ペットと泊まれる南房総の宿8選

ペットと泊まれる南房総の宿8選

3081
update

週末や連休どこへ行くか決まりましたか?ペットがいるからと諦めているあなた!紹介する宿は一緒に泊まれるから大丈夫!たまにはゆっくり温泉やおいしい料理で癒されてみませんか?ここでは、ペットと泊まれる南房総の宿8選と、初めてペットとお泊りする方必見の準備するものや注意点などについてご紹介していきます。

3081
update

ペット可のホテルでの注意点

初めてペット可と泊まれる宿泊施設を利用するときとても緊張しますよね。そして、何を用意したらよいのか、どんなことに注意が必要なのか気になると思います。 ここからはそんな初めてのペットと泊まれる宿泊施設の利用で準備しておきたいものや注意点、マナーについてご紹介します。知っておくだけでとても役立つ情報満載です。

準備

準備には持っていくものの準備のほかに、前もって行っておく準備があります。いくつかありますのでご紹介します。 ・ペットと泊まれる宿泊施設の調査を行う。 ペットと泊まれる宿泊施設には様々なルールがあります。無駄吠えを禁止していたり発情中の雌犬を禁止している宿もあります。中には、予防接種証明書の必要なところもありますので事前に確認しておきましょう。 ・迷子防止に迷子札やマイクロチップの装着を行う。 ペットはやはりいつもと違う環境では興奮してしまう傾向にあります。目を離したすきにいなくなってしまったりなんてことがあれば、楽しい旅行が台無しです。万が一のことを考え迷子防止対策を行っておくとよいでしょう。 ・ケアを行う 交通機関やペット可の宿泊施設を汚してしまわないよう、最低限のケアを行ってから出発する必要があります。トリミングに行ったり爪切りをしたりなど、身の回りのケアをしっかりしてから連れて行きましょう。 ・感染症の予防接種 これはあくまで念のためということになりますが、もしものことがあった場合には役立ちます。感染症には狂犬病などの恐ろしい病気がありますので十分注意しましょう。 ・旅行先の動物病院をチェックしておく。 慣れない旅行先では体調を崩してしまうペットもたくさんいますし、けがをすることもあります。もしそうなってしまったとき焦らないように最寄りの病院を調べておきましょう。診療時間や休診日も合わせて調べておくと安心です。 ・しつけの練習をする 慣れない場所や人が多い場所ではなかなかいうことを聞いてくれないペットもいます。トイレや待てなど、基本的なものはどこに行ってもできるよう覚えさせてあげましょう。 出発前の前もって行っておく身の回りの準備はこれくらいです。では続いて、持っていくと便利、準備しておきたい物の紹介をしていきます。 ・リード、首輪 ・鉱物のおやつ、エサ ・給水ボトル ・使い慣れた給餌用具 ・クレートやケンネル ・ペットシート(多めに持っていくと安心です) ・新聞紙、ティッシュ、雑巾(トイレなどの後始末に利用しますので多めにあると便利です) ・ビニール袋(少し多めに持っていく) ・コロコロ ・タオル(ペットの足や体を拭く用です) ・シーツ(ペットが室内を汚さないように敷きますが、タオルで代用もできます) このように持ち物がたくさんありますので、忘れ物のないようにしましょう。また、旅行先のペット用品を取り扱うお店を調べておけば、現地調達できるので持ち物が少なくて済みます。

宿泊先でのマナー

ペットと泊まれる宿泊先でのマナーは必要最低限のものが多いですが、うっかりマナー違反を起こしてしまうこともあります。ペットと泊まれる宿泊先を利用している人すべてが快適に過ごせるよう、しっかりとマナーを守りましょう。 ・外から帰ってきたら体の汚れを落とす ・部屋以外では首輪とリードをつける ・人用の施設をペットに使わせない ・粗相は宿泊施設に申告 ・チェックアウト前のお部屋の掃除を必要最低限行う。 これらのマナーさえ守れれば、ペットと一緒に気持ち良くペットと泊まれる宿泊施設を利用できます。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

ペットと泊まれるとこがもっと増えて欲しいです。少し田舎とかに行かないとなかなかないです。でも少し遠いほうが旅行した気分になるし、ワンちゃんもリフレッシュ出来て良いのかな?でも逆にストレスとか溜まっちゃう可能性もあるから気を付けないとですね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー