【ブランコ歴5年】世界中のインスタグラマーから大人気な柴犬『うに』とブランコの関係!!

夏休みもあっという間に中盤。学生ではないものの、あっという間ですね。もう今年も残り数ヶ月…9月にはうにも6歳。11月にははろが5歳。そんなこと思うと切なくなってしまう、もう秋めいてきてすらいる夏の早朝散歩です。オリンピック観て感動して、あぁ明らかに自分も歳だわ、なんて、そんなうにはろ一家です。

【ブランコ歴5年】世界中のインスタグラマーから大人気な柴犬『うに』とブランコの関係!!

うにといえば…!

ブランコ、ですよね。きっと。 第4回目まで引っ張ってしまいましたが…わかっています。

これでインスタが一挙に!

とにかく毎日乗っているので、どの写真が一番か!なんて飼い主ですらわかりませんが…とにかくたくさんのフォローといいねをいただいております。(ただの管理不足?) 決して無理やり乗せているのではなく!うにが自ら公園に、ブランコの下までスタスタと進んでいきます。 うそん?と思われると思いますが…本当なの。

念のため、申しておきますが…早朝及び誰もいない公園でしか乗せません。 あくまでも小さなお子様の遊具なので。そして拭いてから乗せて(夜露や泥がすごかったりします)、遊び終わったら除菌清掃しております。 なもので、最近公園掃除の係のおじさまたちと大の仲良しです。 ブランコまわりのゴミ拾いはわたくしめにお任せください!状態です。

みなさまが知りたがるなぜ?

笑顔でブランコに乗る理由。きっかけ。 それは…わかりません。笑。 きっかけはちょっと乗せてみた、程度のものだったはずです。 ただいつの間にか、進んで乗りたがる、降りたがらないのは事実です。

このリラックスぶり。 ゆりかご代わりみたくなってしまいます。 最初は揺れを楽しんで、その後眠くなってくるシステム。 わからんでもないですよね。

完全に魂抜かれて大いびき。 YouTubeにもインスタグラムにも動画あげているので是非ごらんください。

ブランコ!

今更見出しにしてもおそいですが…とにかく楽しんでくれています。 そう、ブランコ酔いもせず、大きめに揺らしてもこの通り。

はろも飛び乗ります(これは自分で)、そして勝手に飛び降りる。 ブランコの下でウロウロする、危険分子。

ブランコ歴5年!

もうそんなに経ちます。継続は力なり、じゃないけれど今ではいろんな乗り方、乗っている最中に自分で姿勢を変えたり自由自在です。まぁ寝るくらいですからね。 なので今回はなんの秘訣もないただのうにがブランコに乗っている写真の御紹介です。

はろはとにかくボールがあればいいのです。 うにをブランコに乗せながら、母ははろとボールで遊びます。 逃げないし一石二鳥? 赤ちゃん乗せておくバンボ?のような存在…笑。

まさにうっひゃっひゃ!って感じですよ。

楽しんでもらえているって、飼い主のエゴかもしれませんがここまでの笑顔もらえると本当に幸せです。 今や世界のたくさんの国々からメッセージいただけるほどに。 ありがたいです。 実際目撃された方はなんと地味に…と思われるとおもいます。 でも掃除のおじさまたちのアイドル!

朝の挨拶!

うにがブランコ大好きのおかげで、はろがずっとボールをくわえているから、みなさまからよくお声をかけていただけます。 正直最初は知らない方々に話しかけられることに抵抗があった母ですが…今では朝すれ違う方々には自分から「おはようございます!」と大きな声で挨拶するようになりました。

これは、非常に素晴らしいことだと自負しています。と、同時に犬を飼うって素敵だな、って思えるようになりました。やっぱり挨拶から始まり、挨拶で終わるのは礼儀だな、と。当たり前のことができておりませんでした。

そう、だからうにはろにも感謝。 自分が変わっていくのがわかるから。 うにはろには常にありがとう、大好きだよ、伝えるようにしています。 後悔はしないように。ね。 最後までお読みくださったみなさまもありがとうございます。

またね。 次は…もうネタ切れ?

インスタや過去記事もぜひご覧ください♪

instagram過去記事

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連する記事

    • 犬のためのアロマは危険!?アロマやアロマテラピーの危険性・種類・使用法とは?

    • 犬のためのアロマは危険!?アロマやアロマテラピーの危険性・種類・使用法とは?

      犬のためのアロマテラピーは、攻撃性を抑えるためやリラックス効果以外にも、関節炎やガンの疼痛緩和、抗菌やフィラリア予防、呼吸器疾患の緩和に用いられます。そのいっぽう一部の柑橘系やティーツリー、マヌカオイルなどには、犬や猫に有害な成分があります。危険なアロマの種類や使用法を知って、いっしょに楽しみましょう。

      15905
    • 猫と一緒に寝る人は病気に注意。気を付けたい添い寝

    • 猫と一緒に寝る人は病気に注意。気を付けたい添い寝

      猫と一緒に寝るってなぜあんなに気持ちいいのでしょう。猫を飼う人だけに許された、特別な時間です。ですが、猫と一緒に寝ることには意外と危険が伴うものなのです。猫と一緒に寝ることに伴う危険とは?なぜ気をつけるべきなのでしょうか?

      33710
    • 犬の爪切りで出血した!止血方法について解説。

    • 犬の爪切りで出血した!止血方法について解説。

      犬のお世話をしていて、非常に焦ることはやっぱり血を見ることですよね。爪切りなどで失敗した場合は、思わず結構な血の量に驚いて気が動転してしまうものです。そこで、普段から慌てないように自宅で犬の爪ケアをしている方は、止血方法を充分知っておけば安心です。誰でもできる止血の方法を解説します。

      21341
このまとめのキュレーター

meme

柴犬うに、トイプードルはろと一緒に暮らしています。https://www.instagram.com/unihalo/?ref=badge