6年間小屋に監禁されていた犬。犬かも分からない見た目がカットされ見違える姿へ。

6年間小屋に監禁されていた犬。犬かも分からない見た目がカットされ見違える姿へ。

494
update

アメリカで、6年間ずっと小屋に監禁されていた犬が発見されました。その子はグレート・ピレニーズという犬種の「ザラロ」。飼い主さんが末期の病気だったこともあり、最低限のお世話しかされていなかったのです。

494
update

放置された結果。。。。

www.facebook.com

白いはずの毛は汚れて伸びっぱなし。 一目見ただけでは、まさかこの子が犬だなんて思いもしないでしょう… 動物愛護団体がザラロを保護したとき、彼は普通に歩くことすらできない状態だったそうです。

www.facebook.com

ラザロの風貌を見るからに、彼が過ごしていた環境がどれだけ劣悪だったのか容易に想像できます。 無事に救出されたザラロは、伸び放題だった毛をカットしてもらいました。 すると、とても同じ犬とは思えないくらい可愛らしい姿になったのです♪

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー