殺処分寸前に救い出された犬たち。おとぎ話のようなハッピーエンドに感動

殺処分寸前に救い出された犬たち。おとぎ話のようなハッピーエンドに感動

6609
update

「ドッグテール」という動物保護団体は、シェルターをまわって、生きるチャンスがほとんどない動物たちを殺処分直前に救い出しています。シェルターの中の生存競争に敗れて、文字通り死の淵にいた犬たちは、彼らの活動によってその運命が変えられました。

6609
update

シェルタードッグたちが夜に夢にみていることはなんだと思いますか?

www.dogtales.ca

かつて一緒に住んでいた愛する家族のこと。四方を壁に囲まれた今の生活が一刻も早く終わること、その壁の向こうに待っている新しい人生、青々とした草原や広々とした浜辺を、自分を愛してくれる人々と散歩すること…残念ながら私たち人間に、その答えはわかりません。しかしひとつ確かなことは、シェルターにいる犬たちほど、セカンドチャンスを必要としている犬はいないということです。残念ながら、捨てられた犬たちのほとんどが、残りの生涯をシェルターから出ることなく過ごし、セカンドチャンスをつかめないまま、夢見ていたことを叶えられないまま命を終えていきます。
出典:https://www.thedodo.com/rescued-shelter-dogs-new-lives-2044162004.html

幸せを感じ、ガラリと環境が変わって シェルターに入ると戸惑いと 「どうしてここにいるのだろう…?」という想いが 強くうずくまるのではないでしょうか。

”過去にはシェルターにいて、今は夢のような日々を送っている” そんなハッピーエンドのおとぎ話のようなストーリーは、 現実にはごくわずかしかないということになのですね…。

今日は、文字通り死の淵から生きるチャンスをつかみとった 犬たちのお話をご紹介します。

11歳の老犬ハリエット

www.dogtales.ca

昨春、ジョージア州にある動物保護シェルターは危機的状況に直面していました。収容できないほどの多くの犬が捨てられ、里親探しが追い付かずにいたのです。シェルターはパンク状態になり、多くの犬が必要なケアを受けられずにいました。「シェルタースタッフは、とにかく助けを必要としていました。そこで、一番年寄りの、最も里親が見つかりにくい犬たちを、私たちが引き取ることに決めたのです。」ドッグテールのスタッフ、クレア・フォーンドランさんは話します。
出典:https://www.thedodo.com/rescued-shelter-dogs-new-lives-2044162004.html

スタッフの方たちが必死な想いで 何とかしてワンコ一匹一匹と向き合い、 心身ともにお世話をしてあげたいと思っていても 追いつかない現実が待っていたのですね…。

その状況の中でも少しでも変えようと 引き取る行動に出たのはシェルターの方たちにとっての 少しでも救いになったと思います。

www.dogtales.ca

この時ドッグテールに引き取られた犬たちは、とりわけ過酷な状況に置かれている犬ばかりでした。そのうちの1匹、11歳のチワワ、ハリエットのお話をしましょう。シェルターにいる老犬が新しい家族を見つけることはほぼ不可能です。多くの家族が、これから長い時間を共有できる元気いっぱいの子犬たちを好んで引き取っていくからです。
出典:https://www.thedodo.com/rescued-shelter-dogs-new-lives-2044162004.html

子犬が選ばれていく中で、大人になっているハリエットは 「このままシェルターでの生活で生涯を過ごしていくのだろう…」 なんてことを覚悟していたのではないでしょうか。

同じぐらいの年齢のワンコたちと過ごして、 少しでも楽しく過ごそうとしていたのでしょう。

切ないですね… ですが、仕方がないと割り切らなければならない状況でもあります。

www.dogtales.ca

しかしハリエットは違いました。ドッグテールを通して、新しい家族に出会うことができたのです!新しい家族の元で、今ハリエットは、残りの人生を謳歌しています。
出典:https://www.thedodo.com/rescued-shelter-dogs-new-lives-2044162004.html

たくさんの愛情をうけて、 心も体もみるみる若返っていくようです。

砂浜やプールの上で飼い主さんたちと はしゃぐ姿は「この瞬間を待っていた」と言っているかのような ハッピーオーラが漂っています。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー