子煩悩だったお父さん狐の切ない物語。1人の男性写真家が残した家族の写真に強い絆を感じる。

子煩悩だったお父さん狐の切ない物語。1人の男性写真家が残した家族の写真に強い絆を感じる。

1580
update

写真家のイアン・ムーレイさんは、あるキツネを数年間撮り続けていました。そのキツネは子供たちは大好きなお母さんのように見えましたが・・・1人の男性と1匹のキツネの間に生まれた友情の物語です。

1580
update

Dadと呼ばれたキツネ

www.thedodo.com

3年以上に渡って、写真家のイアン・ムーレイさんはあるキツネを撮影し続けてきました。 そのキツネは最初、Mom(お母さん)と呼ばれていました。 しかし数ヶ月前のこと、ある事実が判明しました。 Momはオスだったのです! そのため、名前はDad(お父さん)に訂正されたのだそうです。

www.thedodo.com

DadはFacebookに多くのファンを持っていますが、ほとんどの人がMom(お母さん)だと思っているようです。

突然の別れ

www.thedodo.com

子供たちのことが大好きなDad。 写真から、Dadが何年にも渡って子供たちのお世話をしてきたことがわかります。 しかし悲しいことに、Dadはその生涯を突然終えてしまうこととなるのです。

www.thedodo.com

Dadは巣穴で待っている家族へ食べ物を運んでいる最中に、車にはねられてしまいました。 「Dadは優しく、子供たちに対してとても愛情深いお父さんでした。この野生のキツネに会えなくなることを寂しく思います。」 マーレイさんはfecebookにDadと家族の写真を載せて、このようにコメントをしました。

www.thedodo.com

ムーレイさんはDadと出会ったことで、住んでいるカナダの土地にも野生のキツネの暮らしがあるということを再認識したそうです。 そして、Dadを友達のように思っていました。

特別な存在

www.thedodo.com

Dadは色々な意味で特別だったとムーレイさんは語ります。 まず胸を打つのは、Dadがとても子育てを楽しんでいるようだったことだそうです。子供たちにごはんあげるときはいつも、身体を綺麗にしてあげたり、巣穴の周りを見せて回ったり、必要なときは叱ったりもしていたそうです。

www.thedodo.com

そして知らない人にはとても警戒していましたが、会ったことのある人にはフレンドリーだったそうです。 ムーレイさんとDadはとても固い絆で結ばれていました。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー