廃屋で瀕死の状態で発見された子猫。体は小さくても愛と生命力で大きな奇跡を起こした子猫のお話

廃屋で瀕死の状態で発見された子猫。体は小さくても愛と生命力で大きな奇跡を起こした子猫のお話

1386
update

動物保護施設のスタッフがノラ猫のたまり場で発見したお母さんネコと5匹の子ネコ。その中でも、一匹だけ格段に小さく、弱り切っている赤ちゃんネコがいました。その大きさから名前をナノと名づけられました。彼は内に秘めた生命力で奇跡を起こし、無事回復へと向かったのです。ナノ君の魅力がいっぱいのお話しです。

1386
update

奇跡を起こしたネコ

ネコ一家、発見!

www.lovemeow.com

カナダのブリティッシュ・コロンビア州フォート・ラングリーにある”Tinykittens”という動物愛護施設のスタッフがノラ猫のたまり場を訪れてみると、すぐにでも保護施設への収容が必要なネコちゃん一家に遭遇しました。

そのお母さんネコと5匹の子ネコちゃん達は、今にも崩れそうな廃屋で暮らしていたそうです。

スタッフがこのネコちゃん達に近づくと、お母さんネコはすぐさま木材の陰に隠れたのです。 するとひょこっと姿を現したのがこの子ネコのナノ君でした。

「ナノを発見したとき、彼女は壊れた扉のがれきにうずくまっていたのよ。」

と施設スタッフが語ってくれました。

一緒に発見された兄弟ネコたちの体重は、それぞれ約650グラム。 それに比べて、このナノ君の体重はたった150グラムと格段に小さかったそうです。

www.lovemeow.com

瀕死のナノ君

発見当初、ナノ君は、昏睡状態で、体中にのみがたかっていたせいで貧血状態でした。 水分も食べ物もあまり摂れてなかったせいで、栄養失調と脱水症状を起こしており、このミニチュアサイズになったのではないかと考えられています。

こんな状態でも命に支障がなかったことは奇跡なんだそうです。

www.lovemeow.com

一緒に見つかった兄弟ネコたちが意外にも健康的だったおかげで、お母さんネコが比較的ナノ君に寄り添うことができたのではないかと考えられています。

www.lovemeow.com

スタッフは、このネコ一家を暖かく毛布に包みこみ、保護施設へと連れて帰ったそうです。 その後、施設でナノ君をはじめこの保護されてやってきたネコ一家は治療を受けることができました。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー