少しでも長生きしてほしい。愛犬『うに』『はろ』のためにできること。

少しでも長生きしてほしい。愛犬『うに』『はろ』のためにできること。

2806

うにはろ連載6回目です。気がつけば新しいカレンダー発売、ハロウィンのグッズ…来年の干支まで意識したりして。今年もあっという間に終わってしまいそうです。焦る気持ちと…うにはろがまた歳を重ねてしまう悲しさが多くを占めてきているかもしれません。もう5歳と6歳。早いなぁ。

2806 |

健康って?

これが公開されるころはすっかり秋めいてきているのかな。 女心と秋空は…なんて言うけれど女だらけの我が家には関係ないかもね。 そんな台風が史上最大で最高回数本州に直撃している今年。喘息と血栓症持ちの母は…大変です。 うにものみだに予防の液状薬のアレルギーが判明。 徐々に拒絶反応が出てきてようやく気がついてあげられた。 そう、今回のテーマは健康。にしようと思います。

健康でいるって、なかなか難しい。 特に40年近く喘息持ちでいるとまぁ大変。手術の時も風邪ひいた時でさえ…ひと騒動。それは犬でも一緒。 アレルギー持ちという持病をもった犬は意外にも多く…これには驚かされることになったのです。

運動?

運動してれば、歩いてれば健康でしょ!的なことをよく聞きますが、運動できるって凄いことなんです。 母は喘息で走れません。即発作。うにはろと一緒に猛ダッシュも精々70mが限界。それ以上走ろうもんなら喘息発作で呼吸困難、運ばれます。その発作も薬でかなりな抑え方をしています。 人間でこれ、犬もまぁうには触れると被れる草、歩き方が強く肉球が傷つきやすい、等々運動するにあたっても注意点があったり。

アレルギー?

犬にもアレルギーがあるなんて!誰が思いましょうか。それもほぼ人間と同じ種類。 今は犬のアレルギー検査ができることも…凄い時代。 うにはろ共に2歳の時にしました、アレルギー検査。うににばちこ〜ん反応が出ると思っていた検査。 結果、うにアレルギーなし。えええ〜! はろ、米、芋少々。おまえさんか〜い!

まさかのそっち?的な出方のはろ。 が、食べても問題がない程度。 しかしまぁ2匹ともにとてもよく口の周り被れます。清潔を保つように心がける。 でも嘔吐下痢…多すぎるうに。

次のページ食と健康
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー