そのくしゃみは危険?柴犬がするくしゃみのさまざまな原因

犬も人間同様くしゃみをする生き物です。そして、くしゃみの頻度や、鼻水の有無などで、鼻炎などの病気なのか一時的なものなのかを判断することができたりします。ここではそんな愛犬である柴犬のくしゃみの状況を判断するための情報をご紹介していきます。愛犬のくしゃみに悩む方必見の情報満載ですよ。ではご紹介します。

そのくしゃみは危険?柴犬がするくしゃみのさまざまな原因

くしゃみの原因


柴犬のくしゃみには、様々な原因があり、飼い主が気を付けてあげるだけで対処してあげられる原因もあれば、病気の危険がある場合もあります。ここからは、柴犬のくしゃみの原因となっているものをご紹介していきます。原因がわかるだけでくしゃみを対処してあげられるものもありますので、確認してみましょう。

急激な気温変化

柴犬は、急激な温度変化が起こった場合にくしゃみをすることがあります。急な温度変化が原因で起こるくしゃみは、柴犬の鼻の粘膜が寒暖差によって敏感になってしまっているため起こります。 ですので、真冬の散歩から帰ってきたときなどに起こりやすく、くしゃみも止まらないなどの重症のものではなく一瞬のものです。一時的に鼻の粘膜が敏感になっているものなので、特に何かをしたり、対処法があるわけではありませんし、生理現象のようなものなので黙っていても問題ありません。

香水やたばこなどのきついにおい

柴犬に限らず犬は嗅覚がとても優れており、人間の100万倍~1億倍のにおいを感じることができます。ただ強く匂いを感じるわけではなく、匂いの中でも細分化しさらに細かなにおいをかぎ分けることができます。 柴犬の鼻の中の粘膜にはたくさんのひだがあり、そのひだのおかげで様々なにおいを感じることができるのですが、香水やたばこなどの刺激臭や薬品の多い香りは、鼻の粘膜の状態を悪くしてしまい、違和感からくしゃみを頻繁にする原因となってしまいます。

食物アレルギー

柴犬にも人間同様食物アレルギーが存在します。遺伝が原因で起こってしまうものもあり対処するのは難しいですが、痒みや止まらないくしゃみなどの症状が現れたら、何に対してアレルギー反応を起こしているか見極め、アレルギー物質を与えないことが必要となってきます。 基本的にはよく食べるものにアレルギーが現れやすく、肉類や豆類、穀物などが多いといわれています。ドッグフードに含まれている可能性の高い食物ですので、購入の際には気を付けてあげましょう。

ちりやほこりによるアレルギー

ちりやほこりには、ハウスダストやノミやダニの死骸など様々なアレルギー物質が含まれています。柴犬などが匂いを嗅いだ周辺にちりやほこりがあり、吸い込んでしまうことによってくしゃみや鼻水の原因となってしまい、それが慢性化することにより止まらないくしゃみになってしまったり、鼻炎などの鼻の病気にかかってしまう場合もあります。

病気

柴犬の止まらないくしゃみは病気が原因となっていることも多いです。しかし病気になってしまう原因を作っているのは飼い主の場合も多く、日ごろのお世話や衛生管理不足により病気を招いている可能性があるのです。止まらないくしゃみが出始めたら必ず病院に連れて行き原因や対処法など詳しく聞き病気を治していきましょう。

くしゃみから考えられる病気


様々な原因の中でも一番厄介なのは病気です。止まらないくしゃみなどの異変を感じたらすぐに病院へ連れて行きましょう。ですが、病院へ連れて行く前に病気の症状がわかれば応急処置も可能です。では、止まらないくしゃみから考えられる病気とはいったいどのようなものなのでしょうか?対処法も合わせてご紹介します。

ケンネルコフ

ケンネルコフとは、主に老犬や子犬などの免疫力の低い犬にかかりやすい病気です。症状は止まらない咳のほかにも発熱や嘔吐などの症状を伴うことがあります。ウイルス性の病気でありほかの病気との併発によって死に至ってしまう犬もいます。この病気の対処法としては、子犬のうちにワクチンを打つことや、栄養のあるものを食べさせ適度な運動をするなど免疫を高める方法も効果的な対処法です。

フィラリア症

フィラリア症とは蚊が媒介する病気であり、感染後の放置で急死することのある病気です。フィラリアとは寄生虫であり、犬の肺や右心室に寄生し栄養を吸収し繁殖していきます。可の吸血によって感染するので外で飼っている犬などがかかりやすく、咳や止まらないくしゃみ、吐血を伴うこともあります。対処法は主に予防薬によるものです。選ぶ予防薬によっては100%病気を対処できるものもあります。

鼻炎・副鼻腔炎

鼻炎や副鼻腔炎は、くしゃみだけではなく鼻水や目やにも止まらない病気です。悪化すると手術が必要になったり、顔面の腫れや腫瘍につながります。対処法としては、いつも清潔な空間を保つことや、少しでも症状が見られた時にしっかり治療をしておくことが重要です。

まとめ

柴犬がするくしゃみにはいろいろな原因や病気が潜んでいます。中には飼い主自体が愛犬のくしゃみの原因を作っている場合もあるので、日ごろから気を付けていく必要があります。しかし犬によって、うれしいときや楽しいときに自分の興奮を抑えるためにわざとくしゃみをする犬もいます。このような様々なくしゃみを見分けながら愛犬の健康を守ってあげましょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

    • 豆柴はどんな性格?特徴も合わせて解説!

      小さな豆柴は室内で犬を飼いたい方に人気のある犬になってきました!注目され続けていますね!ここでは豆柴の特徴や気になる性格について解説していきます。柴犬と豆柴の違いは何でしょうか?豆柴ライフも夢ではありませんね!

      1676

    • 豆柴の成犬の大きさはどれくらい?普通の柴犬との違い

      柴犬よりもっと小さい柴犬を飼ってみませんか?「豆柴」といわれていますが、豆柴の大きさはどのくらいでしょうか?一般の柴犬とどのくらい大きさが違うのかを比較してみましょう。豆柴は成犬になっても小さいのでとってもかわいいですよ!

      1831

    • 柴犬を飼いたい方必見!関西地方でおすすめの柴犬のブリーダーさん

      日本を代表する犬といえば、柴犬ですよね。近年では海外でも人気が出てきており、外国人の柴犬愛好家も増えてきています。今回は柴犬が欲しい!!そうお考えの方に、関西地方のブリーダーさんをご紹介したいと思います。関西地方にお住まいで柴犬を家族の一員として迎えようと思っている方は必見です!

      2359

    • 三毛猫ってどんな猫?性格と特徴から考える飼い方のコツ!

      三毛猫がこたつで眠っている様子って、まさに古き良き日本の象徴ですよね。見ているだけで、なんだかほっと心が和みます。今回は、日本で昔から愛される三毛猫の特徴と、飼い方のコツを解説します♪これを見ればみなさんも三毛猫がよくわかりますよ!

      29290

このまとめのキュレーター

はあ