アメリカンポリダクティルは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

アメリカンポリダクティルは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1678
update

アメリカンポリダクティルという猫種を聞いたことがありますか?この猫の特徴は「指が多いこと」です。それ以外は被毛の色や長さも規定の無い猫種です。ではアメリカンポリダクティルは抜け毛が多い猫種でしょうか?日頃のケアや抜け毛対策について見てみましょう。

1678
update

アメリカンポリダクティルの抜け毛は多い?

www.flickr.com

アメリカンポリダクティルは抜け毛の多い猫種でしょうか? アメリカンポリダクティルの規定には被毛の長さがありませんので、長毛種もいれば、短毛種もいます。 ですから長毛と短毛でお手入れ方法が変わってきますが、抜け毛は多い方といえるでしょう。

特に換毛期といわれる毛の抜ける時期は、抜け毛ケアや抜け毛対策が必要になってきます。 ではアメリカンポリダクティルの抜け毛ケアは何ができますか?

アメリカンポリダクティルの抜け毛ケア

アメリカンポリダクティルの抜け毛ケアにはどんなものがあるでしょうか?

長毛種短毛種問わずに、一番の抜け毛ケアは「グルーミング」です。 長毛種のアメリカンポリダクティルの場合は、1週間に2回程度グルーミングするといいでしょう。 短毛種のアメリカンポリダクティルの場合は、1週間に1回はグルーミングケアしてあげてくださいね。

短毛種の場合はブラシでもいいですが、長毛種の場合はくしを使った方が、抜け毛がとれやすいです。 ブラシを使うと長い毛が絡まって途中で切れてしまい、きれいにグルーミングができないことがあります。

グルーミングを行う際は、アメリカンポリダクティルが嫌がらないように、少しずつ行うようにしましょう。 いきなり全身のグルーミングを行おうとしても、痛みを感じると嫌がってグルーミング恐怖症になるかもしれません。 普段からリラックスしているときに、少しずつ慣れさせるならばアメリカンポリダクティルも気持ちよくなって、グルーミングに慣れてくれるようになります。

短毛種のアメリカンポリダクティルでしたらブラシを使ったグルーミング以外にも、指をブラシ代わりにして全身撫でるだけでも抜け毛ケアになります。

他の抜け毛ケアは「シャンプー」です。 猫は清潔好きなので、臭いの面ではシャンプーの必要がありませんが、抜け毛ケアの観点で見ると、シャンプーすることで効果的な抜け毛ケアができます。 短毛種のアメリカンポリダクティルでしたら換毛期に一回、長毛種のアメリカンポリダクティルでしたら月に1回程度行えます。 シャンプーの時にムダ毛をしっかりとることで普段の抜け毛ケアが随分と楽になりますよ。

注意する点はシャンプー前にも念入りにくしで梳かして無駄な毛や毛玉を取っておきましょう。 でないと、シャンプーの効果が得られません。

ではアメリカンポリダクティルの抜け毛対策としてはどんなことができるでしょうか?

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

抜け毛が多い猫だとグルーミングの際に大量の毛をお腹に溜めてしまうことになります。あとで毛玉として上手に吐き出すことが出来ればいいですが、それもずっと上手くいくわけではありませんよね。苦しむ猫の姿がないように気を付けたいですね。

1 名無しさん
通報

抜け毛が多い猫は飼育が少し大変です。何気ないときに抜け毛が発生して掃除するのももちろんですが、猫自身が体を舐めるときに飲み込んでしまうことにも気を使わなくてはいけません。日頃からできるケアをしっかりやることが大切ですね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー