ベルジアンシェパードドッグマリノア ってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ

ベルジアンシェパードドッグマリノア ってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ

2322

ベルジアンシェパードドッグマリノアは、ベルギー生まれの牧羊犬でベルジアンシェパード4犬種の1つです。ベルジアンシェパードドッグマリノアはどのような特徴や性格をしている犬種なのでしょうか?今回は、性格や特徴から考えられる理想的な飼い方やしつけの方法について紹介していきたいと思います。

2322

ベルギー生まれの牧羊犬、ベルジアンシェパードドッグマリノア

jagodka/stock.adobe.com

ベルジアンシェパードドッグマリノアはベルギー生まれの牧羊犬で、ベルジアン・マリノア、シャン・ド・ベルジュ・ベルジュ、シアン・デ・ベルジュ・ベルジュの別名を持っている犬です。 体重が27~29㎏、体高が55~66㎝の大型犬に分類される犬で、平均寿命は10~12年で大型犬としては長寿の犬という特徴を持っています。 ベルギーにはベルジアンシェパードが4犬種いますが、ベルジアンシェパードドッグマリノアはその中では唯一のスムース・コートで最古の犬という特徴を持っています。

ベルジアンシェパードドッグマリノアの歴史

1800年代後半はドッグショーが盛んになっていた時代ですが、ベルギーには国を代表する犬が存在していませんでした。

そんな中、1891年にベルギー原産の犬を研究していたルール教授が、被毛のタイプやカラー以外が非常によく似ていた犬を見つけ出して、その犬をベルジアンシェパードとして分類されました。

ベルジアンシェパードドッグマリノアは、ベルギーのマリーヌ地方周辺でブリーディングされていたために犬種名が付けられて、ベルジアンシェパードの中で最も高い人気を博しました。

1891年9月29日、ブリュッセルにベルジアン・シェパード・ドッグ・クラブが設立され、翌年にはブリーディングプログラムが開始され、1892年4月3日には最初の詳しいスタンダードが作成されました。

一般庶民しか知られていなかったので、1901年になるまでベルギーのKCのスタッド・ブックに登録されませんでした。

19世紀になると、牧羊が機械化されてしまった事により仕事が減少し、絶滅の危機に瀕してしまいましたが、現在では少しずつ頭数が増加している犬種です。

ベルジアンシェパードドッグマリノアの性格

飼い主や家族に対しては従順な性格で、飼い主や家族を守る強い責任感を持ち、献身的に行動する性格をしています。

また、子供が大好きな性格をした犬なので、子供がいる家庭でも飼育する事ができる犬です。

ただ、見知らぬ人に対しては距離を置いて接するような性格をしていて、他の犬やペットに対しては攻撃的になる性格をしているので、多頭飼育や他のペットとの飼育をする際には注意が必要です。

中には度を越えて威圧的な態度をとる犬もいます。

ベルジアンシェパードドッグマリノアの特徴

ベルジアンシェパードドッグマリノアの特徴は、がっしりとした楕円形の骨格をしている体形と正方形に近い胴体を持つという特徴を持つ犬種です。

また、被毛の特徴としてはダブル・コートで、トップ・コートは硬く真っ直ぐな短毛でアンダー・コートは密生しています。

被毛のカラーの特徴としては、オーバーレイでブラックマスク、フォーンにブラックのカラーをしています。

ベルジアンシェパードドッグマリノアの特徴としては、常に知的な雰囲気を醸し出し、時々探るような目つきで周囲を見回す事があります。また、警察犬として有名なジャーマンシェパードドッグよりも警察犬としての能力に優れているという特徴をしています。

ベルジアンシェパードドッグマリノアの特徴としては、ジャーマンシェパードドッグに形態や仕事内容が類似している為に、骨量不足・後肢アンギュレーション不足・背中の傾斜不足・短胴から貧弱なジャーマンシェパードと看做され、マリノアの不幸といわれています。

ベルジアンシェパードドッグマリノアの飼い方

ベルジアンシェパードドッグマリノアの飼い方としては、ベルジアンシェパードの中で最も室外での飼い方に向いています。

また、温暖な気候の地域や少々涼しい気候の地域では室外での飼い方に向いていますが、できれば室内にいる時間も設け、屋外にいる時間とのバランスをとってあげる飼い方をするのが理想的といえます。

運動量は豊富で、1日の運動量は120分ほど必要な犬です。

なので、毎日、長めの散歩やジョギング、または激しい遊びや動き回らせる作業などの飼い方をする必要があります。ただ、股関節形成不全になりやすい犬なので、あまり激しい運動を長時間を行わないようにする飼い方が大切です。

被毛の手入れとしては、スムース・コートなので1週間に1回程度で十分なので、被毛の手入れに関しては簡単な犬です。

ただ、アレルギーや皮膚疾患になりやすいので、ブラッシングを怠らないようにする飼い方が大切で、ブラッシングをする際には皮膚に異常がないかどうかを観察する必要があります。

ベルジアンシェパードドッグマリノアのしつけ

Nono&Jessi/stock.adobe.com

ベルジアンシェパードドッグマリノアは警戒心が非常に強い性格をしているので、仔犬の頃の社会化と順応訓練のしつけに関しては徹底的に行う必要があります。

また、高い学習能力を持っているという特徴もあるので、基本的なしつけ以外にも知的な頭脳労働なども取り入れてあげるようにしましょう。

聡明で飼い主から命じられた仕事を進行する作業欲が旺盛な性格をしている犬で、各種のしつけや訓練に向いています。

また、作業欲が旺盛な性格をしているので、欧米ではドッグスポーツをする犬としての飼い方もされています。

作業欲に優れている性格をしていますが、繊細な性格をしているので厳しいしつけには向いていません。

なので、しつけをする際にはほめる事を基本線にしつけを行うようにしましょう。

しつけの内容としては、大型犬で警戒心も非常に強い性格をしているので無駄吠えや噛み癖、飛びつきなどの相手に怪我をさせる可能性があるしつけは徹底的に行うようにします。

また、室内での飼い方をする場合にはトイレトレーニングのしつけ、ハウスのトレーニングのしつけなどを行うようにします。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 ネ申
通報

ベルジアンシェパードドッグマリノアって名前が長いなー!初めて聞く犬種の名前ですけど、見た目はシェパードじゃないですよね。名前にシェパードが入ってるのでちょっと違和感があります。子供がいても飼えるっていうのは好ポイントじゃないでしょうか~

2 ブーツ
通報

名前がすごいオシャレ。見た目はシェパード感がゼロですね。写り的にそう見えるだけでしょうか。一枚だけしかないので断言できませんが、シェパードっぽくはない気がします。あと、子供好きな性格って、かわいいなーって思います。

編集部PICKUP
関連する記事
犬と暮らしたいのおすすめ おすすめコンテンツ
あわせて読みたい こちらもチェックしてみよう!
フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー