トイボブは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

トイボブは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1921
update

トイボブは人の膝の上に乗るのが大好きなほど警戒心がとても薄い性格の猫です。とても甘えん坊でなでてほしくてすり寄ってくるほど愛嬌のある猫でもあります。この猫と共に過ごすうえで日ごろのケアにはどんなことに気を付けたらよいでしょうか。抜け毛のケアや対策について調べてみました。

1921
update

トイボブの抜け毛は多い?

pictures-of-cats.org

トイボブの抜け毛の量は、猫の中では少ない方だといえるでしょう。大量に抜け毛がある時期には抜け毛ケアや対策が特に重要といえるでしょう。

トイボブの抜け毛ケア

抜け毛のケアはよくトイボブのブラッシングをすることによってケアできます。正しいブラッシングを行いましょう。

猫の毛質を理解しブラッシングしてケアできます。トイボブの被毛は短い毛の為、ケアは長毛よりは楽だといえます。

基本的なブラシとしては、獣毛ブラシを使ってブラッシングをしたあげることができます。 短毛は毛先のそろっている柔らかいソフトタイプを使うことによって抜け毛のケアをすることができます。

cat soared in the Russian bath

kuban_girl/shutterstock.com

またコームを使うことによって毛玉をほぐして取り除くことができたり、毛の仕上げに使ってケアしたりすることができます。

他にもノミを取り除くことができますので、コームは被毛が長いものでも短いものでも持っておいてケアしてあげることは良いといえるでしょう。

コームは毛先からブラッシングして抜け毛を取っていくことができます。根元からいきなりといてしまうと、毛玉ができていたり、毛が絡まっているところに引っかかってしまい、抜け毛になっていない毛も抜いてしまう可能性があるからです。

なるべく優しく、絡みを取るようにブラッシングしていくことができます。コームは毛先が丸いものを選ぶと、猫の肌を傷つけずにすみますので、買う時にもよく選んで買いましょう。

短毛の猫に良いとされているラバーブラシやミトンを用いてケアすることもできます。

ラバーブラシは短毛の猫に使うことが出来、抜け毛を吸着して取り除くことができます。マッサージ効果もあるのでとてもよいブラシです。

ミトンもラバーブラシと同じ使い方をすることができます。ラバーブラシやミトンは長毛の猫には奥の抜け毛を取り除くことは難しいので向いていませんが、短毛のトイボブはなでるだけで、抜け毛が取れるので楽にケアすることができます。

どのブラシを使ったらいいか迷ったなら、動物病院で健康診断を行った際に聞くことができます。

またトイボブを購入したペットショップやブリーダーの方に聞いてブラシを決めることができるかもしれません。

正しいものを用いてケアしていくなら部屋の抜け毛の掃除なども楽になるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

トイボブ?これはシャム猫とは違うの?シャム猫にしか見えないけど。

2 オーダーメイド
通報

毛先が丸くなっているコームを用意するのが理想、これは意識のいかないところだったので助かります。確かに、丸くないコームだと、皮膚にガリガリ当たってしまって痛いですもんね。ちょっとした気遣いも、愛情のうちですよね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー