ハバリがなりやすい病気を解説!

ヒョウ柄のハバリはかなりサイズの大きい猫で、中には20kgもある個体もいます。家で飼育できるように編み出された種類なのでいたって穏やかな猫です。珍しいハバリを飼育する場合、どんな病気になりやすいかを取り上げます。

ハバリがなりやすい病気を解説!

ハバリがなりやすい病気

一般的なペット用の猫と同じで、ストレス性の疾患や泌尿器系の病気になりやすいため注意することができます。

膀胱炎

膀胱に炎症が起きる病気が膀胱炎です。 ハバリをはじめ猫は普段から濃度の高い尿をするため、膀胱内で細菌が繁殖しにくいという特徴があります。 それで人や犬よりも細菌性膀胱炎になりやすいわけではありません。

ただストレスが高まると泌尿器系の病気にかかりやすくなるのでハバリが膀胱炎になりやすいので注意しましょう。

膀胱炎の症状

ハバリが頻尿になります。排尿したいのにあまり出ないのも膀胱炎の症状です。血尿が出ることもあります。 この病気が重症化すると腹部や腰部に触れるとかなり痛がります。

膀胱炎の原因

膀胱に細菌が入ったり、真菌が増殖することで炎症が生じます。 寄生虫や尿結晶や尿結石で膀胱粘膜が傷つき炎症する時、膀胱炎になりやすいです。

膀胱炎の治療法

真菌や最近による膀胱炎なら抗真菌薬や抗生剤をハバリに投与して治療します。 尿結晶や尿結石の場合は、内科的な治療で溶かしてハバリの対外へ出します。大きいものなら外科手術で除去します。膀胱洗浄により結石の排泄を促すこともあります。

尿路結石症

尿路結石症はハバリの「腎臓、尿管、膀胱、尿道のいずれかの箇所に結石ができる病気です。 結石が膀胱や尿道を傷つけたり、尿道に詰まる原因になりやすいです。

尿路結石症の症状

ハバリは頻尿になったり血尿が出ます。尿と一緒に結晶や結石が出ることがあります。

尿路結石症の原因

ハバリの尿がアルカリ性に傾くとできるスバルトと、酸性に傾くことでできるシュウ酸カルシウムが原因です。 ミネラル成分が増えたり、pHバランスが崩れると結石ができ尿路結石症になりやすいです。

尿路結石症の治療法

症状が軽い場合は、結石を溶かすため薬剤を投与したり、食事療法で治療します。 結石が体内で大きく成長しているなら手術で除去します。 尿道で詰まりを起こしているなら、カテーテルで石を除きます。

伝染性腹膜炎(FIP)

多くの猫が保菌しているコロナウイルスが原因で病気になりやすいです。 ハバリの体内でウイルスが突然変異して血管に炎症を引き起こします。完治できない病気のひとつです。

伝染性腹膜炎の症状

ハバリの全身の血管が炎症します。腹部に水が溜まりますが、胸水の症状が現れる場合もあります。 腹水や胸水の症状がある場合をウエットタイプと呼びます。それがない場合はドライタイプといいます。 高熱を発し、黄疸の症状が皮膚、白目に生じ、尿はオレンジ色に変色します。

血管の炎症は各臓器にも影響するため、嘔吐や下痢が慢性化する場合があります。 肝不全や腎不全、呼吸が荒くなるなど呼吸器にも症状が出ることがあります。

伝染性腹膜炎の原因

ハバリをはじめ多くの猫がもっているコロナウイルスはほぼ無症状ですが、猫がお互いに舐め合うなどしてこの病気に感染します。 コロナウイルスがある日突然に変異してFIPウイルスになります。変異したウイルスは元に戻りません。

変異の原因として多頭飼いによるストレスが関係しているといわれています。 特に縄張り意識の強い猫種や個体が強いストレスを感じます。ハバリにも注意してあげましょう。 生後1年以内の若い猫と老齢の猫が病気になりやすいです。

伝染性腹膜炎の治療法

治療の焦点は血管の炎症を抑制することになります。効果の強めの抗炎剤のステロイドを投与します。 抗生剤や抗ウイルス剤も併用するなら効果を発揮する場合があります。 こうした治療で症状が緩和されることがありますが、再発して命を落とす猫がいます。

再発の防止に努めることが非常に重要なポイントとなります。 腹水がないドライタイプの症状の猫に再発のリスクが高く、予後の調子も思わしくないケースが多いという事実があります。 再発するとステロイド剤の効果がないので高い確率で死亡するので、初期症状で抑えるようにしたいですね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

    • ハバリは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

      ハバリの特徴は、体の大きさです。大型猫種として有名なメインクーンやラグドールよりも大きい10キロ以上ある猫に成長します。「ハバリ」はスワヒリ語で「元気かい?」という意味を持つ猫です。そんな大型猫種ハバリは抜け毛の多い猫種でしょうか?抜け毛のケアや対策について見てみましょう。

      2255

    • キンカローのお手入れの注意点を分かりやすく解説!

      キンカローという猫種をご存じですか?まだまだ日本では馴染みのない猫ですが、今回はこのキンカローをご紹介します。キンカローという珍しい名前の由来や、特徴、お手入れの注意点についても徹底解説していきますね!

      3285

    • スコティッシュフォールドの体重は変わる?知りたい平均体重と推移。

      今、ちまたで大人気のスコティッシュフォールド!そんなスコティッシュフォールドの体重はどうかわっていくのでしょう?スコティッシュフォールドは、その飼われ方や暮らし、環境などで大きく平均体重が変化します。その体重の推移は3か月、4カ月、1年で大きく変わってきます。今回は、スコティッシュフォールドの体重や平均体重とその推移を、3カ月から4カ月そして1年という経過を追って考えてみようと思います。

      4544

    • ペルシャ猫ってどんな猫?性格と特徴から分かる飼い方のコツ!

      長くて、ゴージャスな毛並みが自慢のペルシャ猫は、ショーキャットとして古くから愛され、「猫の王様」とも呼ばれてきた猫です。日本ではプライドの高い猫、高級な餌しか食べないわがまま猫なんていう悪いイメージがあるようですが、そんなことはありません。おおらかな性格、しつけやすさなど、どれをとっても二重丸。そんなペルシャ猫の性格や特徴に迫り、飼い方のコツまでつかんじゃいましょう!

      10470

    • アメリカンカールって飼いやすい?性格と特徴からわかる飼い方とは?

      猫の種類の中で最も新しい品種がアメリカン・カールです。発祥はなかなか面白い逸話を持つ猫で、最近ではペットショップでもよく見かけますが、なかなか良い個体を見つけるのが国内では難しい種類です。飼い方のコツ・そもそも飼いやすいのか、性格や特徴、そして選ぶ注意点などを中心に解説しましょう。

      25904

    • 三毛猫ってどんな猫?性格と特徴から考える飼い方のコツ!

      三毛猫がこたつで眠っている様子って、まさに古き良き日本の象徴ですよね。見ているだけで、なんだかほっと心が和みます。今回は、日本で昔から愛される三毛猫の特徴と、飼い方のコツを解説します♪これを見ればみなさんも三毛猫がよくわかりますよ!

      30047

このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆