ライコイは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

ライコイという猫を知っていますか?まるで狼のような風貌に初めて見た人は驚くかもしれません。被毛の生え方も普通の猫とは一風変わっています。ライコイのお手入れ、気になりませんか?抜け毛対策など調べてみました。

ライコイは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

ライコイの抜け毛は多い?

ライコイは2012年にマイナー猫種として登録されたばかりの歴史の浅い猫です。ライコイの特徴は何と言っても奇妙な生え方をした被毛です。 生まれた時には普通の猫と同じように毛が生え揃っているのですが、成長するにつれてどんどん毛が抜けていきます。成猫になっても目や耳、顔周りには毛が生えず、身体に生えている毛さえも春先になるとかなりの量が抜け落ちてしまいます。

アンダーコートが無く、毛もまばらに生えている程度なので一般的な猫よりは抜け毛の量は少なめかもしれませんが、毛の抜ける季節は普段以上にケアを行う必要があるかもしれません。

ライコイの抜け毛ケア

ライコイは毛の生え方が普通の猫とは違っているため、抜け毛ケアの方法も変わってきます。ライコイによっても比較的毛の多いライコイと、ほとんど毛の生えていないライコイがいますので、飼育するライコイの毛量に合わせたケア方法が必要になります。

もし毛が多めのライコイであれば、1日1回コームで軽く梳かす程度で良いでしょう。また毛量の少ない猫であれば、ブラッシングはせずに濡れたタオルで体を拭いてあげるだけでも十分抜け毛を取り除くことができます。

春先の抜け毛が増える季節になってきたら、ブラッシングの時間を少し長くして丁寧に抜け毛を取り除くようにしましょう。ライコイは地肌がすぐ見えるほどにまばらな毛の生え方をしているので、雑なブラッシングで地肌を傷つけるようなことがないように、優しくブラッシングするよう心がけて下さい。

猫ちゃんの中には、粘着テープのコロコロで撫でられると喜ぶ猫も少なくないようです。抜け毛が落ちる前に取り除くことができる上に、コロコロされる猫ちゃんも喜ぶので、抜け毛ケアとしてコロコロを活用している飼い主さんもおられます。 もしライコイが嫌がらないようであれば、粘着力を弱めたコロコロで抜け毛を取り除くこともできます。ブラッシングのように皮膚を傷つける心配も少ないので安心ですね。

ライコイの抜け毛対策

生えている毛量自体が一般的な猫よりもだいぶ少ないので、そこまで抜け毛対策に苦労することは無いかもしれませんが、お部屋が抜け毛で汚れてしまうのは猫にとっても人間にとっても衛生的にあまり良くありませんね。

家具を掃除が行き届きやすい配置に変えると、抜け毛が家具の裏に溜まったりすることなく隅々まで掃除できるようになるためお勧めです。家具の配置を変える際には、ライコイがぶつかったりして怪我をしないような配置にしましょう。地肌が見えるほど毛の少ないライコイは、普通の猫に比べてやはり怪我をしやすく、すぐ皮膚に傷がついてしまいます。

毛の少ないライコイは、寒さにもあまり強くないでしょう。冬の時期はお洋服を着せてあげるのもお勧めです。ライコイの体温調節を行えるだけでなく抜け毛落ちを減らす効果もあり、なによりちょっと強面なライコイが少しだけ可愛くなります!冬場のお洋服は抜け毛対策としてお勧めの方法の一つです。

また、抜け毛対策として空気清浄機の使用もお勧めです。空中に舞っている抜け毛量があまりにも多いと、空気清浄機の故障を早めたり寿命を縮めたりすることもありますが、ライコイの毛量であれば十分に効果を発揮できるでしょう。 空気清浄機の中には抜け毛対策機能だけでなく消臭機能が備わっているタイプもありますので、購入する前によく確認したほうが良いですね。

まとめ

ライコイを初めて見た時には、驚くどころか少し不気味さすら感じる人もいることでしょう。でも眺め続けているとだんだん可愛く見えてくるから不思議ですね。他の猫とは一味も二味も違った魅力の持ち主ライコイ、いつか飼う機会があれば愛情をこめてお手入れしてあげてくださいね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆