるからです。トイレのしつけ方は、ほかのしつけと同じく、チワワに自信をつけさせるしつけを行いましょう。 しつけ時期を間違っていても、根気良くしつけを行えば、必ずトイレを覚えてくれるでしょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

でりっく

元ドッグトレーナーですので、しつけに関しての記事を中心に作成していきます。

「トイレのしつけ」のキーワード

「トイレのしつけ」に関するキーワード