飼い主に捨てられ電車にひかれた犬。心も体もボロボロの彼女が幸せになるまでの半生。

飼い主に捨てられ電車にひかれた犬。心も体もボロボロの彼女が幸せになるまでの半生。

1502
update

中国の山西省にある駅に1匹の野良犬がいました。その子の名前は「シィ」。 彼女はもともと飼い犬でした。しかし、飼い主さんは彼女を置き去りにしたまま、どこかへ引っ越してしまったのです。

1502
update

シイの辛い人生

www.dailymail.co.uk

中国の山西省にある駅に1匹の野良犬がいました。 その子の名前は「シィ」。 彼女はもともと飼い犬でした。 しかし、飼い主さんは彼女を置き去りにしたまま、どこかへ引っ越してしまったのです。 それからというもの、シィは食べ物をあさりながら生きてきました。

そんなある日、さらなる悲劇がシィを襲います。 なんと電車にひかれてしまい、後ろ足2本が切断されてしまったのです。 しかし、大けがを負った彼女を見て助けようとする人は誰もいません。 それがどんなに痛くて、どんなに辛かったことか… それでもシィは生き残ったのです。

www.dailymail.co.uk

2本足になってしまっても、シィは力強く生き続けました。 いつしか彼女は地域で有名な犬になっていたようですが、やはり彼女を救おうとする人はいません。 そのようななか、彼女は4匹の子犬を出産したのです。

www.dailymail.co.uk

2本足のシィの出産は、地元だけでなくイギリスのニュースでも紹介されました。 これにより、たくさんの人たちに名前と姿が知れ渡ったシィ。 それは結果的に彼女を救うこととなり、人生を大きく変える出来事になったのです。

www.dailymail.co.uk

ニュースを見て、彼女と子犬たちをいち早く保護しようとした女性がいました。 それが動物保護団体アニマル・アジアの創始者、ジル・ロビンソンさんです。 ロビンソンさんは中国チームを説得し、彼女たちを救うために地域を探し回りました。 その後ようやくシィと4匹の子犬を発見し、保護することに成功したのです。

しかし、4匹の子犬のうち3匹は…

シィが産んだ4匹の子犬のうち3匹は、ジステンパーというウイルスに感染していました。 そして治療する間もなく、息を引き取ってしまったのです… その後、動物病院で電車にひかれてしまった足を診察してもらったシィ。 獣医師によると車輪の熱で肌が焼かれ、それにより出血が止まったため、奇跡的に助かったのではないかとのことでした。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー