フォールデックスは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

スコティッシュフォールドの可愛らしい折れ耳にエキゾチックショートヘアのユニークな顔を併せ持つ猫であるフォールデックス。被毛のケアや抜け毛対策はどのように行ったらよいでしょうか?方法について調べました。

フォールデックスは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

フォールデックスの抜け毛は多い?

フォールデックスはスコティッシュフォールドとエキゾチックショートヘアを交配して生まれた猫種です。 スコティッシュフォールドもエキゾチックショートヘアもダブルコートの被毛を持っており、抜け毛が多いと言われている品種です。

どちらの猫も短毛種であれば1日1回程度のブラッシング、長毛種であれば朝と夕方2回程度のブラッシングが勧められています。 また特に冬に入る前と、春が来て暖かくなる前の換毛期にはアンダーコートの抜け毛がとても多くなります。両方の血統を継いでいるフォールデックスにも同様のことが言えるでしょう。

フォールデックスの抜け毛ケア

最低でも1日1回から2回のブラッシングケアを心がけましょう。ブラッシングには抜け毛を取り除く効果だけではなく、愛猫の身体に何か異常が見られないか健康状態をチェックする時間にもなります。 またブラッシングケアには皮膚の血行を良くする効果もありますし、猫が被毛をなめて毛玉症になるのを防ぐ役割も持っています。 そして何よりも、飼い主さんと猫との良いコミュニケーションの時間になります。

長毛種のフォールデックスであれば、まず初めに目の粗いコームで全身の毛をブラッシングし、毛玉ができていないかを確認しましょう。その次に目の細かいコームに変えて抜け毛を丁寧に取り除いてあげて下さい。 長毛種のブラッシングで注意したい点は長毛を引っ張らないようにブラッシングするという点です。猫が痛くて嫌な思いをすると次からブラッシングをさせてもらえないこともあるので、優しくブラッシングしてあげましょう。

また長毛種のフォールデックスのブラッシングケアをしやすくするために、暖かくなる時期にサマーカットで長毛を短くする方法もあります。この方法は抜け毛が目立たなくなるだけでなく夏の時期には熱中症対策にもなりますので、長毛種の猫にとっても快適に暑い時期を過ごせる方法の一つです。

短毛種のフォールデックスでも、毛玉ができていないか確認してあげましょう。短毛種でもダブルコートの被毛を持つ猫は脇腹や太ももといった毛の擦れやすい個所に毛玉ができることがあります。そして長毛種同様に目の細かいコームで丁寧にブラッシングして抜け毛を取り除いてあげて下さい。

ブラッシングケアはフォールデックスが子猫のうちから習慣づけることが大切です。成長してから換毛期に入っていきなりブラッシングを行おうとすると、驚いたり嫌がったりしてブラッシングさせてもらえないことがあります。もし嫌がるなら無理にブラッシングを行おうとはせず、猫がリラックスしている時を見計らって徐々に馴らしていきましょう。

フォールデックスの抜け毛対策

フォールデックスの抜け毛対策にはシャンプーが効果的です。シャンプー前にいつも通りのブラッシングで毛玉や抜け毛を取り除いた後にシャンプーを行いましょう。 そして毛をタオルドライやドライヤーで乾かした後に、再度ブラッシングをしてあげます。この方法でブラッシングだけのケアよりも、かなりの抜け毛を取り除くことができますのでとても効果的です。

抜け毛対策として、粘着テープのコロコロを使用してお部屋を掃除したり服に付いた毛を取り除いたりしている飼い主さんは少なくありません。 実はこのコロコロで喜ぶ猫ちゃんが少なくないようです。確かに抜け毛の原因である猫自体をコロコロできるなら、抜け毛対策効果大ですね。もし試す場合は、粘着力を弱めた状態でコロコロしてみてくださいね。

まとめ

猫の飼い主にとって抜け毛対策は悩みの一つですが、それでも可愛い愛猫のためと思えば苦労も吹き飛びますね!色々と工夫して猫と快適に楽しく暮らしましょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆