海で溺れそうになっていた子犬。少女の愛に触れて新しい人生を切り開く

海で溺れそうになっていた子犬。少女の愛に触れて新しい人生を切り開く

1465
update

犬は陸上で生活する生き物…なんてことは当たり前なのですが、なぜか海にいた犬がいました。なぜそうなったのか、どれくらいいたのかは全くわかりませんが、確かなのは危険な環境から安全な環境に移り、暖かく見守られているということ。不思議な境遇の犬を紹介します。

1465
update

キミはどこから来たの?

www.caymancompass.com

生後8週間のこの子犬は、海にいたところを助けられました。どこから来て、どのくらい海をさまよっていたのかは誰も知ることはできません。保護した動物保護団体は、この子犬にクルーズという名前をつけて、新たな飼い主を探しているところです。
出典:https://www.caymancompass.com/2016/08/17/puppy-rescued-from-ocean/

少女に抱っこされているクルーズは、まだ体が小さく、この体でよく頑張ってくれたと思いますね。

笑顔の少女と、まだその目に怯えや苦しみが見えるクルーズが対照的で、胸が痛みます。 これからのクルーズの未来は、これからどうなるのでしょうか。

とても不思議な事例

www.caymancompass.com

びしょ濡れで震えてはいたものの、幸いにも健康状態は良好だったそうです。この子についてわかっているのは、海でキューバ人漁師から助けられたということだけ。この子以外にも子犬がいたのか、飼い主がいて捨てられたのか、はたまた自分から飛び込んでしまったのか…保護団体の人からみても過去に例をみないケースとなりました。
出典:https://www.caymancompass.com/2016/08/17/puppy-rescued-from-ocean/

クルーズがどうして海にいたのか、誰にも分からないそう。 たった一匹で、どんなに心細かったことでしょう。

ですがただ一つ、分かっていることがあります。 それは、これからびしょ濡れになることもお腹を空かせて彷徨うことも、もう無いということです。

素敵な名前をもらって、安心出来る場所を手に入れたクルーズに、また素晴らしいものが増えました。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー