メインクーンの体重とダイエットについて解説。

メインクーンの体重とダイエットについて解説。

1562

穏やかな巨人ともいわれているメインクーンは猫の中でも最も大きくなる猫種です。子猫の時点で他の成猫と変わりがありません。そんなメインクーンの身体の平均的な大きさ、体重、またダイエット方法について見てみましょう。

1562 |

メインクーンの身体の大きさ

www.flickr.com

メインクーンは猫の中でも最も大きくなくなる猫種です。 その大きさにビックリすることでしょう。

平均体長は100センチ前後で体長が長いのが特徴です。

ギネス記録の大きな猫はアメリカの体長123センチのメインクーンです。 小さな子供と一緒ですね。

ではメインクーンの体重はどうでしょうか?

メインクーンの体重

メインクーンの平均体重はオスで6~8キロ、メスで4~6キロと大きいのが特徴です。 去勢したオスのメインクーンともなると、体重が10キロ以上になるものもいます。

ギネス記録体重は15.8キロのメインクーンです。

メインクーンはがっちりした体つきに加え、特徴である長い被毛が余計に大きく見せています。 メインクーンは通常の猫よりも成長が遅いため、2歳くらいまで成長を続けます。

そんな大きなメインクーンなので、よく食べます。 ですから肥満が気になるところですね。

一般的に理想体重の120パーセント以上が肥満といわれています。

ではメインクーンが肥満になった場合のダイエット方法を見てみましょう。

ダイエット方法①

メインクーンのダイエット方法その1は「食事管理」です。 肥満の原因は、食事カロリーが消費カロリーを上回っていることです。

ですから、ダイエットの一番は食事で摂取カロリーを減らすことになります。

食事の量を減らすのではなく、食事の内容を変えます。 キャットフードだけ与えていた場合は、キャットフードを減らして減らした分をゆでた野菜などで補います。 野菜でかさ増しすれば、メインクーンも満足感を得られて、ダイエットでのストレスを感じなくて済むことでしょう。

かさ増しに野菜を入れる利点は、カロリーを減らすだけでなく野菜の食物繊維によって、腸の働きを助けて便秘防止にもなることです。

食事内容を変えることに加え、食事の与え方にも工夫しましょう。 一回の食事の量を減らして、回数を増やします。

例えば一日2回だったら、3回、4回にします。

こうすることで脂肪形成が減るのでダイエット効果が高まります。 メインクーン自身も空腹の時間が短くて済むので、ダイエットがストレスになりにくくなります。

餌を出しっぱなしにして、だらだら食べさせないようにもしましょう。 いつでも好きな時に食べれるようにしていてはダイエットは成功しません。 餌の時間が終わったら、速やかに片づけるようにします。

メインクーンのダイエットの方法として他に効果的なものがあるでしょうか?

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー