モハーベスポッテドは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

カリフォルニア州のモハーベ砂漠出身のワイルドキャット、モハーベスポッテド。斑点柄の被毛が美しく魅力的な猫ですね。もし飼育する場合、被毛のお手入れは大変なのでしょうか。抜け毛対策などについて解説します。

モハーベスポッテドは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

モハーベスポッテドの抜け毛は多い?

モハーベスポッテドの抜け毛の量は、一般的な猫と同様でしょう。季節が移り変わる春と秋の換毛期には通常よりも抜け毛が増えることがあります。 モハーベスポッテドは短毛種ですから、1日1回程度のブラッシングで良いでしょう。ですが猫それぞれの毛質や体質でも抜け毛の量はだいぶ異なってきますので、飼育しているモハーベスポッテドの被毛の状態にあわせて、ブラッシングの頻度を調整してあげましょう。

モハーベスポッテドの抜け毛ケア

他の一般的な短毛種の猫と同じように、1日1回は抜け毛を取り除くためにブラッシングによるケアを行いましょう。換毛期に抜け毛の量が増えるようでしたら、ブラッシングケアの回数を増やしましょう。 しかしブラッシングのし過ぎはモハーベスポッテドの皮膚を傷つけたり脱毛の原因になったりしますので、ほどほどにブラッシングをしてあげてくださいね。

ブラッシングの効果は抜け毛を取り除くだけではありません。 どの猫でも飼育する上で気をつけたいのが毛玉症ですね。猫はグルーミングをすると、抜け毛も一緒に飲み込んでしまうため、その抜け毛が胃や消化器官で詰まってしまうことがあります。 猫は定期的に毛玉を吐くことで体内の毛を出しますが、毛玉症になってしまうと猫の嘔吐の回数が増え、嘔吐でも取り出せない毛の量になってくると手術を行うこともあります。定期的なブラッシングは、不要な抜け毛を取り除き毛玉症を予防する効果があります。

モハーベスポッテドの抜け毛ケア用のブラシについてですが、目の細かいコームと、獣毛ブラシが向いているでしょう。お手入れの手順ですが、初めにコームで全身をブラッシングして抜け毛を取り除いた後に、獣毛ブラシで毛に艶が出るよう丁寧にブラッシングしてあげて下さい。

モハーベスポッテドは独立心の強い性格です。大人になってから急にブラッシングを行おうとすると、暴れて嫌がることもあるでしょう。子猫のうちからブラッシングの習慣を身に付けておくなら、成猫になっても手を焼くことなくスムーズに抜け毛ケアを行うことができます。

モハーベスポッテドの抜け毛対策

猫を飼っている人にとって、一番の悩みは抜け毛対策です。

定期的にシャンプーを行うなら抜け毛を減らすことができます。ただシャンプーをするのではなく手順にコツがあります。まず初めに、コームで抜け毛を取り除きます。そしてブラッシング後にシャンプーを行い、毛が乾いてからもう一度コームでブラッシングをします。

この方法を行うと、普段のブラッシングよりも抜け毛を取り除く効果が強く、しばらくは落ちる抜け毛が減っていることを実感できるでしょう。しかしいくら抜け毛が減るからといってシャンプーをし過ぎると、皮脂が取れ過ぎて乾燥や皮膚炎を引き起こすことがありますので、注意しましょう。

お部屋の抜け毛対策としては、やはりまめにお掃除することが大切です。家具の配置を変えて、隙間に毛が溜まらないようにすることができます。ソファやカーペットについては、素材自体を毛の付きにくいものへ買い換えるのも方法の一つです。

洋服にくっつく抜け毛についてはこまめに粘着テープのコロコロで取り除くこともできますが、静電気防止スプレーや静電気防止効果のある柔軟剤を使用することで、抜け毛の付着を防ぐこともできます。気軽にできる対策方法の一つですのでお勧めです。

まとめ

抜け毛対策で悩まない猫の飼い主さんはいないでしょう。それでも可愛い猫のためだと思えば、毎日のお掃除もブラッシングも頑張れるのではないでしょうか?もしモハーベスポッテドを飼う機会があればケアの参考になさってくださいね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆