病院に運ばれてきたのは生後6週間の子犬。卑劣な人間の行動に怒りがこみ上げる。

残念なことに、動物に対して暴力的な行為をする人間は、どの時代・どの国にもいるものです。時に常人では考えられない虐げられ方をされることもあります。生後間もない子犬を襲ったのは、体に突き刺さるほどのBB弾でした。

病院に運ばれてきたのは生後6週間の子犬。卑劣な人間の行動に怒りがこみ上げる。

まだ生後6週間の子犬

アメリカのロックヒルで見つかったのは、生後6ヶ月ほどの子犬。 体には20回ほどBB弾で撃たれた跡があり、ひどい出血状態だったそうです。 後々わかったことですが、この子犬は誰かによって捨てられたようでした。

体内には18発の弾が

動物病院に運ばれたあと検査が行われ、まだ体内に18発ものBB弾が残留していることがわかりました。 まだ生後6週間だったこともあり、麻酔をかけて摘出手術を行うにはリスクが高すぎます。不幸中の幸いで、体内に残ったBB弾は内臓などには達しておらず、取り除かずに治療する方向になりました。

強い子犬・ブロディ

点滴と鎮痛剤の投与から治療は始まりました。名前はブロディと命名。 診断した医師が「これまで診てきた動物の虐待の中で最悪な例のひとつ」とまで言われる状態ながら、必死に回復に努めるブロディ。強く、素晴らしい子犬です。

犯人は捕まり、ブロディは新たな飼い主のもとへ

犯人探しは困難に思われましたが、警察の尽力もあって、14歳と17歳の少年が逮捕。 獣医も驚く回復を見せたブロディには、新たな飼い主が見つかりました。 これからもBB弾を体に抱えながら生きていくことになるブロディ。最悪な事態を乗り越えたのですから、これからは幸せに暮らしてほしいものです。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連する記事

このまとめのキュレーター

ネロクロ

飼うなら大型犬!とずっと思っていましたが、最近小さな犬や猫にも夢中な賃貸住まい。可愛い・面白いペットの記事で皆さんに楽しんでいただければ嬉しいです!